プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパ二ー

ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートを新たに発足

20171107

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
メディカル カンパニー

ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートを新たに発足
~プロフェッショナル・エデュケーションへのグローバルニーズに対応~

* 本プレスリリースは、2017年11月2日に、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが発表したプレスリリースを翻訳・編集したものです。原文はこちらよりご参照下さい。

臨床および管理業務を担う双方の医療従事者へプロフェッショナル・エデュケーションを提供
変化の激しいヘルスケアを取り巻く環境への適応を支援

ニュージャージー州ニューブランズウィック(2017年11月2日)-ジョンソン・エンド・ジョンソン(ニューヨーク証券取引所:JNJ)は本日、ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートを発足しました。これにより、医療従事者によるアウトカムのさらなる改善、患者さんの満足度向上および医療がもたらす価値に基づくヘルスケア環境におけるコスト削減などの支援に特化した、包括的なプロフェッショナル・エデュケーションを提供することを発表しました。カリキュラムには、研修施設における講習やヴァーチャル・リアリティおよびアプリベースの手術シミュレーション訓練などが含まれており、臨床・非臨床の医療従事者が先進国およびブラジルや中国などの新興市場における今日の医療提供システムの需要に応えられるよう支援するものです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー*のバイスプレジデントでグローバル・エデュケーション・ソリューションの責任者を務めるサンドラ・ハンブルズ*は次のように述べています。「医療従事者のエデュケーションおよびトレーニング機会において、世界で大きな地域格差があることが、医療従事者不足と相まって、一部の患者さんや消費者が最新の医療知識や専門的技術の恩恵を受けられない要因となっています。質の高い医療にアクセスできない患者さんの増加や、新たな技術および手順に関するプロフェッショナル・トレーニングの継続的な必要性など、医療システムは世界的にリソース面の課題に直面しています。コストを削減しつつ、アウトカムを改善し、患者さんの予後を向上させるためのヘルスケア・エデュケーションへのアクセスを拡大することが極めて重要です。ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートは、ジョンソン・エンド・ジョンソングループ全体の幅広い規模、リーチ、リソースおよび共通の情熱を活用し、こうしたニーズに応えていきます」

ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートは、26のプロフェッショナル・エデュケーション施設とオンライン・エデュケーションネットワーク、および複数の疾患領域における共同パートナーシップを結集し、医療従事者が医学部で学んだ内容を発展・拡大させる革新的エデュケーショナル・プログラミングを提供します。遠隔地におけるエデュケーションへのアクセスの障壁を克服すべく、ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートは小規模なサテライト拠点でも一部の講習を実施する予定です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンでグローバル・プロフェッショナルエデュケーション・アンド・ディベロップメント部門のバイスプレジデントを務めるイアン・デイビス氏は次のように述べています。「世界最大規模のヘルスケアカンパニーの一員として、ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートは、専門のプロフェッショナル・エデュケーション拠点を結ぶグローバル・ネットワークやオンライン・プログラム、複数の疾患領域におけるスタッフの豊富な専門知識や、世界的に著名な講師陣へのアクセスなどを通じて、ヘルスケア・コミュニティに独自のサービスを提供することができます。ビジョンおよび当社の全ての専門領域において、私たちはプロフェッショナル・エデュケーションの分野で継続的なイノベーションをもたらします。そして、世界各地における各世代の臨床や管理業務を担う医療従事者に対し、あらゆるキャリアステージに対応した生涯学習環境を醸成するプログラムの開発に努めてまいります」
###

【ジョンソン・エンド・ジョンソンについて】
世界の人々をケアすること – これが私たちジョンソン・エンド・ジョンソンの原点です。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、研究と科学を大切にしています。それは、これらの二つが人々の健康と幸せにつながる革新的なアイデアや製品、サービスを生むための原動力となっているからです。230社を超える世界各国のジョンソン・エンド・ジョンソングループ各社では、約126,400人の社員がヘルスケア分野におけるパートナーと連携し、世界中の何十億の人々の生活に日々関わっています。

【ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートについて】
ジョンソン・エンド・ジョンソン インスティテュートは、年間12万5千名以上の世界中の医療従事者に対してトレーニング機会を提供しています。この取り組みは外科腫瘍、心臓、電気生理、肥満、眼科および整形外科的疾患をはじめとする多様な疾患領域を網羅し、26の拠点およびオンラインモジュールを通じて行われるものです。詳しくは、www.jnjinstitute.comをご覧ください。

*ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニーは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医療機器部門における外科、整形外科および心臓血管事業で構成されています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ