プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

電通デジタル、「Fetch Japan」を電通デジタル内に設置

2017年12月1日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、「Fetch Japan」を電通デジタル内に設置
―スマートデバイス領域における統合ソリューションを高度化―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋)は、株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」が2014年に買収した英国のモバイルエージェンシー「Fetch」(本社:ロンドン市、以下「フェッチ社」)の日本拠点「Fetch Japan」(フェッチ・ジャパン)を、本日付で電通デジタル内(電通本社ビル内)に設置します。
これにより、世界最先端のモバイルサービスを提供しているフェッチ社の知見・ノウハウを日本で展開し、また電通グループ内で協業することで、スマートデバイス領域においてより高度な統合ソリューションを提供します。

今日、スマートフォンに代表されるスマートデバイスは生活者行動の中心となっており、顧客企業が求めるソリューションもクリエーティブ、アナリティクス、インサイト、カスタマージャーニー、UI/UXデザイン、コンテンツなど多岐に広がっています。そのため、顧客企業からはオンラインとオフラインにまたがる多様なソリューションを統合することが求められていました。

2009年に設立されたフェッチ社は、モバイル領域におけるフルサービスを提供するグローバルエージェンシーで、特にモバイルメディアを活用した広告展開での専門性が高く評価されています。また、創業者兼CEOのJames Connelly(ジェームズ・コネリー)は、業界紙などからモバイル業界において最も影響力のある人物の一人として評価されています。
フェッチ社は現在、本社のある英国のほか、北米、ヨーロッパ、アジアにも拠点展開し、グローバル企業を中心にソリューションを提供しています。

なお、当社グループは2017年9月に、“人”基点でグループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Marketing®」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を発表していますが、今回の「フェッチ・ジャパン」の設置は同フレームワークを活用したソリューションの強化・拡充にも繋がっていくものと考えています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ