プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

国内初となるスタジアムでのVR観戦など新しいサッカー観戦体験!「au Future Stadium」

2017年11月13日

『EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会』で
国内初となるスタジアムでのVR観戦など新しいサッカー観戦体験!
「au Future Stadium」
~エスコートキッズや観戦チケットが当たるキャンペーンも実施!~

 KDDIはこの度、サッカー日本代表を応援することを目的とした「au BLUE CHALLENGE」の一環として、本年12月に開催される『EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会』で新しいサッカー観戦体験を提供します。
 
 先日、サッカー日本代表 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がKDDI本社にて、「アジア最終予選-ROAD TO RUSSIA」突破を記念して“auだるま”の目入れを行いました。見事、予選突破を果たしたサッカー日本代表の次なるチャレンジは、アジアの強豪国を相手に実力を試す機会となる『EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会』。
 KDDIは、この大会のコンセプト「『INNOVATION & UNITY』~アジア独自の先進性や強さで、世界に新しい体験を提案する~」に賛同し、最新テクノロジーを駆使した「au Future Stadium」で新たなサッカー観戦体験を提供します。

 12月16日に行われる 『EAFFE-1 サッカー選手権2017決勝大会』 では、国内初の取り組みとなる、サッカースタジアム観客席でVR映像と共に観戦できる「au VR Seat」や、約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像「au/4DReplay」、選手のスタッツデータで表彰をする「au Stats Award 」などのテクノロジーを通じて、サッカー日本代表を応援します。

 また、憧れの日本代表選手とピッチに入場できるエスコートキッズや観戦チケットが当たるキャンペーンも実施致します。
 KDDIは今後も「au BLUE CHALLENGE」で様々な日本代表応援キャンペーンを展開してまいります。

「au Future Stadium」の概要
『EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会』では、新たなサッカー観戦として3つの観戦体験を提供いたします。

① au VR Seat
  スタジアム観客席の一部に「au VR Seat」を設置。VRゴーグルとスマホを通して
  VR映像で試合を観戦。
  LIVE映像、リプレイ映像、ハイライト映像を5視点からのVR映像で随時見ることが
  できます。
  サッカースタジアム観客席でのVR観戦は、国内初の取組みです。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O1-M3E91li2

② au/4DReplay
  スタジアムサイドに敷設された約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像
  をリアルタイムで生成。
  単純なリプライやハイライトに留まらず、目の届かない様々な視点からの映像を
  サッカーのテレビ中継で楽しむことができます。
  ※対象の試合:男子全6試合

③ au Stats Award  
  客観的なスタッツデータ※を元に試合に最も貢献したプレーヤーを選出する全く
  新しい表彰をauが創出。
  ゴールや勝敗だけでなく、試合への関与・貢献度を可視化する指標で、全チームと
  選手が対象となります。選ばれた選手とチームには特別なトロフィーを贈呈。
  au BLUE CHALLENGEのサイトでは、スタッツデータを公開いたします。
  ※対象の試合:男女全12試合
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O2-Qc354c03 】【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O3-7H2R0U0x
※選手のプレー内容(シュート・ファール・ポゼッション等)に関する数値(=スタッツ)
※画像はイメージです。

「全力を全力で応援するキャンペーン第4弾」の概要
 各キャンペーンの応募方法については、以下の通りです。また、①と②の応募対象は、auユーザー限定となります。 

 ・応募期間 : 2017年11月13日 (月)  13:00 ~ 2017年11月21日(火)20:00
 ・応募方法 : 特設サイトのからご応募ください。
            https://www.au.com/pr/soccer/zenryoku4/

①『au VR Seat スタジアムでVR観戦』
   ※auのお客さま限定、抽選で50組100名様
    12月16日(土) 味の素スタジアム
  味の素スタジアムの観客席に設けられた「au VR Seat」で、普段の観戦では
  味わうことのできない「LIVE映像、リプレイ映像、ハイライト映像」を5視点からの
  VR映像でお楽しみいただけます。
  サッカースタジアム観客席でのVR観戦は、国内初の取組みです。
  さらに、auオリジナルデザインのタオルマフラーもプレゼント。 
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O1-M3E91li2

②『エスコートキッズに参加』
    ※auのお客さま限定、抽選で22組44名様(お子様+保護者様)
    12月16日(土) 味の素スタジアム(男子 日本 vs 韓国戦)
  憧れの選手とともに、ピッチへ入場。
  エスコートキッズの皆さんには、auのオリジナルユニフォームをプレゼントします。
  その後は保護者の方と、スタジアムで試合観戦を楽しめます。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O6-ry128OX7
アジア最終予選-ROAD TO RUSSIA
対サウジアラビア代表戦 先発メンバー(2016.11.15)

③『現地で観戦チケットプレゼント』
    ※auのお客さま以外の方も応募できます。抽選で各試合15組30名様
 「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝」日本戦 男女全6試合
  日本戦の男女全6試合の観戦チケットをプレゼントします。
  対象の試合は以下の通りです。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O4-ckOa1658 】【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O5-x2W7998l

~参考情報~
ハリルホジッチ監督によるダルマ目入れについて
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O8-m08pkvm8
 10月19日(木)、公益財団法人日本サッカー協会 田嶋幸三会長とサッカー日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「アジア最終予選-ROAD TO RUSSIA」突破を受け、その挨拶のためKDDI本社に来社されました。会場では、予選突破を果たしたことを記念し、ハリルホジッチ監督によるダルマの目入れが行われました。
 このダルマは、昨年8月に行われたサポーティングカンパニー記者発表の際、ハリルホジッチ監督が「アジア最終予選-ROAD TO RUSSIA」での日本代表の必勝を祈念して、片目を入れたものです。

 残りの片方の目入れを行うため、筆を受け取ったハリルホジッチ監督は、丁寧に目を入れながら、途中、自身の画力を、「ピカソ」と評価し、会場を沸かせる場面も。
 今回の目入れによって、両目が開き、より力強い表情になったダルマを見て、ハリルホジッチ監督は、「無事に予選を突破することができて、(最初は右目だけ入れさせてもらったが)今回無事に両目を入れることが出来て良かった。」と、予選突破を果たしたことへの喜びを口にしました。 

 さらに、昨年8月からサポーティングカンパニーとなったKDDIに対し、「auの皆さんには我々を信じて頂けたようで良かった。また、予選突破を喜んでもらえて私も嬉しい。」と語りました。
 
 ハリルホジッチ監督は、「本選をさらに突破していくために、さらに大きなダルマを用意してもらえることを期待します」と話し、会場を沸かせながらも、これから迎える本戦に向けて、強い意気込みを示しました。
 

■au BLUE CHALLENGE
全力を全力で応援する。
懸命なプレーをする選手たちとともに、わたしたちauも挑戦します。
勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。
auがもつ通信テクノロジーを生かして、「あたらしいサッカー体験」の創出に挑み、
サッカー日本代表を全力で応援していきます。
味わったことのない興奮を、みなさんと。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711137856-O7-6EfFamU2
(C)JFA キリンチャレンジカップ2017 対シリア代表戦
先発メンバー(2017.6.7)

au BLUE CHALLENGEについて詳しくはこちら
https://www.au.com/pr/soccer/

スタッツデータ②
VRゴーグル
スタッツデータ①
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ