プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社マリモ

秋葉原駅 徒歩3分にカプセルホテル第1号店を誘致。

2017年10月2日

株式会社マリモ

収益不動産プロデュース事業
秋葉原駅より徒歩3分にカプセルホテル第1号店を誘致。
2017年10月17日(火)オープン

株式会社マリモ(本社:広島市西区、代表取締役 社長執行役員:深川 真、以下「マリモ」)は、東京都千代田区外神田4丁目にて取得した収益不動産用地にカプセルホテルを建設し、株式会社バグース(以下「バグース」)のカプセルホテル1号店GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~(グランジット アキハバラ ~コンフォート カプセル ホテル~)を誘致いたしました。このたび同カプセルホテルのオープン日が2017年10月17日(火)に決定いたしましたので、ご報告いたします。
本物件は、弊社の秋葉原エリアにおける最初の収益不動産開発案件となります。また、誘致いたしましたカプセルホテルは、アミューズメント開発を手がけるバグースが、洗練された空間演出と装置産業へのノウハウを生かして同業態に進出した第1号案件であり、多くの有名プロジェクトに携わっている株式会社グラマラスが内装を手掛ける、新たなコンセプトを擁したワンランク上のカプセルホテルとなります。なお、本物件の開発を手がけた弊社 投資マネジメント事業部は、開発後もPM(プロパティマネジメント)業務を通じて本物件をサポートいたします。
既に当社は京都、広島など、インバウンド需要が高いエリアでホテル開発を進めており、今後もオペレーター各社と協力して同様の展開を加速していく予定です。また、秋葉原エリアにおきましても、引き続き収益不動産の開発を進めてまいります。

●投資マネジメント事業部について
投資マネジメント事業部は2014年より本格稼動し、地域密着型で東京都心部の商業店舗ビルに集中して投資、開発を行ってまいりました。2016年3月には、商業店舗特化型私募ファンド「合同会社MM Retail One」を組成。弊社の従来からの強みである「デベロッパーとしての不動産企画、開発ノウハウ」を活かしつつ、より多様な取得スキーム、資金調達手段、運用体制を構築しております。今後も、業態の多角化を図りつつ、収益不動産のバリューアップを通じて地域全体の魅力アップに貢献し、地域の皆様ならびに国内外の各種投資家様のニーズにお応えしてまいります。

【カプセルホテル コンセプト】
「GLANSIT」は、快適な設備のもとで優雅に自然を満喫できる贅沢なキャンプ「グランピング」と、目的地に行く途中で立ち寄ること、中継することの意味である「トランジット」を掛け合わせた造語です。
「GLANSIT AKIHABARA」は多様な目的を持つゲストの都市活動の拠点として、また安らぎある癒しの空間として   新たなホテルの価値を提案いたします。

【カプセルホテル概要】
■名称:GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL
(~グランジット アキハバラ~コンフォートカプセルホテル~)
■開店日:グランドオープン  2017年10月17日(火)
■業態:カプセルホテル
■所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田4-4-6
■最寄り駅:秋葉原駅(JR各線、東京メトロ日比谷線、
つくばエクスプレス線)
■構造・規模:鉄骨造地上10階、地下1階
■定休日:無休
■総床数:128床
■延べ床面積:1098.45㎡
■構成:B1階/大浴場・ラウンジ(男性)、1階/フロント、
2階~9階/客室・ロッカールーム、
10階/大浴場・ラウンジ(女性)     
■公式サイト:  http://glansit.jp
■施工:株式会社池田建設
■ホテル運営会社:株式会社バグース
■事業主・開発・PM受託:株式会社マリモ

【株式会社マリモ概要】
事業内容:分譲住宅の企画・開発・設計・監理・販売業務・不動産流動化事業・海外マンション分譲事業
設立年月:1970年9月1日
資本金:1億円
代表者:代表取締役 社長執行役員 深川 真
投資運用対象:商業施設、賃貸住宅、オフィス、ホテル、海外不動産等
ライセンス:一級建築士事務所 広島県知事15(1)第3489号
宅地建物取引業 国土交通大臣(4)第6032号
コーポレートサイト:http://www.marimo-ai.co.jp/
収益不動産プロデュース事業 実績:http://www.marimo-ai.co.jp/results/profit/

以 上

エントランス 完成予想図
外観 完成予想図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ