プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

デザインとスポーツ性のために仕立てられた ニューポルシェ718 GTS

デザインとスポーツ性のために仕立てられたニューポルシェ718 GTS

抜群の性能とエクスクルーシブな装備

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、718ボクスターGTSと718ケイマンGTSによって、ミッドシップエンジンのモデルシリーズを拡張します。新開発されたインテークダクトと2.5リッター4気筒水平対向エンジンのために最適化されたターボチャージャーによって、両モデルの最高出力は269kw(365PS)に向上しています。これは、718 Sを11kW(15PS)、自然吸気エンジンを搭載した先代GTSを26kW(35PS)上回ります。ニュー718ボクスターGTS/718ケイマンGTSには、6速トランスミッションとオプションでポルシェ ドッペルクップルング(PDK)が用意されており、スポーツクロノパッケージ、機械式リアディファレンシャルロックを備えたポルシェ トルクベクトリング プラス(PTV Plus)、および車高を10mm低く設定するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)など、多数のオプションが標準装備されます。

性能を高めるさらに大きなパワー
430N・m/1,900-5,000rpmの最大トルクが優れた加速と俊敏性を提供します。GTSモデルのPDKとスポーツクロノパッケージ仕様車の0-100km/h加速タイムは4.1秒、最高速度は290km/hに達します。

GTS特別仕様:インテリアとエクステリアの多数のブラックエレメント
GTSモデルは、テクノロジーだけでなく視覚面でも718モデルラインの中で特に際立ちます。フロントの新しいスポーツデザインエプロンは、モデルのスポーティな特徴を強調します。フロントライトモジュールとバイキセノンヘッドライトはGTSモデル特有のブラックに着色されます。リアのティンテッドテールライト、ブラックのロゴ、ブラックのリアエプロン、および中央に配置された標準装備のスポーツエグゾーストシステムのブラックのテールパイプは、GTSにユニークな外見を付け加えます。ドア下部のブラックのGTSロゴとブラック(サテンフィニッシュ)に塗装された20インチホイールがサイドビューを引き立てます。

高品質のアルカンターラとポルシェ トラックプレシジョンアプリ
インテリアもGTSのDNAによって形成されています。スポーツクロノパッケージ(標準装備)のストップウォッチがダッシュボードの中央コンポーネントに統合され、運転席と助手席は、他のポルシェGTSモデルと同様にセンタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートが標準装備されます。ヘッドレストにGTSロゴを冠したスポーツシートプラスは、2 wayの電動調節機能を備え、サイドサポートと快適性が強化されています。ステアリングホイールトリム、センターコンソール、およびアームレストなど、インテリアにはアルカンターラが多用されています。特にスポーツ志向のドライバーは、ポルシェ トラックプレシジョンアプリ(PTPA)によって、スマートフォン上でのドライビングデータの自動記録、表示、および分析が可能です。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ