プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社新経営サービス 人事戦略研究所

"同一労働同一賃金に関する企業の取り組みアンケート調査"を実施しました

2017年11月7日

株式会社新経営サービス
人事戦略研究所

"同一労働同一賃金に関する企業の取り組みアンケート調査"を実施しました
~“同一労働同一賃金”法制化の動きで影響が生じる企業 67%~
「多くの企業が取り組みを検討中」

株式会社新経営サービス 人事戦略研究所(所在地:京都市下京区、所長:山口俊一)では、人事情報サイト「日本の人事部(https://jinjibu.jp/)」の利用者を対象に「同一労働同一賃金に関する企業の取り組み実態度」について調査を行い、総務・人事部門を中心に248名からの回答を得ました。

【調査結果概要】
①” 同一労働同一賃金”法制化で、自社に「影響がある」と答えた人が約7割。
 総額人件費が「上昇する」と答えた人が約6割、「変わらない」と答えた人が約2割となった。
②「法制化された場合の自社で取り組むべき課題」については、複数回答で
 「職種定義・職種区分の細分化」が24.7%と最も多く、続いて「生産性の向上」が18.9%、「非正規社員の賃金引上げ」が18%などの項目が多くなった。
③ 賛成・反対については、「賛成」と答えた人と、「反対」と答えた人が半数ずつとなり、回答が割れた。
  自由回答でその理由を問うと、下記のような意見が目立った。
○賛成理由「同じ仕事であれば、賃金は同一であるべき」「非正規社員のモチベーションアップにつながる」など
○反対理由「何をもって同一労働とするのか曖昧だから」「日本の雇用慣習において欧米型の考え方は馴染まない」など

詳しい調査結果については、添付の調査結果をご参照いただくか、下記のサイトにも公開しております。
【同一労働同一賃金.com 】 調査結果 https://douitsu-chingin.com/investigation/201710_report/

★本調査資料をご利用の際は、問い合わせ先までご連絡いただきますようお願いいたします。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ