プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トレンダーズ株式会社

Twitter Japanの認定代理店契約を締結、Twitter特化型のインフルエンサー事業を開始

2017年10月24日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ、Twitter Japanの認定代理店契約を締結
Twitter特化型のインフルエンサー事業を開始

トレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、2017年7月にTwitter Japan株式会社と国内Twitter広告の認定代理店契約を締結いたしました。これによりTwitter広告の販売および、Twitterに特化したインフルエンサー事業を開始いたしました。

◆20~40代男女の4割超がTwitterユーザー
トレンダーズが2017年9月に20代~40代の男女10万名を対象に実施した調査によると、全体の41%がTwitterを利用しており、22%は「ほぼ毎日利用している」という結果となりました。男女年代別に見ると、20~24歳の女性は78%、20~24歳の男性は67%がTwitterを利用しており、若年層に圧倒的な支持を得ていることが分かります。一方で30~34歳の男性は45%、30~34歳の女性も43%と半数近くが利用しており、ユーザー層の幅広さもうかがえる結果となりました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710237072-O1-1H3UZwPC
[調査概要]
・調査期間:2017年9月6日~9月26日 ・調査対象:20~40代男女 10万名
・調査方法:インターネット調査

◆Twitter特化型インフルエンサーネットワーク「Beemine」概要
このように若年層をはじめ幅広い世代に利用されているTwitterを企業のマーケティング施策において効果的に活用することを目指し、トレンダーズではTwitterで多くのフォロワーを抱えるマイクロインフルエンサーをネットワークして、ミレニアル世代を中心に共感型の情報拡散を図る、新たなインフルエンサー事業「Beemine(ビーマイン)」を開始いたしました。

Beemine:http://www.trenders.co.jp/beemine/

■Beemine(ビーマイン)とは
マイクロインフルエンサーと呼ばれるフォロワー数10,000前後のTwitterユーザーを中心とした、インフルエンサーネットワークです。Twitterは即時性と拡散力に優れたプラットフォームであり、インフルエンサーが創り出す140文字のテキストや画像、動画のコンテンツはTwitterの特徴でもある共感型のコミュニケーションを生みだします。

Beemineは、インフルエンサーとTwitter独自の多様な広告との組み合わせで、幅広いサービス・商材のプロモーションのお手伝いが可能です。現在、キャスティング可能なインフルエンサーは女性・若年層を中心とした約3000名。今後、より幅広いネットワークを形成していく予定です。

 
※BeemineはTwitter社との資本関係や取引関係はなく、トレンダーズ株式会社が運営する独立したネットワークです。

Twitter利用状況
Twitter利用状況(全体)
Twitter利用状況(男女年代別)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ