プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人プレゼンテーション検定協会

『営業担当者向け「プレゼン教育」+「資格取得」プログラム』が新登場

2017年10月25日

一般社団法人プレゼンテーション検定協会

『営業担当者向け「プレゼン教育」+「資格取得」プログラム』が新登場

顧客に信頼される営業として必須な能力と資格
『営業担当者向け「プレゼン教育」+「資格取得」プログラム』が新登場

一般社団法人プレゼンテーション検定協会では、営業担当者向けに「プレゼン教育」+「資格取得」を組み合わせた新プログラムの提供を開始しました。

昨今の社員研修において、プレゼンテーション教育は定番プログラムとして実施されています。
しかし、研修を受けたが現場で活かしていない、何度も商談をしているが成約に至らない、提案するも結局価格交渉になる、多くの時間と費用を投資しているが成果に実感がもてない、我が社のプレゼン力は他社と比べてどのぐらいのレベルにあるかわからない、など悩み抱える人材育成担当者も多いのではないでしょうか。

このような悩みを解決できるのが、
『営業担当者向け「プレゼン教育」+「資格取得」プログラム』です。
【このプログラムの3つのメリット】
1.“伝える力”の教育成果を検定受検により見える化できる
2.顧客に信頼される“伝わる力”を資格取得により証明できる
3.教育と資格で人材育成効果が定量的に把握できる

      【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710257158-O4-V69t24LT

当協会の「プレゼン教育」では、実業務に沿ったプログラムを、経営戦略や人材育成の経験豊富な講師から直接指導を受けるため、確かな知識と技術が身に付き、即、実務へと活かせます。
また、「資格取得」では、10年以上の実績がある「プレ検(プレゼンテーション検定試験)」を受検し、客観的な資格等級が認定されるため、社内での評価も上がり、対外的な信頼も得ることができます。
「プレゼン教育」+「資格取得」をパッケージ化することによって、具体的な目標設定、効率的・効果的な能力開発、実践的人材育成が可能になるわけです。

今や社員研修の定番となったプレゼンテーション教育を「実践的育成機会」にしませんか?
『営業担当者向け「プレゼン教育」+「資格取得」プログラム』で、教育の投資効果を可視化し、実務で活かす教育成果を獲得してください。そして、営業担当者が顧客の信頼を獲得できることを期待します。

「プレ検」とは・・・
みなさんの「伝える力」「コミュニケーション力」を“見える化”するために生まれた検定制度です

プレ検公式サイト:https://acep-jp.com/   
公式ブログ:https://acep-jp.com/blog/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ