プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

宇部市

「金の鶏」伝説が残る宇部市で、酉年最後の運試し!

2017年12月8日

宇部市

宇部市内の宝くじ売り場からは、2009年から2016年の8年間で、
『ジャンボ宝くじ』『ロトくじ』の1等・前後賞が9回出ており、
その賞金総額は34億5800万円。
風水では“金運は西に流れていく”と言われており、
本州最西の空港のある宇部市は、まさに金運が流れ込む「奇跡のまち」です。

 宇部市での宝くじの幸運は、2009年の『宇部琴芝(うべことしば)チャンスセンター』の年末ジャンボで、1等が2本出たことから始まりました。地方の小さな売り場で当せん確率500万分の1の1等が1度に2本も出ること自体奇跡ですが、この幸運は、2010年、2011年の年末ジャンボ、2012年のドリームジャンボの1等(各1本)まで、4年連続で同センターで続きました。
 宇部市に舞い降りた幸運の女神は、その後場所を替え、 2013年には『宇部メルクスチャンスセンター』の年末ジャンボ。2014年には『ウェスタまるき西岐波(にしきわ)店 宝くじ売り場』 のロトくじで2回微笑みました。
 さすがの幸運も2015年にはいったん途切れましたが、幸運をたくわえた女神は、2016年に『宇部琴芝(うべことしば)チャンスセンター』に再び舞い降り、サマージャンボで最高賞金、1等・前後賞合わせて7億円の当選が出ました。
 まだ、宇部市で1等が出ていない2017年は酉年。宇部市の霜降山に眠ると伝えられる室町時代の長門守護厚東(ことう)氏の財宝「時告げる金の鶏」(「金の鶏」伝説)が声高らかに鳴くのは年末ジャンボかもしれません。今年の最後の運試しはぜひ宇部市で!!

金の鶏伝説が残る霜降山
宇部琴芝チャンスセンター
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ