プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ミューニックリー オートメーションソリューションズ

MRASがアジアパシフィックの年次ユーザーカンファレンスをシンガポールのセントーサ島で開催

2017年10月4日

ミューニックリー オートメーションソリューションズ

MRASがユーザーカンファレンスを開催

ミュンヘン再保険会社傘下のミューニックリーオートメーションソリューションズ(以下「MRAS」)は、年次で開催しているユーザーカンファレンスを、9月13日と14日の2日間、シンガポール セントーサ島のSOFITELホテルで開催し、盛況のうちに終了した。2016年は同社の30周年を記念して、本社のあるダブリン(アイルランド)で世界中のユーザー企業を対象に通常より大規模なカンファレンスを開催したが、今年はリージョン別に開催。日本からも生命保険会社3社からご参加いただき、カンファレンスの参加者は、合計70人となった。
MRASの担当者から、現在取り組んでいるミレニアル世代への対応プロジェクトの紹介として、ソーシャルネットワークやウェエアラブル端末からのデータを引受査定に活用する計画について説明があり、近々、パイロットプロジェクトを行う予定であることを紹介。さらに、ミュンヘン再保険南アフリカの担当者からは、現在マーケットで注目を集めているプレディクティブ査定について、海外の実例を交えて説明があった。また、お客様事例として、英国のVitality様、豪州のTAL様、マレーシアのAllianz様から、MRASの自動査定エンジンや、同社のデータ分析ツールによる新契約業務の革新に向けた取り組みや今後の展望について、それぞれユニークな視点からの講演があり、他の保険会社から参加した出席者にも大変参考となる内容となった。日本の生命保険会社からも、現在の自動査定の取り組みや課題、今後の展望についてご講演いただき、他の参加者から多くの興味が寄せられた。
2018年は、再度世界規模のユーザーカンファレンスを予定しており、開催地については、お客様のご要望を汲んで選定される予定。

ミューニックリー オートメーションソリューションズLtd
[本社:アイルランド ダブリン、CEO ロス メイン]

1987年の設立以来、世界各国の主要な生命保険会社に自動引受査定エンジン(AIS)や、新契約に係るデータ分析・レポーティング・ツール等の自動引受査定に係わるソリューションを提供している、業界をリードするソフトウェア・プロバイダーです。引受査定プロセスを自動化することで、生命保険会社の売り上げ向上、顧客獲得コストの削減に貢献しています。2007年にミュンヘン再保険グループの傘下となり、2008年に100%子会社として日本法人ミューニックリー オートメーションソリューションズ株式会社を設立しました。 

カンファレンス風景
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ