プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アイ・エム・エス・ジャパン株式会社

QuintilesIMSがIQVIAへ社名およびブランド変更

2017年11月7日

アイ・エム・エス・ジャパン株式会社

社名およびブランド変更のご案内 QuintilesIMSはIQVIAになりました

ダンベリー コネチカット&リサーチトライアングルパーク ノースキャロライナ 2017年11月6日 -
QuintilesIMS(NYSE:Q)は、優れた分析力およびサイエンスにより、ヘルスケア関連のステークホルダーによる患者様に対するより良いソリューションへのサポートに更に注力するため、2017年11月6日付(米国東部標準時間)で「IQVIA」へと社名を変更しました。2017年11月15日より、IQVIAはニューヨーク株式市場において新たな社名「IQVIA」と新たな銘柄コード「IQV」にて取引を開始します。11月14日までは、ニューヨーク証券取引所の上場届出要件に従い、引き続き、QuintilesIMSおよび銘柄コード「Q」で上場されます。

IQVIAが持つソリューションの原動力は、IQVIA CORE™です。このCOREにより、IQVIAは、さまざまな疾患、地域、技術にわたる世界最大規模のヘルスケア情報、高度な分析、先端技術、幅広い業界知識を駆使して、それぞれのお客様に合った最適なソリューションを提供しています。COREは、「ヒューマン データ サイエンス」、つまり、より迅速でより確実な臨床開発、リアルワールド・エビデンス創出への革新的アプローチ、患者様のケアを改善する機械学習、緻密なコマーシャルエンゲージメント戦略などをもたらします。これらの各要素をヘルスケア市場にシームレスに統合することで、世界中のお客様の付加価値、アクセス、そしてヘルスアウトカムの向上を可能にします。

IQVIA会長兼CEOのアリ・ブーズビは次のように述べています。「本日は、ステークホルダーの医療・ヘルスケア発展に寄与するという、私たちのビジョンと軌を一にする新たな社名を紹介できた記念すべき日です。皆様の日頃のご支援やおかげをもちまして、私たちはIQVIAとなることができました。患者様へより早くより優れたイノベーションを提供し、長年にわたり追求してきた医学的進歩を現実のものにしたいというお客様の想いにお応えするために、IMS HealthとQuintilesは合併しました。 合併以来私たちは、高度な分析、最先端のテクノロジー、そしてヘルスケアの専門知識における両社のケイパビリティを結集し、強力かつ他とは一線を画したサービスを提供できるよう取り組んできました。今後ライフサイエンスのあらゆる局面において起こるであろう変化の先を見据え、医療の未来に向けて邁進するお客様へのサポート力をさらに高めていくことが私たちのビジョンです。」

IQVIAが持つ世界的なリーダーシップの原動力は、データセキュリティやプライバシー保護に対する継続的な取り組み、および長年にわたる豊富な実務経験に拠るものです。 IQVIAは、個人のプライバシーを保護するために、幅広く多様なガバナンスの実践や、運用面、技術面および物理面での安全対策・情報管理に、これからも取り組んでいきます。 私たちは、世界中のデータ保護当局、信頼できる第三者、プライバシーの専門家らと緊密に連携することで、プライバシー保護に鋭意努めてまいります。

IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com) *をご覧ください。

日本での事業体制について
この度、米国本社はIQVIA(アイキューヴィア)への社名およびブランド変更をご案内しましたが、現時点での日本法人の体制につきましては、これまで通り、アイ・エム・エス・ジャパン株式会社とクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社として活動してまいります。
*日本向けの新URLはこちら(www.iqvia.co.jp)

IQVIAについて
IQVIA (NYSE:IQV)は、情報や革新的テクノロジー、及び臨床試験サービスを提供する世界的なリーディングカンパニーであり、データとサイエンスを駆使して、ヘルスケアに関連するお客様が患者様により良いソリューション提供することに貢献しています。IMS HealthとQuintilesが統合することで誕生したIQVIA は、ヘルスケアの発展に寄与する医療情報、テクノロジー、分析力および人知による創意工夫を活用した幅広いソリューションをご提供しています。私たちIQVIAは、お客様が新たなアプローチで臨床開発や製品の上市・販売を実現し、自信を持ってイノベーションに取り組み、いち早く有意義なヘスルケアアウトカムを実現できるようお手伝いします。世界100カ国以上で活躍する、およそ5万5,000人の当社社員一人一人が、ヒューマン データ サイエンスの実現に尽力しています。この、ヒューマン データ サイエンスの原動力は「IQVIA CORE™」であり、ビッグデータ、革新的なテクノロジーと専門的かつ広範な知識に裏付けされた分析力とを結集した、実用的かつ唯一無二のインサイトによってこれらを可能にしているのです。

IQVIA は、患者様の個人情報の保護の分野においても世界をリードしています。ヘルスアウトカムを発展させるのに必要な情報を収集し分析する一方で、様々なプライバシー保護のための技術や安全対策に取り組んでおります。IQVIAが持つインサイトや実行力は、患者様の治療・治癒の実現を目指すバイオテクノロジー企業、医療機器メーカー、製薬企業、医学研究者、政府機関、保険者その他の医療関係者の皆様が、疾患や人間行動、サイエンスの進歩を追求するのにきっとお役に立てるものと考えております。IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com) をご覧ください。

本プレスリリースは、IQVIAが2017年11月6日に本国で発表しましたプレスリリースの和訳であり、内容につきましては英語原文が優先されます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ