プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ブリヂストン

パラアスリート技術支援として「スポーツ&ヘルスイノベーションコンソーシアム」に参画

2017年11月21日

株式会社ブリヂストン

パラアスリート技術支援として
「スポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアム」に参画

株式会社ブリヂストンは、慶應義塾大学SFC研究所内の「スポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアム」に参画することを決定しました。当該コンソーシアムは、「アスリートや関係者を支援する技術開発」を行っており、「スポーツ・リハビリテーション・医療・介護等における身体・用途に合わせた用具・製品の開発」が研究テーマの一つです。当社はこの研究テーマのもと、陸上競技用車いすでパラアスリートが装着するグローブの開発にJSR株式会社とともに取り組みます。グローブの持ち手部分はJSR株式会社が独自の材料技術と3Dプリンティング技術を活用して開発し、車いすのリムと持ち手の接触する部分に使用するゴム素材を当社が開発します。なお、当該コンソーシアムは2017年11月より一般社団法人日本パラ陸上競技連盟から協力を頂き、より一層パラアスリートに貢献できるように活動を強化しています。

当社は、国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドパートナーであり、東京2020パラリンピック競技大会のゴールドパートナーです。様々な困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支えていくという思いを表現した「CHASE YOUR DREAM」をテーマに、事業活動を通じてオリンピック・パラリンピックをサポートしています。こうした中、当社はこれまで培ってきたタイヤ開発技術やその他の技術を結集し、スポーツ義足用ゴムソールの開発など、夢に向かって挑戦するパラアスリートを支援する取り組みを開始しています。今回のコンソーシアムへの参加は当該パラアスリート技術支援の一環として、産学連携で取り組むことでさらにパラアスリートに貢献していきます。

※スポーツ・アンド・ヘルスイノベーションコンソーシアムについて
・ コンソーシアムの目的
東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を機に、「人体の動きをデジタルに捉え、デジタルに表現する・支援することを科学する」“デジタルヒューマニクス”の研究を通じて、アスリートや関係者を支援する技術開発を行い、さらにはその発展として「スポーツ、医学、看護、介護、福祉」におけるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上といった社会課題解決に資するような技術や事業の創出を目的とする。

・ コンソーシアムの研究テーマ
1)スポーツ・リハビリテーション・医療・介護等における身体・用途に合わせた用具・製品の開発
2)スポーツ・リハビリテーション・医療・介護等における通信・放送サービスコンテンツの開発
3)上記通信・放送サービスにおける流通データの標準化

以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ