プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人千葉学園千葉商科大学

千葉商科大学人間社会学部生が商品開発に協力!!千葉県山武市ふるさと納税特典「山武和牛(100%)ソーセージ」

2017年10月10日

千葉商科大学

千葉商科大学人間社会学部生が商品開発に協力!!
千葉県山武市ふるさと納税特典「山武和牛(100%)ソーセージ」

千葉商科大学(学長:原科幸彦)人間社会学部(学部長:朝比奈剛)の、勅使河原隆行准教授のゼミナールが商品開発に協力した「山武和牛(100%)ソーセージ」が、千葉県山武市の「ふるさとさんむ応援寄附金」(ふるさと納税)の特典に採用されました。

◆ポイント
・人間社会学部は2016年度から山武市をフィールドとした活動をスタートしている。同市の田んぼアートなどさまざまな地域交流・活性化のイベント、市民活動への参画を通じて、地域課題の理解とその解決方法を実践的に学ぶとともに、東日本大震災による同市への避難者支援を行ってきた。
・「山武和牛」は黒毛和牛の一種。生産者の小林将男氏は、震災により福島県飯舘村から同村のブランド牛「飯舘牛」142頭とともに山武市に避難し、その血統を引き継ぐ「山武和牛」の育成に取り組んでいる。勅使河原ゼミでは、避難者支援の一環として、「山武和牛」の認知を広げるために「山武和牛デビューイベント」の開催や、山武市内外のイベントへの出店などPR活動を続けている。
・今回の商品開発は小林氏の提案から企画され、勅使河原ゼミが味、パッケージデザイン等の検討に関わり、2016年秋から約半年をかけて完成。パッケージには、人間社会学部3年内藤冴香(ないとうさやか)さんによる、山武市の特産品「山武杉」の組子細工を取り入れたデザインが採用された。なお、商品開発は継続し、今後は山武和牛ハンバーグの販売(12月頃)を予定。
・勅使河原ゼミは、これまでに被災地の食材を使って開発した「復興支援丼」「サバサンド」、震災後の福島県で暮らすママたちと共同開発したコーヒー「CUCブレンド」の販売などによる復興支援にも取り組んできた。一連の活動は、学生たちが被災地や被災者・避難者の環境、心の変化に応じた支援、風化の防止について考える機会となっている。

◆「ふるさとさんむ応援寄附金」特典内容
【内容】「山武和牛(100%)ソーセージ」4袋入り (1袋:25g×5本) ※300セット限定
【対象】寄附金1万円以上2万円未満
※「山武和牛(100%)ソーセージ」は、フードショップいちはら(千葉県山武郡横芝光町木戸1337-2)で取り扱っています。

「山武和牛(100%)ソーセージ」4袋入り
「山武和牛(100%)ソーセージ」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ