プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社エアウィーヴ

JINSが取り組む “進化し続ける”会員制ワークスペース「Think Lab」に エアウィーヴ 四季布団を導入

2017年11月30日

株式会社エアウィーヴ

JINSが取り組む、世界一集中できる環境を目指し“進化し続ける”会員制ワークスペース「Think Lab」にエアウィーヴ 四季布団を導入

株式会社エアウィーヴ(東京都中央区、代表取締役会長兼社長・高岡本州[たかおか・もとくに])は、株式会社ジンズ(東京都千代田区、代表取締役社長・田中仁[たなか・ひとし])が取り組む世界一集中できる環境を目指し“進化し続ける”ワークスペース「Think Lab(シンク・ラボ)」に12月1日のオープンより「エアウィーヴ 四季布団」を導入します。眠りにこだわる方々が愛用するマットレスパッドを軸に、寝具のトータルソリューションカンパニーとして進化してきたエアウィーヴ。その技術と独自素材(エアファイバー)を使用した革新的な製品が、睡眠の重要性を高く認識した各企業様に選ばれ始めています。

 株式会社ジンズは、”Magnify Life(マグニファイ・ライフ)=人々の生活を拡大し、豊かにする”をビジョンに掲げアイウエアの開発から販売までを一貫して行うとともに、パートナー企業、大学、専門家の方々と連携し、メガネの先にある可能性を生み出す研究・開発に取り組んでおります。今回のサポートにつき JINS MEME(ジンズ・ミーム)グループ マネジャー井上一鷹氏は、下記のように述べております。
「昨今、クリエイティブワーカーの中で、パワーナップと呼ばれる昼間の攻めの休みと
それによるパフォーマンス向上が行われている。 Think Labでは、世界で一番集中できる環境にするうえで、そのパワーナップをしっかりとした研究開発に支えられた商品によって、提供したいと考え、エアウィーヴさまにお力添えいただきました。」

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711298465-O1-5pcW5ut1

エアウィーヴは2013年からIMGアカデミーや各大学と実施している睡眠研究から、
エアウィーヴで質の良い睡眠をとることで運動パフォーマンスが有意に向上した検証結果が導き出されており、Think Lab導入後も真摯な睡眠研究から得たノウハウを基に「睡眠」の観点から「集中力の向上」をサポートし、世界中の方々に質の高い睡眠を提供し、睡眠を通して毎日がよりいきいきとした社会になるよう貢献していきたいと考えています。

ーーーThink Lab概要ーーー
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711298465-O6-2yypdyxw
【名称】Think Lab(シンク・ラボ)
【住所】〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目10-2 飯田橋グラン・ブルーム29階
【規模】1390.37㎡(420.59坪)
【料金】定額プラン:①70,000円/月 ②チケットプラン:35,000円/5回
    ルーム利用:300,000円/月 ※①または②の会員料金と別途金額になります
【ホームページ】https://thinklab.jins.com/ 
【Facebook】https://www.facebook.com/teamThinkLab 

■集中できる環境を求める人に新しい選択肢
『Think Lab』は、人の集中に必要な要素が組み込まれた会員制ワークスペースです。予防医学研究者 石川善喜氏監修のもと、禅寺を参考に集中へのプロセスを開発。仕事中の環境だけではなく、仕事に入る前、休憩時間、仕事を終えた後と、科学的根拠にもとづく一連のプロセスにより利用者の集中状態をマネージメントしていきます。目の前に空が広がり、緑あふれる開放的な空間に加え、収束思考から発散思考まで作業ごとに最適なスペースを配備。緑視率、光マネージメント、音楽、椅子、飲食、ジム と6つの要素をワークスペースのインフラとして導入していきます。また、集中に関連したサービス、プロダクトを提供する様々な分野の企業と連携。カラダの内側を知るメガネへと進化した「JINS MEME」で仕事中の集中力を計測し、集中に必要なサービス・アイテムを適時導入していくとともに、自分のパフォーマンスにあった働き方、新しいワークモデルを提案していきます。尚、Think Labで得た「集中力」に関する情報は、一般の方々にも発信して行く予定です。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711298465-O7-Bg8q90fd

エアウィーヴ 四季布団(軽)
ThinkLabロゴ
ThinkLabロゴ2
エントランス
アプローチ
集中空間(和室)
集中空間(個室)
集中空間(オープンデスク)
集中空間(少人数)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ