プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社コムデザイン

株式会社インゲージと株式会社コムデザイン 顧客対応ツールとCTIのクラウドサービスで連携機能を提供開始

2017年11月27日

株式会社コムデザイン

株式会社インゲージの『Re:lation (リレーション)』と
「CT-e1/SaaS」の連携機能を提供開始

クラウド型CTI「CT-e1/SaaS」を月額サービスで提供する株式会社コムデザイン(東京都千代田区麹町、代表取締役社長:寺尾憲二)は、株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田哲也 以下インゲージ)が提供するクラウドサービス『Re:lation (リレーション)』との連携機能の提供を開始します。

インゲージの提供する『Re:lation(リレーション)』は、企業が行う問い合わせ対応業務において、対応漏れ・ミスを「ゼロ」にするクラウドサービスです。「対応済か否かを一目で判別」「二重対応をブロック」「送信事故を防止する」機能などに加え、LINEやfacebookメッセンジャーのように個々のメール相手とのやりとりを「タイムライン」で表示する機能や、KDDI株式会社が提供するezwebメールとしてメールを送受信する携帯メールオプションなど数々の機能により「ひとりひとりの顧客に向き合える」対応ツールです。
コンタクトセンターでの「問い合わせ対応」業務においては、どのお客様にどのような対応を過去に行ったかを即座に知ることが求められます。そこで、弊社クラウドCTIサービス「CT-e1/SaaS」との連携機能を利用することにより、お客様からの受電時に、かかってきた電話番号を元に自動的に「Re:lation」内に記録された問い合わせ対応履歴を表示が可能になりました。

お客様からの問い合わせ情報を管理する「Re:lation」のようなサービスは、CTIシステム共に、コンタクトセンターの必須アイテムとなっています。弊社「CT-e1/SaaS」は、受電業務のハブ機能として、優れたクラウドサービスとマッシュアップし、効率的でかつエンドユーザーに喜ばれるコンタクトセンター構築をサポートします。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ