プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社福多デジタルフォト

vivipri、国際写真サロンの新設2部門に技術協力 U30部門とインバウンド向け &TOKYO部門

2017年10月4日

株式会社福多デジタルフォト

vivipri、第78回国際写真サロンの新設2部門に技術協力
U30《30歳以下》部門とインバウンド向け「&TOKYO部門」

 株式会社福多デジタルフォト(本社:福岡県福岡市博多区/代表取締役 佐野 貞昭、
以下:福多DP)は運営するネットプリントサービス「vivipri(ビビプリ)」にて全日本
写真連盟が主催する本年で78回目を迎える日本で最も歴史のある写真コンテストである
「国際写真サロン」において新設された2部門「U30《30歳以下》部門」と「&TOKYO
(アンドトーキョー)部門」における審査用写真プリントの技術提供を行うことをお知
らせ致します。
「U30《30歳以下》部門」はウェブ応募限定の30歳以下の若きフォトグラファーのため
の部門であり。応募料は無料、写真の加工は自由で、意欲的でチャレンジングな写真を
公募しております。
「&TOKYO部門」は東京都が進める旅行地としての東京の魅力の発信等を行う「東京ブ
ランド推進プロジェクト」の一環です。「東京に行ってみたい!」と国内外の旅行者が
感じる東京の魅力、東京ブランド、東京独自などの5つの価値を表現した写真作品を対象
に公募しております。
各部門ともに現在、応募受付中で10月31日(火)が応募締め切りとなります。展覧会は
全国各地を巡回展示し、朝日新聞東京本社で表彰式が開催予定です。

<技術協力の背景>
昨今、インターネットとスマートフォンの普及により写真展でもウェブ応募が広がりを
見せておりますが、それにより写真プリント後の紙焼き写真を写真展主催者側に送付する
という従来の枠組での審査が難しくなっております。そのため、主催者側で審査用写真を
撮影者のイメージに近い高画質の写真プリントを行い審査しております。
今回は「全日本写真展」に引き続いての技術協力となります。当社は写真業界の発展に
寄与するため、自社オリジナル開発「vivipix」で培った写真データに限りなく近い写真
プリント技術で引き続き写真展における技術協力を行います。

<国際写真サロンとは>
朝日新聞社と全日本写真連盟が主催する写真コンテスト。国際写真サロンは1927年に
始まった、世界でも有数の歴史を持つ写真コンテストです。

URL:http://www.photo-asahi.com/contest/2/452/entry/
主催:全日本写真連盟、朝日新聞社主催
協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
応募期間:8月1日(火)~10月31日(火)必着
展覧会:全国各地を巡回展示
表彰式:朝日新聞東京本社で開催

審査委員
審査委員長 田沼武能(全日本写真連盟会長、写真家)
安珠(写真家)
熊切圭介(日本写真家協会会長、写真家)
佐藤時啓(東京芸術大学美術学部教授、写真家)
白鳥真太郎(日本広告写真家協会会長、写真家)
朝日新聞社、全日本写真連盟関係者

[応募部門]
審査委員特別賞   6点(国内3点 海外3点) キヤノン製カメラ メダル
入選        114点(国内42点 海外72点) メダル
[国内U30(30歳以下)部門]
最優秀賞 1点  キヤノン製カメラ メダル
入選   10点  メダル
●応募はウェブからデータをアップロードしていただきます。
プリントは受け付けません。応募料無料。
違う作品であればプリント部門と同時応募可能です。

[応募規定]プロ・アマチュア問わず、どなたでも応募できます。

<第78回国際写真サロン&TOKYO部門とは>
URL:http://tokyo-brand.mitte-x.phj.jp/contest-entrance.html?id=186347&cn=1
●部門の概要
○「東京に行ってみたい!」と国内外の旅行者が感じる東京の魅力、
東京ブランド、東京独自などの5つの価値を表現した写真作品を対象に
公募します
○応募料は無料、ウェブ応募となります。スマートフォンやタブレット
端末で撮影した写真作品も対象とします
○本事業は、東京都と連携し、東京の魅力の発信等を行う「東京ブランド
推進プロジェクト」の一環です
●賞
・&TOKYO賞(最優秀賞)賞金50万円
・&TOKYO UNIQUE賞、&TOKYO EXCELLENT賞、&TOKYO EXCITING賞、&TOKYO DELIGHT賞、&TOKYO COMFORT賞(順不同)賞金各5万円
*優秀賞(賞金1万円)を若干数
●応募期間
・2017年9月11日(月)~10月31日(火)
●審査委員
・田沼武能(全日本写真連盟会長、写真家)
・淺井愼平(写真家)
・安珠(写真家)
●作品テーマとなる東京ブランドと東京の5つの価値について
【東京ブランドとは】
東京には、伝統と革新が共存しています。文化、建築物など伝統が
しっかり継承されながら、かつ、東京のライフスタイルは、常に変化、
革新し続けています。日本文化を基盤に多様な表情をもつ東京は、
訪れる度に発見をもたらし、旅行者の多種多様なニーズに応えられる
世界有数の観光都市です。その東京の顔を撮影してください。
【5つのテーマ】
UNIQUE<ユニーク>独自の伝統と先端の文化が共存し集積する東京
EXCELLENT<卓越>すべてが革新的で洗練されたクオリティを持つ東京
EXCITING<ワクワクする>常に変化し続けダイナミックで活力ある東京
DELIGHT<喜ばせる>おもてなしの心や親切、誠実さに溢れている東京
COMFORT<快適>あらゆるものが安心・正確・便利で快適に過ごせる東京
上記以外の表情でも構いません。あなたの感じる「東京」を撮影して応募してください。
●主催 全日本写真連盟、朝日新聞社、共催 東京都、公益財団法人東京観光財団
【応募資格】国籍を問わず、どなたでも応募できます
【作品について】
・応募者本人が撮影し、著作権を有するオリジナル作品とします。
・合成・加工・変形した作品の応募も可能です。
・同一作品でなければ国際写真サロンの一般部門との同時応募は可能です。
ただし&TOKYO部門は未発表の作品に限ります。
SNS、個人のブログ等で発表された作品は応募できます。
・カラーまたはモノクロプリントの単写真(組写真不可)。
・一人5点まで応募できます。
・データのサイズは1点10MB以下
・作品データは返却いたしません。

<全日本写真連盟とは>http://www.photo-asahi.com/
全日本写真連盟(全日写連)は、1926年(大正15年)に創設された
写真愛好家の団体で、朝日新聞社が後援する全国的な組織です。
会員は全国で約14,000人。初心者からベテランまで、写真が好きな人
たちの集まりです。写真教室や撮影会をはじめ写真コンテストやゼミナール
などの地域活動から、国際写真サロン、全日本写真展、日本の自然写真コン
テストなど、全国的、国際的な行事まで多彩な催しがあります。

■vivipri(ビビプリ)とは
福多DPが運営する、ネットプリントサービス。50万人の会員を擁し、
スマートフォンアプリやWEBサイトから「写真プリント」を中心として
「フォトブック」など写真関連サービスを展開しております。

【スマートフォンアプリ詳細】
           ア プ リ 名: vivipri
 対 応 O S: iOS 8.0 以降、Android 4.0.3 以上
[iOS]https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%93%E3%83%93%E3%83%97%E3%83%AA%E5%86%99%E7%9C%9F/id1218195001?mt=8
[Android]https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.vivipri.app&hl=ja
価 格: 無料
【パソコン向けサービス詳細】
URL:https://www.vivipri.co.jp/
〔ブラウザ注文〕対応OS:windows、MAC
対応ブラウザ:chrome推奨
〔写真注文用パソコン向けアプリ『e-写便』〕対応OS:windows
■vivipixとは
福多DPが独自開発した画像変換処理技術です。画素数によって
高速処理のコンピュータがレーザー光の強度を自動的にコントール
できる最先端技術であり、この技術によりデジタルイメージから
最高品質の写真を生み出すことができます。
■株式会社福多デジタルフォトについて
 「世界に二つとない美しさを。」をポリシーとして掲げ、
ネットプリントサービス「vivipri」を運営しております。
2007年創業で本年10周年を迎え、創業地の九州・福岡と東京・五反田に
拠点を構え、自社ラボにて高品質な写真を生産しております。
福岡本社:〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3番11号KDX博多南ビル6階
東京支社:〒141-0031 東京都品川区西五反田8-4-15 グリンデル広小路ビル7階

全日本写真連盟ロゴ
国際写真サロン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ