プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社岡村製作所

人間工学を取り入れたエグゼクティブシーティング「Legenda(レジェンダ)」発表

2017年11月

株式会社 岡村製作所

人間工学を取り入れたエグゼクティブシーティング「Legenda(レジェンダ)」発表
オカムラの技術と経験が生きる最高級の革張りチェア

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、エグゼクティブシーティング「Legenda(レジェンダ)」を2017年11月8日(水)から開催される「オカムラグランドフェア 2017」にて発表・展示し、2018年1月に発売します。
「Legenda」は時代を牽引するエグゼクティブにふさわしい風格とエレガンス、機能性を兼ね備えた、オカムラ最高級の革張りチェアです。
本革製の柔らかなシートはステッチなどのデザインが選択可能で、役員室やエグゼクティブフロアに風格ある雰囲気をもたらします。座にはオカムラ独自の技術の異硬度クッション、背はしっかりと支える構造で、ゆったりと包み込まれる最高級の座り心地を追求しました。肘先端のレバーで座面の高さと背の角度を調節できる「スマートオペレーション」を搭載し、ユニバーサルデザインを実現しました。最高級にふさわしい、上質な快適さを実感できる1脚です。

―「Legenda」の特徴―
「Legenda」は、シートの上質な本革の質感に加えステッチなどの革加工を選択できる、カスタマイズ性の高いエグゼクティブシーティングです。
座り心地にこだわり、オカムラがこれまでに培った人間工学の知見を詰め込み、機能的で快適な上質感を追求しました。

■カスタマイズ可能な本革製エグゼクティブシーティング
どんなシーンにもマッチするスタンダードタイプ、本革のしっとりとした落ち着きに洗練さを香らせるステッチを加えた「デコレーティブステッチタイプ」、それに加えて革にパーフォレーション(穴あけ)加工を施し、ワンランク上の高級感を実現した「デコレーティブステッチ&パーフォレーションタイプ」の3種類の背座デザインからお選びいただけます。
カラーはブラック、ダークブラウン、キャメル、ホワイトの4色を取りそろえ、空間や好みに合ったカラーを選択することが可能です。

■最高級にふさわしい上質な座り心地と機能性
背は腰をしっかり支える構造、座には異硬度クッションを採用することで、包み込まれるような最高級の座り心地を実現しました。
座の高さや奥行きなどの基本的な調節機能をはじめ、人の動きに忠実なアンクルチルト(R)リクライニングが自然な姿勢をサポートし、リクライニングの強弱も調整が可能です。

□価格           ハイバックタイプ      ¥451,000~
             エキストラハイバックタイプ ¥496,000~
□初年度販売目標      2億円
□オカムラウェブサイト  「Legenda」 http://www.okamura.co.jp/product/seating/legenda/index.html

アンクルチルト(R)リクライニング
肘先端のレバーで座面の高さと背の角度を調節できる「スマートオペレーション」
カラー4色
背は腰をしっかり支える構造
座の異硬度クッション
デコレーティブステッチ&パーフォレーションタイプ
カスタマイズ可能な本革製エグゼクティブシーティング
デコレーティブステッチタイプ
エグゼクティブシーティング「Legenda(レジェンダ)」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ