プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社クラウドワークス

クラウドワークス、中期経営方針として「クラウドスコア構想」を発表

2017年11月16日

株式会社クラウドワークス

クラウドワークス、中期経営方針として「クラウドスコア構想」を発表
~「報酬の記録」が個人の信用となる世界の実現へ~

1. 中期経営方針「クラウドスコア構想」について

当社は「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」や個人が得意を売り買いできるマーケットプレイス「WoW!me(ワオミー)」など、個人が様々なかたちで報酬を受け取ることができるしくみを提供してきました。この度発表した「クラウドスコア構想」では、これらのサービスを利用することで蓄積した「報酬ログ(記録)」に基づいて個人の信用をスコア化した「クラウドスコア」をコアバリューとして、シェアリングエコノミー領域+Fintech領域における事業拡大により「クラウド経済圏」を形成していく方針です。これにより、当社は所属する組織にかかわらず個人の能力と可能性が評価され、最大限活かされる世界を実現し、ビジョンである個人への報酬の最大化を目指してまいります。

参考:クラウドワークス、中期経営方針として「クラウドスコア構想」を発表  
https://crowdworks.jp/press/?p=7379
中期経営方針(IRサイト適時開示資料ページ)
https://crowdworks.co.jp/ir/timely_data

<クラウドスコア構想 概念図>
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711157997-O1-nTQF0579

2.クラウドスコア構想実現に向けた投資方針
当社は、2020年8月期の総契約額400億円、EBITDA20億円を目標とし、上記クラウドスコア構想の実現に向け、以下の投資方針を掲げます。

 1)クラウド経済圏形成のための事業投資 
ビジョン実現と企業価値向上のためため、社内立ち上げ、M&A、JVなど手法を問わず、
・シェアリングエコノミー領域 =報酬を届ける事業
・Fintech領域  =個人が資金調達できる/個人への投資ができる事業
において、新たなサービス・事業を最速で創出します。
シェアリングエコノミー領域では、企業からの依頼で仕事をすることの報酬に留まらず、趣味や特技を活かして他者の役に立つことへの対価としての報酬、所有物をシェアすることへの対価としての報酬など、様々なかたちの報酬を対象と捉え、人材サービスやクラウドソーシング事業のみならず、スキルマーケットやスペースやモノのシェアサービスなどの展開を進めます。
Fintech領域においては、ソーシャルレンディングやICO、クラウドファンディングなど世界的に広がりを見せながらも、いまだ法制度が未成熟な領域に対し、社会ルールの整備にも積極的に取り組み、個人の資金調達手法の提供機会を模索、事業化を目指します。
  また、本構想の第1弾の取り組みとして、クラウドスコア上位者が利用できる、契約済みの仕事の完了前に報酬を受け取ることができるサービス「クラウドキャッシュ」を2017年内に開始いたします。

参考: AIスコア・レンディング「クラウドキャッシュ」を年内開始
https://crowdworks.jp/press/?p=7393

 2)構想実現に必要な基礎技術への研究開発投資
クラウドスコア構想の実現に向け、
・ブロックチェーン技術:信頼性が担保されたP2P取引基盤やスマートコントラクトを支える
・AI技術:「クラウドスコア」を算出する独自のスコアリングアルゴリズムや、取引の最適なマッチ ングを促すレコメンドエンジンの開発を支える
分野における研究開発を積極的に進めてまいります。
新規性の高いブロックチェーン、AI領域の研究開発の推進においては、社内に専任体制を構築し継続的なR&D投資を行うとともに、適宜外部パートナーとの連携を進めてまいります。
2017年11月15日に発表いたしました株式会社電縁の買収は、ブロックチェーンテクノロジーにおける国内のリーディングカンパニーである同社とのクラウドスコア構想実現に向けた共同研究の推進を目的の一つとしております。

参考:
株式会社電縁の子会社化に関するお知らせ
https://crowdworks.jp/press/?p=7380
ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の実証実験を開始
https://crowdworks.jp/press/?p=7392

3)既存領域における収益構造の盤石化
当社は、2017年9月期第4四半期には全社で黒字化を達成いたしましたが、上記に挙げた新領域開拓を積極的に進めるため、これら既存領域においては、最小限の費用で最大限の効果を上げ、中期的に1.8倍の生産性向上を目標としてまいります。これにより創出した利益は新たな領域に再投資し、さらなる成長を目指すものであります

参考:平成29年9月期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://goo.gl/nSvnid

3.報酬前払いを実現するAIスコア・レンディング「クラウドキャッシュ」について

■ねらい
当社サービスのユーザーの多くを占めるフリーランスが一般的に抱える課題として、収入の不安定さが挙げられており、約20%が事業運営のための資金調達ニーズを持っている(※)とされています。当社が2017年1月に「クラウドワークス」で開始した、報酬確定した未出金報酬のうち報酬振込日が確定していない報酬を3営業日内に出金できる「クイック出金」サービスは、すでに約1万人が利用するなど高い支持を受けており、クラウドワーカーが資金ニーズを持つことを裏付ける結果となっております。
この度開始する「クラウドキャッシュ」は、このようなユーザーニーズに対応。「クラウドスコア」を活用し、信用力が高いと判定したクラウドワーカーを対象に、仕事の完了前の報酬受け取りを実現します。本サービスは、2018年中に6億円の融資を目指します。
※中小企業庁「2015年版小規模企業白書」

■AIスコア・レンディング「クラウドキャッシュ」概要
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとしたクラウドワークス社運営のサービスにおいて、契約済みの仕事の報酬を仕事の完了前に受け取ることができるサービスです。
 通常、クラウドワークスにおける取引では、受注者が仕事を納品し、発注者が納品物を検収した段階で報酬額が確定し、15日締め・月末振込または月末締め・翌月15日振込で支払われますが、本サービスを利用することで振込日を早めることが可能となります。
 本サービスの提供・運営においては、CAMPFIRE社(貸金業登録番号 東京都知事(1)第31656号)の評価型与信モデル「CAMPFIREレンディング」を採用。先払いの可否ならびに上限金額の決定においては、通常の信用情報に加えてクラウドワークス社が各ユーザーの仕事の実績に基づき独自に算出した「クラウドスコア」を利用します。本サービスは融資であり、貸付には金利が発生します。
なお、サービスの提供開始は、2017年内を予定しております。貸付条件等の詳細は、サービス開始時に発表いたします。
URL:https://crowdworks.jp/static/lp/crowdcash/

参考: AIスコア・レンディング「クラウドキャッシュ」を年内開始
https://crowdworks.jp/press/?p=7393

4.ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨「ありがとうコイン」の実証実験について
■ねらい
クラウド経済圏の将来戦略ではプラットフォーム外での自由取引を想定し、ブロックチェーン技術の導入により契約自体の自由化(CtoC化)を加速させるスマートコントラクト基盤の整備が必要不可欠となるため、当社は新規性の高い同領域の研究開発に積極的に投資していく方針であります。
このような技術投資方針の下、今回実施する実証実験は、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨取引を従業員間で行うことにより、社内に閉じた形でスマートコントラクトのしくみを構築するものです。本実証実験を通じて効果と課題を検証し、今後、シェアリングエコノミーのプラットフォーム外における自由取引の可能性を模索します。

■実証実験の概要
今回の実証実験では、当社が開発した仮想通貨(トークン)「ありがとうコイン」を、社内チャット上で従業員同士が授受します。従業員は社内チャットで発言に対し特定のリアクションをするなどの操作により、会社から付与されるコインを感謝・賞賛の気持ちを伝えたい相手に、好きなタイミングで贈ることができます。そして、四半期ごとに各従業員が他の人から贈られたコインの数を集計し、それを現金に変えてボーナスとして給与に加えて支払われます。

<「ありがとうコイン」の社内取引概念図>
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711157997-O2-nyuh7BvF

5.クラウドワークスについて
クラウドワークスは、「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッションに、インターネットで仕事を受発注することができる日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス(https://crowdworks. jp/)」を展開しています。2017年11月現在、登録ユーザーは156万人、クライアント数は上場企業をはじめ21.5万社に達し、内閣府・経産省・国交省・外務省・総務省・環境省・農水省・厚生労働省・文部科学省の政府9府省を筆頭に、40以上の行政関連団体にも利用されています。2014年12月 東証マザーズ上場【証券コード3900】。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞、2015年度グッドデザイン・未来づくりデザイン賞 受賞。「クラウドワークス」を通じて企業に柔軟な人材活用の選択肢を提供するとともに、仕事・教育・社会保障の提供を通じて、個人で働く人々が多様な働き方を自由に選択できる新しい時代の働くインフラの構築に取り組んでいます。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:クラウドソーシング事業
資本金:17億6,495万円(資本準備金17億2,295万円)※2017年3月時点

URL:https://crowdworks.co.jp/

クラウドスコア概念図
ありがとうコイン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ