プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

味の素AGF株式会社

「珈琲♡和菓子アワード2017」受賞和菓子を決定!

2017/10/16

味の素AGF株式会社

「珈琲♡和菓子アワード2017」受賞和菓子を決定!
部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード
部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト

 味の素AGF株式会社(代表取締役社長:品田 英明)は、「珈琲♡和菓子プロジェクト」の一環として「珈琲♡和菓子アワード2017」を実施しておりましたが、このたび、《部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい 和菓子アワード》と《部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト》の受賞和菓子が決まりましたので結果発表を行います。「珈琲♡和菓子プロジェクト」は、日本の水に合う「JapaNeeds Coffee®」(ジャパニーズコーヒー)を目指したブランドAGF®「煎」が展開しています。

 《部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード》では、自薦・他薦によりエントリーされた和菓子115品を対象に、2017年8月1日(火)から8月31日(木)まで特設WEBサイト内で一般投票を行った結果、北海道・東北ブロック、関東・甲信越ブロック、中部・北陸ブロック、近畿・中国ブロック、四国・九州・沖縄ブロックの各ブロックで選ばれた上位5品、計25品を発表します。「和菓子が持つ歴史的背景やストーリーの魅力」「地域の文化や特産物などとの関係性」「コーヒーとの味覚的な相性」を基準とし、地元で愛されている群馬県藤岡市の「虎屋本店」の「鬼もなか」や福島県郡山市「柏屋」の「柏屋薄皮饅頭」をはじめ、現代ならではの進化した和菓子店「wagashi asobi」の「ドライフルーツの羊羹」など、多種多様な和菓子が選ばれました。

 《部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト》では、和菓子の製造や販売に携わる方175名によりエントリーされた、コーヒーを原材料として用いた新しい創作和菓子の中から、1次審査と審査員による実食審査を経て選ばれたグランプリ1品、大賞2品、金賞5品、優秀賞5品を発表します。グランプリには、株式会社虎屋の京増正巳(きょうますまさみ)さんによる和菓子「珈琲break」が選ばれました。

今後の「珈琲♡和菓子プロジェクト」の展開については「珈琲♡和菓子アワード2017」特設WEBサイトにて随時公開します。

▼「珈琲♡和菓子アワード2017」特設WEBサイト http://sen.agf.jp/award/

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O1-IEorKLDB

■部門1:みなさんが選ぶAGF®「煎」と一緒に食べたい和菓子アワード
コーヒーを楽しむ時間を豊かなものにしてくれる和菓子が、全国各地より自薦68品、他薦47品、計115品エントリーされました。この中から北海道・東北ブロック、関東・甲信越ブロック、中部・北陸ブロック、近畿・中国ブロック、四国・九州・沖縄ブロックの各ブロック上位5品、計25品が一般投票により選ばれました。

■受賞和菓子
北海道・東北ブロック
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O2-Rn32Sk75

関東・甲信越ブロック
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O3-q8FQ95q5

中部・北陸ブロック
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O4-X2tEODlQ

近畿・中国ブロック
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O5-Z5XKLv97

四国・九州・沖縄ブロック
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O6-LNnW1DNM

■部門2:コーヒーを用いた和菓子のコンテスト
和菓子の製造や販売に携わる方175名によりエントリーされた、コーヒーを原材料として用いた新しい創作和菓子の中から、レシピ選考による1次審査、審査員による実食審査を経て、グランプリ1品、大賞2品、金賞5品、優秀賞5品の計13品を決定しました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136827-O8-qPz12eid

和菓子コンテスト
近畿・中国ブロック
四国・九州・沖縄ブロック
珈琲♡和菓子アワード ロゴ
北海道・東北ブロック
関東・甲信越ブロック
中部・北陸ブロック
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ