プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

旭硝子株式会社

切子調ガラスオーナメントがトヨタ自動車株式会社LEXUSの新型「LS」に採用

2017/10/19

AGC旭硝子

AGC旭硝子の切子調ガラスオーナメントがトヨタ自動車株式会社LEXUSの新型「LS」に採用

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)の切子調ガラスオーナメントが、10月19日に発売されるトヨタ自動車株式会社LEXUSの新型「LS」に採用されました。本製品は、当社の最新技術により切子細工をモチーフとした繊細な造形を施した化学強化ガラスで、ドアトリム部分の装飾としてLS500およびLS500hの上級バージョンに使用されています。
LEXUSの新型「LS」は、LEXUSの象徴としてブランドの変革を体現するフラッグシップモデルで、「TAKUMI CRAFTSMANSHIP」をテーマに、日本の匠の技を見どころとした繊細で個性的なインテリアが特徴です。ドアトリム部分に採用された当社の切子調ガラスオーナメントは、日本の伝統技術と最新の生産技術が融合した独創的な空間演出に貢献しています。
当社は本製品の製造にあたり、ガラス工芸家の原版意匠を再現するため「工芸品を工業製品に」をテーマに掲げ日本各地の高い生産技術を結集しました。当社の金型設計技術とガラス成形技術に加え、日本各地の精密加工・特殊研磨工程を取り入れた量産プロセスを確立し、世界初※1のドアトリムオーナメントを作り上げました。
AGCグループは、経営方針AGC plusの下、世の中に「安心・安全・快適」を、お客様に「新たな価値・機能」をプラスする製品づくりに取り組んでいます。今後もお客様に満足頂ける、新たな価値をプラスした製品をご提供できるよう技術革新を進めてまいります。
※1 2017年10月現在、当社調べ。

装飾イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ