プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EU Green Gateway to Japan

EU Green Gateway to Japan 第二弾ミッション 始動

2017年11月22日

EU Green Gateway to Japan Secretariat

鉄道分野における欧州の先進企業が来日します

最新の鉄道技術で躍進する欧州企業30社がこのたび、幕張メッセで開催される第五回鉄道技術展2017 【2017年11月29日(水)~12月1日(金)】に出展します。今回出展する欧州企業は、欧州連合(EU)加盟28カ国から、「EU Green Gateway プログラム」への参加企業として選抜されました。

出展企業は、日本企業との協業に高い関心を示しており、彼らの豊富な供給経験、グローバルな実績、新規性の高い技術や付加価値の高い製品・サービスを活用しながら、日本企業と共に、既存のビジネスに留まらない、新規事業創出やイノベーション創出機会の協働を目指しております。是非、各社の製品・サービス情報を以下リンクからご覧ください。
http://eu-green-gateway.jp/companies/

欧州企業との商談は、第五回鉄道技術展2017のEUパビリオン内で実施します。商談を希望される方は、是非ホームページの「参加登録はこちらから」にてご登録ください
https://eu-green-gateway.jp/

※ミーティングの参加費用は無料です。各ミーティングにおいて、日本語の通訳者1名がアテンド致しますので、ご安心ください。
登録方法に関するご質問は、EU Green Gateway事務局までお問い合わせください。日本語でサポートいたします。(info@eu-green-gateway.jp)

今回の商談イベントは、EU Green Gateway プログラムの第2回目のビジネスミッションとなります。同プログラムでは2017年-2020年の間で計12回の訪日ビジネスミッションを予定してします。
ミッションの詳細が決定次第、順次、ウェブサイトにて告知致します。ミッションに関する質問については、EU Green Gateway事務局にお問い合わせください(info@eu-green-gateway.jp)。

EU Gatewayについて | Business Avenues
「EU Gateway | Business Avenues」は、1990年に日本と欧州の経済交流と経済協力の強化のために発足した「EU Gateway プログラム」をその前身としています。現在アジアの日本、韓国、東南アジアおよび中国の4つの国・地域において展開されており、そのうち日本では、「EU Green Gateway to Japan」としてプログラムが運営されています。駐日欧州連合(EU)代表部の主催で、欧州の中小・ベンチャー企業と日本企業のビジネス協業を促進する「EU Green Gateway to Japan」は、日本の企業と協業して持続可能性にかかるグリーンビジネスを日本市場に広めることを目的としています。今後約4年間で建築・建設、環境、エネルギー、医療機器、鉄道の5つの分野を対象としたビジネスマッチングを目的とするミッションが実施されます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ