プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本グリーンパックス株式会社

AIチャットボットを活用したごみの適切な分別方法を案内する無料ウェブサービスの実証実験を開始

2017年10月16日

日本グリーンパックス株式会社

AIチャットボットを活用したごみの適切な分別方法を案内する
無料ウェブサービスの実証実験を、2017年10月16日に開始
~過去最大規模となる、43の自治体で同時に提供開始~

 地方自治体の廃棄物処理事務をサポートする各種サービスの提供を行う日本グリーンパックス株式会社(本社:京都府長岡京市、代表取締役:山中利一)は、AIチャットボット(人工知能を使った自動会話プログラム)を活用したごみの適切な分別方法を案内する無料ウェブサービスの実証実験を、2017年10月16日に開始します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136801-O1-efhLVtg8

 この実証実験は、家庭ごみの適切な分別を案内するウェブ辞典を、地方自治体が無料で構築・公開できるサービス「ごみサク」のウェブサイト上で行われます。
 現在、43の自治体がこのサービスを利用してウェブサイトを構築・公開しており、新しいAIチャットボットはこれらすべてのサイトに実装されます。なお、同一企業が開発したAIチャットボットを40以上の自治体が提供するのは、過去最大規模となります。(2017年10月16日時点、日本グリーンパックス調べ)

■ 無料ごみ分別辞典サイト構築サービス 「ごみサク」

 「ごみサク」は、地方自治体の円滑で効率的なごみ収集をサポートすることを目指し、自治体が家庭ごみの適切な分別方法やリサイクルルールの情報を提供できるようにすることで、不適正排出を防ぎ、ごみの排出量を削減することを支援するサービスです。
 このサービスにより自治体は、適切なごみの出し方を品目毎に検索できるウェブサイトを、無料で構築・公開できます。構築に当たっては、専門知識や専用ソフトは不要で、自治体の担当者の方が簡単にごみ分別辞典サイトを構築し、公開できます。また、構築段階から運用維持まですべて無料でお使いいただけます。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136801-O2-hhPkz9TW

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136801-O3-k79lTBg0

「ごみサク」のサービス詳細にいては以下をご確認ください。【http://gomisuke.jp/gomisaku.html

■ AIチャットボットとは

 「チャットボット」とは、「チャット(会話)」と「ボット(ロボットの略)」を組み合わせた言葉で、AIによる自然言語処理を活用した、自動会話プログラムです。

・AIとは:
Artificial(=人工の) Intelligence(=知能)の略で、文字通り「人工知能」を指し、人間の脳が行っている知的な作業を模した、知的な情報処理をするシステム・機械やその技術であると定義されています。
・自然言語処理とは:
コンピューターに何らかの処理を命令するプログラミング言語とは異なり、人間同士が日常的に使っている自然発生的な言語(=自然言語)を使ってコンピューターに情報処理の指示を出す技術のことを言います。

 AIチャットボットは、大手物流会社や、イーコマース(ネット通販)などでもウェブサイトやスマートフォンを介して一般に提供されており、近年のAI開発の中でも急激に普及し始めている分野です。

■ 「ごみサク」AIチャットボットの特徴

 「ごみサク」に実装されるチャットボットは、自治体毎に異なるごみの出し方について、会話形式で回答してくれるウェブサービスです。捨てたいごみの一般名称を入力すると、それぞれのごみ分別辞典に則って回答を表示します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201710136801-O4-A6d09BJu

 例えば「布団を捨てたい」と入力すると、布団の種類を特定するためにAIが質問を返してきます。表示される候補の中から「こたつ掛け布団」を選ぶと、分類が「粗大ごみ」であることを回答し、処理の際にかかる費用や、粗大ごみ受付センターの電話番号もあわせて表示してくれます。
なお、入力が漢字でなく、ひらがなやカタカナであっても、捨てたい品目が「布団」であることを認識し、同様に会話を進めていきます。
 通常の分別辞典では、例えば「缶」といった大まかな種類を入力して検索した場合、素材の違いによる「アルミ缶」「スチール缶」などの候補や、「茶筒缶」「スプレー缶」「カセットボンベの缶」といった用途による候補など、一覧に表示される多くの候補を見ながら絞り込む必要があります。一方チャットボットでは、あいまいなワードで検索をした場合でも、AIが候補を絞り込んで提示してくれるため、捨てたいごみの種類の特定が容易になり、利便性が向上します。

 なおこのチャットボット機能は、「ごみサク」システムの拡張機能として実装されるため、「ごみサク」を使ってごみ分別辞典を構築・公開している自治体に無料で提供されます。また、市民も無料でこのチャットボット機能を利用することができます。

■ 今後の展開

 新たな取り組みとして、今後は他のコミュニケーションツールと連携してごみの出し方をお知らせするサービスの開発・提供を検討しています。また、ごみの出し方に関わらず、地方自治体の業務を改善し、より効率的にするためにAIを活用していく考えです。

<日本グリーンパックス株式会社について>
 1969年の会社設立から、各地の自治体に対して家庭ごみの収集や処理に関する新しい商品や仕組みの提案を行ってきました。独自の商品・サービスを通して、自然と調和し、人に優しく、環境と共生する循環型社会の実現を目指し、現在は、官公庁事業(一般廃棄物に関わる官公庁施策のトータルサポート)、エコビジネス事業(環境関連設備・資材の販売)、ライフスタイル事業(人と環境に優しい家庭用品の企画開発・販売)の3つの柱で事業を展開しています。(日本グリーンパックス株式会社ウェブサイト:http://www.greenpacks.co.jp/

■この件に関するお問い合わせ および 画像データ等のご用命
日本グリーンパックス株式会社
東京支社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26 浜町京都ビル3階
Tel 03-3663-8745 / Fax 03-3639-8744
担当:上山(かみやま)
e-mail: info@greenpacks.co.jp

【掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。】
【当リリースに掲載されているチャットボット画面はイメージであり、実際のシステム画面とは異なりますので、あらかじめご了承ください。】

「ごみサク」チャットボットのアイコン
チャットボットの使用イメージ
ごみサク
ごみ分別辞典(サンプル)
AIチャットボット画面(イメージ)
チャットボットの会話画面(イメージ)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ