プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社プロシード

カスタマージャーニーマッピング研修を初開催!

2017/11/22

株式会社プロシード

COPCカスタマージャーニーマッピング研修を1月に初開催

株式会社プロシードは、急速に進展するオムニチャネル環境下での企業のコア人材の学習ツールとして、COPC社(※1)が開発したカスタマージャーニー研修(資格試験あり)を2018年1月から日本国内向けに開始します。

本研修では、オムニチャネル環境におけるカスタマーエクスペリエンスのパフォーマンスデータを用いた分析による現状のCX評価、そして、その分析を支援するエクセルのツールが提供される。参加者は、エクセルツールを自社に持ち帰り活用することもできます。

トレーニングプログラムを修了し、試験に合格した受講者は、COPCカスタマージャーニーマッピング資格の認定を取得することができます。

研修名:COPCカスタマージャーニーマッピング研修
日数:3日間(最終日は資格認定試験が行われます)
資格認定:コース参加および試験合格の要件を満たすことで、COPC認定カスタマージャーニーマッピング認定が付与されます。
価格:21万円(税込み)

※1 1996年に米国において、コールセンター業務を実施・発注する企業(マイクロソフト、デル、アメリカンエキスプレス等)が集まり、オペレーションの品質を上げ、顧客満足度を向上させるマネジメントモデルの作成が開始されました。米国国家経営品質賞(マルコム・ボルドリッジ賞=MB賞)の概念に基づき、世界的に需要が拡大し始めたコールセンター業務に対応できる「パフォーマンス改善モデル」としてCOPC規格が誕生し、また規格の運用、維持のための組織として、米国COPC社 (COPC Inc.)が設立されました。COPCは、COPC 社(本社:米国フロリダ州)の登録商標です。詳しくは、http://www.copc.com/ をご覧ください。

※2 株式会社プロシード(代表取締役社長 根本 直樹)は、日本で唯一のCOPC規格監査実施機関であり、コールセンターマネジメント、ITサービスマネジメント、IT調達マネジメントの分野における、マネジメントフレームワークを用いた教育研修、導入コンサルティング、および業務改善コンサルティングを行っています。詳しくは、http://www.proseed.co.jpをご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ