プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

北陸銀行が富士ゼロックス提供の事務集中基盤で営業店後方事務効率化を低コストで実現、11月本格運用開始

2017年10月10日

富士ゼロックス株式会社
株式会社北陸銀行

北陸銀行が富士ゼロックス提供の事務集中基盤で
営業店後方事務の効率化を低コストで実現、11月本格運用開始
ー既存の複合機を活用したシステムで新規投資を抑制しつつ、
営業店の多種少量事務を事務センターで集中処理し効率化ー

株式会社北陸銀行(本店:富山県富山市、代表取締役頭取:庵  栄伸)は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗原 博)が提供する事務集中基盤「イメージ送達・点検システム」により、営業店で発生する30種の後方事務に関連する書類を事務センターに送達し電子点検する低コストの仕組みを10月より順次展開、11月に本格運用を開始します。多種多様な紙文書を扱う業務を、複合機という既存インフラを活用した効率化事例は、地域金融機関で初めてです。これにより、営業店の事務を削減し、お客様対応時間を拡大することでサービス品質の向上を実現しつつ、ローコストオペレーションを目指します。

地域金融機関は、金融緩和の厳しい環境のなかで事務の生産性向上によるコスト削減に取り組んでいます。ICT(情報通信技術)活用はその有効な手段ですが、これまで金融機関向けに提供されてきた専用業務システムは、機能が充実している一方で開発・メンテナンスコストが高いため、営業店の後方事務で特に時間がかかる少量で多種の業務への活用は、投資対効果の観点からためらわれていました。また、営業店で発生する諸届書類などをイメージリーダーで電子化し事務センターで集中処理する取り組みも広く行われていますが、事務センターでは、再びプリントして紙で点検して次工程に送付するなど、全体の事務工数は思うように削減できていません。

富士ゼロックスが提供する「イメージ送達・点検システム」は、営業店で発生する各種業務書類を担当の事務センターにタイムリーに送達し、文書イメージのままPC画面で点検できる事務集中基盤です。営業店などに設置された既存の複合機(他メーカー機種も含む)を活用し、多種多様な文書を同じ基盤で処理できるため、導入コストが抑制できます。また、事務センターで行う点検作業では、電子化された文書にマーカーや付箋でコメントをつけるなど、紙点検と同様の作業を画面上で行うことができ、受入・点検・不備・検証・保管など一連の業務フローを紙の再出力なしで完結できます。さらに、日次の業務進捗や各種事務の軌跡が管理できるため、不備の発生状況・対応状況の見える化を低コストで行うことが可能となり、営業店と事務センターの業務効率化を実現できます。

北陸銀行は、富士ゼロックスが提供する同システムを諸届業務と保険業務で試行してきましたが、11月より対象業務を決算書の登録(財務サポート)・営業店後方事務依頼など30種類に拡大して本格展開します。
また富士ゼロックスは、本システムを「金融事務プロセス電子化ソリューション」として商品化しており、幅広い金融機関に事務効率化に貢献してまいります。

金融事務プロセス電子化ソリューションの詳細はこちら:
http://www.fujixerox.co.jp/solution/menu/sol031/

■富士ゼロックスについて

富士ゼロックスは富士フイルムホールディングスのグループ企業で、富士フイルムホールディングスが75%、ゼロックス・リミテッドが25%の株式を保有し、デジタル複合機をはじめとしたオフィス機器、パブリッシング・システム、ドキュメント・マネジメント・ソフトウェアや関連ソリューション/サービスを、日本および中国を含めたアジア・パシフィック地域で生産・販売しています。また、当社が生産したデジタル複合機やプリンターは米国ゼロックスやOEM先を通じて、全世界に提供されています。1962年に設立、社員数は連結で約47,000人、80以上の国内外関連会社/販売会社を有しています。
http://www.fujixerox.co.jp/ 

■北陸銀行について

北陸銀行は、加賀前田家から出資を受け、明治10年8月に設立された金沢第十二国立銀行を起点としており、加賀藩祖「前田利家」ゆかりの銀行として、今年創業140周年を迎えました。
創業以来、地域のお客さまとともに歩み続け、北陸・北海道・三大都市にまたがる広域店舗網を有する銀行へと成長してきました。
平成16年9月には、北海道銀行と経営統合を行い、株式会社ほくほくフィナンシャルグループの一員として、「地域共栄」・「公正堅実」・「進取創造」という経営理念のもと、経営資源を最大限に活用し、総合金融サービスの質を一層高め、地域に「親しまれ、頼りにされる銀行」を目指しております。
<平成29年3月末現在>
  預金(譲渡性預金含む) 6兆2,433億円
  貸出金         4兆4,676億円
  自己資本比率(単体)      8.74%
  店舗数等(29/6月末) 国内187、海外6
http://www.hokugin.co.jp/ 
北陸銀行は、株式会社ほくほくフィナンシャルグループ(コード番号:8377)の100%子会社です。

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ