プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トレンダーズ株式会社

東北新社と業務提携 コンテンツ企画・制作を起点としたデジタルマーケティングを展開

2017年10月2日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ、東北新社と業務提携
コンテンツ企画・制作を起点としたデジタルマーケティングを展開

「MarTech Company」としてマーケティング×テクノロジーを軸とした事業展開を進めるトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、株式会社東北新社(所在地:東京都港区、代表:植村徹、東証ジャスダック上場:証券コード2329)とコンテンツマーケティング領域における業務提携をいたしました。

◆デジタル領域におけるコンテンツファーストなマーケティングを実現
企業におけるデジタルマーケティングニーズが多様化する中、動画やWEB企画・イベントといったコンテンツを起点とすることで、ターゲットユーザーの共感を呼びWEBメディアやSNSでの情報拡散を生む、デジタルコンテンツマーケティングへの注目が高まっています。このような背景を踏まえトレンダーズは、コンテンツ企画・制作に強みを持つ東北新社と業務提携することで、クオリティの高い各種コンテンツ(※1)に当社が強みとするPRやSNS施策によるデジタル拡散のスキームを組み合わせ、コンテンツファーストなデジタルマーケティングを実現してまいります。

※1 東北新社が制作するコンテンツは以下の通りです。
・短尺動画コンテンツ:TVCMやWEB動画に代表される15秒~120秒程度の動画コンテンツ。
・長尺動画コンテンツ:ドキュメンタリーやバラエティー等の30分~60分の番組コンテンツ。
・イベントコンテンツ:SNS映えする空間演出をはじめ、来場者に特別な体験を提供するイベントコンテンツ。
・WEBコンテンツ:ジェネレーター等、話題性の高い参加型企画を中心としたWEBコンテンツ。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708224831-O2-qm72x1pn

■株式会社東北新社について
総合映像プロダクションとして、CM制作やプロモーション関連業務を行う「広告プロダクション」、TV番組や映画等の制作・編集を行う「コンテンツプロダクション」、映像・コンテンツ・キャラクター等の様々な権利を取り扱う「プロパティ」、放送に関する各種業務やチャンネル運営を行う「メディア」の4事業を柱とし、その他に物販事業も行うなど多角的な事業展開を行っています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ