プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス初のホワイトトナーを発売

11月1日

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス初のホワイトトナーを発売、
濃色用紙や透明紙への印刷を可能とし、
訴求効果の高い印刷アプリケーションを実現
ーー「Xerox iGen 5 150 Press」専用トナーとしてーー

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、当社カラープロダクション市場向けの最上位機種「Xerox iGen 5 150 Press」の5色目のオプショントナーとして新たに「ホワイトトナー」を発売します。日本では2017年11月1日より、また中国を含むアジア・パシフィック地域でそれ以降順次発売し、印刷アプリケーションの幅を拡げ印刷業のお客様のビジネス拡大に貢献します。
オフセット印刷やデジタル印刷において、濃色用紙や透明紙など特殊用紙への印刷は、発色に課題がありました。今回発売するホワイトトナーを、シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック(CMYK)4色のトナーの上もしくは下に使うことで、濃色用紙や透明紙などへと印刷の幅を広げます。デジタルプリントを活用したカタログ、ダイレクトメール、ポストカード、パッケージなどに、濃色用紙や透明紙とホワイトトナーを組み合わせ、高級感やクリエイティブなデザインを表現でき、マーケティング効果や訴求効果の高い印刷アプリケーションを実現します。

ホワイトトナーの高い輝度と隠蔽率を支える技術
・一度(1パス)の印刷で高い輝度・隠蔽率を実現するために、トナーの小粒径化と形状の均一性を実現するEAトナーを採用し、白色顔料の充填量を増加することで、顔料を高濃度化する新たな製造プロセスを確立
・用紙を排出せず自動で2層のホワイトトナーを重ね合わせる「自動マルチパス機能」で、更なる高い輝度、隠蔽率を実現。さらに2層のホワイトトナーに、CMYKトナーを重ねた印刷にも対応
・CMYKトナー層の上にホワイトトナーを重ねる「上刷り」ができ、透明フィルムにも鮮やかな色を印刷
・CMYKトナー層の下にホワイトトナーを敷く「下刷り」で、濃色用紙にも鮮やかな発色を実現

自動化機能による高い印刷稼働率をさらに改善
従来機*1から採用されているカラー品質の自動調整機能「オート・デンシティ・コントロールシステム」、カラーキャリブレーションの調整作業を自動化する「インラインセンサー」など、iGenシリーズならではの高度な自動化機能は、オペレーターの介入を低減し、自動かつ継続的に印刷物のカラー品質を維持する事で、同等クラスの機種で最大の印刷稼働率である85%を実現します。また、5色目のオプショントナーは、お客様ご自身が容易に交換できるため、エンジニアによる交換を待つ必要なく、印刷業務をスムーズにまわすことが可能です。今回、5色目トナーの交換時間をこれまでと比較し最大で7分短縮させるシステム改良を加えたことにより、Xerox iGen 5 150 Pressの印刷稼働率はさらに向上しました。

富士ゼロックスは、これからもプロダクションプリンティングのパイオニアとして、商品ラインアップを強化し、お客様のビジネス拡大に貢献します。 

*1 Xerox iGen 4 Press

Xerox iGen 5 150 Press
濃色用紙へ鮮やかな白色を表現
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ