プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社タカラトミー

タカラトミーグループの「エコトイ」活動が 6年ぶり2度目の グリーン購入大賞「優秀賞」を受賞!

2017年11月9日

株式会社タカラトミー

タカラトミーグループの「エコトイ」活動が
6年ぶり2度目の
グリーン購入大賞「優秀賞」を受賞!
「100ねんあそぼ。」
~子どもたちへ「エコトイ」で広げるグリーン購入、深める環境教育~

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、グリーン購入ネットワーク※1主催の「グリーン市場拡大のためのグリーン購入大賞(第18回)」※2において「優秀賞」を受賞いたしました。本賞は、グリーン購入の普及に関する先進事例を表彰するもので、環境コミュニケーション・人材育成を通じてグリーン市場の拡大に貢献した取り組みが評価されたものです。タカラトミーグループでは、6年ぶり2度目の受賞となります。
タカラトミーグループでは、「100ねんあそぼ。」を合言葉に、次代を担う子どもたちにとって最も身近な“おもちゃ”を通じて、子どもたちの環境への気づきをお手伝いすることを目的に「エコトイ」活動を展開しています。
「エコトイ」活動は2011年グリーン大賞優秀賞を受賞後も、当社社内で持続し発展させる活動として取り組み続けおります。その結果として、環境配慮のタカラトミー基準を満たしたおもちゃ「エコトイ」は定番商品を中心に約170種類に拡大しています。また、環境活動への意識や行動を促す活動として、社会見学の受入れ、環境イベントに加え、小学生向けの出張授業プログラムを通じて、グリーンコンシューマーを育てる環境教育を実践しています。

【タカラトミーに対する審査評価】
出張授業プログラムにおいて、学校との授業内容の事前相談、反応の把握、課題抽出から改善につなげる仕組みは環境教育を実施する多くの団体に参考となる。

このような持続的な活動の取り組みとその結果が評価され、今回のグリーン購入大賞「優秀賞」を受賞することとなりました。今後も、未来を担う子どもたちと共に「持続可能な社会」「共生社会」を形成していくことを目指し、「100ねんあそぼ。」をコンセプトに次世代教育支援活動に積極的に取り組んでまいります。

※1 グリーン購入ネットワーク(GPN)とは  
ホームページ:http://www.gpn.jp/
グリーン購入を促進するために、1996年2月に設立された、企業・行政・民間団体などによる緩やかなネットワーク組織です。グリーン購入の普及啓発活動や、商品分野ごとの購入ガイドラインの策定、商品の環境情報を掲載したデータベースの運営などを行っています。2017年9月時点の会員数は合計 1,456団体(企業1,205、行政120、民間団体131)です。

※2 「グリーン購入大賞」とは
環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度です。グリーン購入の普及に関する先進事例を表彰し、一層の取り組みを奨励するとともに、先進事例の紹介を通じてグリーン購入の普及と質的向上を図ることを目的としています。1998年に創設され、今年度は第18回となります。

■タカラトミーの環境活動について
タカラトミー「エコトイ」公式サイトhttp://www.takaratomy.co.jp/eco/
タカラトミーは、玩具を通じて子どもたちの環境への気づきを育む「エコトイ」活動に取り組んでいます。
この取組みは、業界他社に先駆けて環境ラベルタイプIIを導入し、環境配慮のタカラトミー基準を満たしたおもちゃを「エコトイ」と認定し、「エコトイ」マークとともにわかりやすい環境配慮情報を表示しています。開発した「エコトイ」を通じて、普段の玩具の遊びでの気づきに加え、イベントや出張授業などで楽しい学びの場をダイレクトに提供することで、子どもたちへの普及啓発活動を行っています。

■「エコトイ」商品の一例
「にぎやかアナウンス!サウンドE7系新幹線かがやきレールセット」 (発売中)

「再生材の利用」「省エネルギー」 
1959年から販売開始して以来、基本的なモデルチェンジをしていないプラレールの車両シャーシを自社開発により走行時間が4倍持続する省電力化に成功。さらに、再生材を使用したエコ直線レール・エコ曲線レール・エコブロック橋脚もセットとなった商品です。商品パッケージも環境に配慮して、ソイインクでの印刷や、断裁する際の余った部分の紙を使用したペーパークラフトもセットになった細やかな部分も環境配慮した「エコトイ」です。

エコトイ商品の一例「にぎやかアナウンス!サウンドE7系新幹線かがやきレールセット」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ