プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

「Red Bull Air Race World Championship 2017」にて「Team FALKEN」の室屋選手がシリーズチャンピオン獲得

2017年10月16日

住友ゴム工業株式会社

「Red Bull Air Race World Championship 2017」にて
「Team FALKEN(チームファルケン)」の室屋義秀選手がシリーズチャンピオン獲得

 住友ゴム工業㈱(社長:池田育嗣)がFALKENブランドでサポート契約をしている、「Red Bull Air Race World Championship 2017」にアジア人で唯一参戦するマスタークラスのパイロット、室屋義秀選手(「Team FALKEN」)が、10月14日(土)~15日(日)にアメリカ・インディアナポリスにて開催されたシリーズ最終戦において今シーズン4勝目を飾り、アジア人初の快挙となるシリーズチャンピオンを獲得しました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710166846-O1-f48jKzP9
室屋義秀選手(「Team FALKEN」)

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710166846-O2-77yBrfa8
表彰式の様子

 前回大会(ドイツ・ラウジッツ)で優勝し総合順位で2位につけた室屋選手は、その勢いのまま最終戦となる第8戦に臨み、安定した高い精度とスピードのフライトを披露し2戦連続優勝を果たしました。今シーズン第2戦目(アメリカ・サンディエゴ)からFALKENモータースポーツカラーに一新された機体で参戦した室屋選手は、その第2戦、第3戦(日本・千葉)と2戦連続で優勝を飾り、自己最多となるシーズン合計4回の優勝を獲得し見事アジア人初のシリーズチャンピオンとなりました。
 当社は、鍛え抜かれた高い技術で世界を舞台に活躍している室屋選手と、最先端技術により開発された高性能タイヤでの新車装着やモータースポーツ活動などにより高い支持を獲得し全世界で展開しているFALKENブランドとのイメージが合致することで、2015年からサポート契約を締結しています。

■「Red Bull Air Race World Championship」
世界トップクラスのエアレースパイロットたちが高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用して、時速370kmに達するスピードと10Gに及ぶ重力加速度に耐えながら高さ25mの巨大な空気パイロンで構成された空間を飛行し、操縦スキル、正確性、速さを競うモータースポーツです。

■「Red Bull Air Race World Championship 2017」室屋選手戦績
第1戦 アブダビ(アラブ首長国連邦)      13位
第2戦 サンディエゴ(アメリカ合衆国)      1位
第3戦 千葉(日本)               1位
第4戦 ブタペスト(ハンガリー)         3位
第5戦 カザン(ロシア)            13位
第6戦 ポルト(ポルトガル)           6位
第7戦 ラウジッツ(ドイツ)           1位
第8戦 インディアナポリス(アメリカ合衆国)   1位

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

室屋義秀選手(「Team FALKEN」)
表彰式の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ