プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

GTスポーツに集中: 4台のワークスカーで ル・マンへの出場を目指すポルシェ

GTスポーツに集中: 4台のワークスカーで
ル・マンへの出場を目指すポルシェ

モータースポーツ2018

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は2017年のポルシェ モータースポーツ活動を締めくくるパーティー、「ナイト・オブ・チャンピオンズ」をヴァイザッハのポルシェR&Dセンターで開催しました。パーティーでは、今シーズンに世界中のレースで活躍したチームとドライバー業績を讃えるとともに、2018シーズンにおける世界的なGTプログラムの拡大を発表しました。

過去最大規模のワークスGTチームでル・マンへ出場
ポルシェは、第86回ル・マン24時間レースにおいて4台のワークスカーによるエントリーを計画しています。FIA WECとIMSAウェザーテックスポーツカー選手権にそれぞれ参戦する2つのポルシェGTワークスチームはヴァイザッハ生まれの最大出力510PSを誇る911RSRでル・マンに出場します。ポルシェ911 RSRの 91号車はジャンマリア・ブルーニ/リヒャルト・リーツ/フレデリック・マコヴィッキ組、92号車はケヴィン・エストル/ミカエル・クリステンセン/ローレンス・ヴァンスール組、93号車はパトリック・ピレ/ニック・タンディ/アール・バンバー組、94号車はティモ・ベルンハルト/ロマン・デュマ/スヴェン・ミューラー組がそれぞれコックピットをシェアします。バンバー、ベルンハルト、デュマ、タンディの計4名のル・マン覇者を擁するポルシェ GTワークスチームから参戦します。

ポルシェは2018年に再び世界選手権に出場
2018/2019年シーズンに、ポルシェは再びFIA世界耐久選手権(WEC)のGTE-ProクラスにポルシェGTワークスチームを送り出します。ポルシェ911 RSR 91号車はジャンマリア・ブルーニ/リヒャルト・リーツ組、92号車はケヴィン・エストル/ミカエル・クリステンセン組がステアリングを握ります。GTE-Amクラスでは、2017年モデルの911 RSRを駆る多数のカスタマーチームがグリッドにつきます。WEC、ル・マン24時間レース、およびヨーロピアン・ル・マン・シリーズのために、ポルシェは合計7台の911 RSRをカスタマーチームへ販売しました。

米国でのモータースポーツへ強力な体制で参戦
IMSAウェザーテックスポーツカー選手権で最も成功を収めたドライバーペアの中の一組が2018年にも再びチームを組みます。2015年の選手権獲得時と同じニック・タンディ/パトリック・ピレ組が911 RSR 911号車のステアリングを握ります。912号車は、2度のル・マン覇者であるアール・バンバーと、インターコンチネンタルGTチャレンジとブランパンGTシリーズチャンピオン、ローレンス・ヴァンスールからなるワールドクラスのペアを結成します。

カスタマースポーツレーシングカー、911 GT3 Rのアップグレード
成功を収めた911 GT3 Rカスタマーレーシングモデルは、2018年GT3シーズンのためにアップグレードされています。2016年と2017年の全モデルのアップデートに使用可能なパーツキットには、特にサーマルマネジメントを最適化する新しいフロントリッドと空力バランスを改善するサイドフリックが含まれます。

世界的なGT3スポーツへの堅実な関与
インターコンチネンタルGTチャレンジの各ラウンドにおいて、ポルシェは1組以上の911 GT3 Rでプロクラスに参戦するローカルチームをサポートします。ワークスドライバーのディルク・ヴェルナー、ロマン・デュマ、フレデリック・マコヴィッキは全レースに出場してドライバーズチャンピオンを目指します。ブランパンGTシリーズ耐久カップでも、この3名が911 GT3 Rをシェアし、全レースでマンタイレーシングから出場いたします。ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ、ピレリ・ワールドチャレンジ、日本のスーパーGTシリーズ、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権(GTDクラス)、およびニュルブルクリンク長距離選手権など、その他多数の国際および国内GTシリーズにおいても、ポルシェのエンジニアとドライバーがカスタマーチームをサポートします。

世界チャンピオンのティモ・ベルンハルトがADAC GT マスターズに出場
FIA WEC現世界チャンピオンでル・マン覇者のティモ・ベルンハルトは、2018年シーズンにGTレースに復帰します。自分が所有するチーム75ベルンハルトからケヴィン・エストルとともにADAC GTマスターズにエントリーいたします。

9台の911 GT3 Rがニュルブルクリンク24時間レースに出場
9台のポルシェ911 GT3 RがニュルブルクリンクのADAC 24時間レースにラインナップされる予定です。5台はプロクラスのカスタマーチーム、4台はアマチュアクラスから出場します。マンタイレーシングはファクトリードライバーがステアリングを握る2台で出場します。ポルシェ911 GT3 Rの 911号車がアール・バンバー/ローレンス・ヴァンスール/ケヴィン・エストル/パトリック・ピレ組、912号車がロマン・デュマ/リヒャルト・リーツ/フレデリック・マコヴィッキ/ニック・タンディ組です。総勢13名のポルシェ ワークスドライバーと4名のヤングプロフェッショナルが5月12日と13日に開催されるニュルブルクリンクのADAC 24時間レースに参戦します。

若手育成プログラムをさらに拡張
2018シーズンには、総勢4名の若いトップパイロットがポルシェ ヤングプロフェッショナルとして世界中のレースに出場します。デニス・オルセンとマット・キャンベルは、ポルシェ ワンメイクカップシリーズの成功によって次の段階へと進みます。マッテオ・カイローリとマシュー・ジャミネも、ヤングプロフェッショナルとして、初シーズンとなった2017年の圧倒的なパフォーマンスによって引き続き2018年もサポートを受けることが決まっています。この実績ある支援計画に、来年初めてポルシェ セレクテッド ドライバーが追加されます。ポルシェは、これらのパイロットに、体力テストを含むトレーニングも提供します。この支援プログラム初のドライバーとして選抜されたのがクリスティーナ・ニールセン(デンマーク)です。2018年に初めて開催されるドイツE-カート選手権(DEKM)の覇者も、ポルシェ ユース育成プログラムの多数のトレーニングプログラムを受けることができます。ポルシェ モータースポーツは、革新的で特に費用効率の良いDEKMと最初のレースから提携します。最高速度130km/hに達するカートは、条件を公平にし、コストの上昇を防ぐため、集中管理されます。

911 GT3 Cupが新記録を達成
2017年シーズンのポルシェ・モービル1スーパーカップ、カレラカップ ドイツ、カレラカップ ノースアメリカの3シリーズにおいてデビューを飾ったニュー911 GT3 Cup(485PS)は、2018年にポルシェ カレラカップ ジャパンなど世界中で開催される21のポルシェ ワンメイクカップシリーズの大半で使用されます。2018年の春までに、合計339台の911 GT3 Cupが、シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンにあるポルシェのアセンブリーラインを離れます。1シーズンに1タイプのレーシングカーがこれほど多数製造されたことはかつてありません。これによって911 GT3 Cupは世界のベストセラーレーシングカーとなります。

919ハイブリッドが世界的なフェアウェルツアーを計画
ポルシェLMPチームは、フォーミュラEでの成功という新しいミッションに取り組みます。2019年末に開始されるシーズン6からの出場を目指し、チームはパワートレイン全体を設計、開発、およびテストを行います。最初のステップは2017年にすでに開始されており、2018年には具体的なコンセプトを元にした導入計画が実行されます。2019年前半に、完成したフォーミュラEレーシングカーの最初のテストが予定されています。もうひとつの活動が、3回のル・マン覇者、ポルシェ919ハイブリッドカーのフェアウェルツアーの開催です。FIA世界耐久選手権(WEC)のレギュレーションを離れ、1年を通してこの革新的なレーシングカーが多数のイベントで披露されます。ツアーの詳細は2018年の初めに発表されます。2018年末には、この900PSを誇る革新的なハイブリッド プロトタイプレーシングカーの時代は幕を閉じます。その後、919ハイブリッドは、ポルシェ ミュージアムに展示される予定です。

ポルシェ カップ: 2017年に最も成功を収めたプライベートドライバーはクリスティアン・リード
世界で最も成功を収めたポルシェ プライベートドライバーのためのトロフィーであるポルシェ カップは、クリスティアン・リード(38歳)が獲得しました。レーシングドライバーでデンプシー・プロトン・レーシングチームオーナーの一人であるリードは、ポルシェ監査役会会長のDr.ヴォルフガング・ポルシェから念願のトロフィーを授与されました。さらに、120,000ユーロ相当のポルシェ車も獲得しました。彼は、ポルシェ911 RSRを駆りFIA WECとヨーロピアン・ル・マン・シリーズの成功によって今シーズンに8,700ポイントを稼ぎました。2位となった昨年のポルシェ カップ受賞者のロバート・レナウアーは賞金30,000ユーロ、3位のダニエル・アレマン(スイス)は25,000ユーロを受け取ります。ポルシェ カップはフェリー・ポルシェのアイデアによって1970年以来、授与されています。

2018年 ポルシェワークスドライバー
アール・バンバー (27歳)/ニュージーランド
イェルク・ベルクマイスター(41歳)/ドイツ
ティモ・ベルンハルト (36歳)/ドイツ
ジャンマリア・ブルーニ (36歳)/イタリア
ミカエル・クリステンセン (27歳)/デンマーク
ロマン・デュマ (39歳)/フランス
ケヴィン・エストル(29歳)/フランス
ブレンドン・ハートレー (28歳)/ニュージーランド
ニール・ジャニ (34歳)/スイス
リヒャルト・リーツ (33歳)/オーストリア
パトリック・ロング (36歳)/米国
アンドレ・ロッテラー (36歳)/ドイツ
フレデリック・マコヴィッキ (37歳)/フランス
スヴェン・ミューラー (25歳)/ドイツ
パトリック・ピレ (36歳)/フランス
ニック・タンディ (33歳)/英国
ローレンス・ヴァンスール (26歳)/ベルギー
ディルク・ヴェルナー(36歳)/ドイツ

ポルシェ ヤングプロフェッショナルドライバー
マッテオ・カイローリ (21歳)/イタリア
マット・キャンベル (22歳)/オーストラリア
マシュー・ジャミネ (23歳)/フランス
デニス・オルセン (21歳)/ノルウェー

ポルシェ ジュニアドライバー
ジュリアン・アンロエア(18歳)/フランス
トーマス・プライニング (19歳)/オーストリア

2018年 ポルシェセレクテッドドライバー
クリスティーナ・ニールセン (25歳)/デンマーク

レースシリーズ概要
FIA世界耐久選手権(WEC)
ポルシェ911 RSR 91号車
ジャンマリア・ブルーニ
リヒャルト・リーツ

ポルシェ911 RSR 92号車
ミカエル・クリステンセン 
ケヴィン・エストル

ル・マン24時間レース
ポルシェ911 RSR 91号車
ジャンマリア・ブルーニ
リヒャルト・リーツ
フレデリック・マコヴィッキ

ポルシェ911 RSR 92号車
ミカエル・クリステンセン
ケヴィン・エストル
ローレンス・ヴァンスール

ポルシェ911 RSR 93号車
アール・バンバー
パトリック・ピレ
ニック・タンディ

ポルシェ911 RSR 94号車
ティモ・ベルンハルト
ロマン・デュマ
スヴェン・ミューラー

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権
ポルシェ911 RSR 911号車
パトリック・ピレ
ニック・タンディ
フレデリック・マコヴィッキ (北米耐久カップ)

ポルシェ911 RSR 912号車
アール・バンバー
ローレンス・ヴァンスール
ジャンマリア・ブルーニ (北米耐久カップ)

インターコンチネンタルGTチャレンジ
ポルシェ911 GT3 R 911号車
ロマン・デュマ
フレデリック・マコヴィッキ
ディルク・ヴェルナー

ブランパンGTシリーズ耐久カップ
ポルシェ911 GT3 R 911号車
ロマン・デュマ
フレデリック・マコヴィッキ
ディルク・ヴェルナー

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ