プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

プラグインハイブリッドを搭載した 最もパワフルなスポーツツーリスモ

プラグインハイブリッドを搭載した
最もパワフルなスポーツツーリスモ

最高出力680PSと純粋な電気駆動による
49kmの航続距離を備えた新しいスポーツツーリスモが登場

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)はパワフルなプラグインハイブリッドモデルをパナメーラ スポーツツーリスモに追加します。新たなフラッグシップモデルとなるニューパナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモは4リッターV8エンジンとエレクトリックモーターを兼ね備え、システム最高出力500kW/680PSを発生します。850N・mの最大トルクはアイドリング時の回転数を少し超えた時点から発生します。0-100km/h加速タイムは3.4秒をマークし、最高速度は310km/hに達します。しかも平均燃料消費量(新欧州ドライビングサイクル、NEDC)は3.0リッター/100kmです。この最もパワフルなスポーツツーリスモは、エレクトリックモーターのみの走行(ゼロ・ローカルエミッション)で最大49kmの航続距離を誇ります。パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモをこのセグメントの中で際立たせているのは、性能と効率性のバランスだけではありません。大型のテールゲート、低いローディングエッジ、拡張したラゲッジコンパートメント容量、そして4+1シート構成を含む空間コンセプトによって、この新しいフラグシップモデルの実用性が高い水準にあることを示します。ポルシェは、ユニークなデザインや優れた実用性を、最高の性能および効率性と結び付けます。

3.4秒の0-100km/h加速タイムと3.0リッターの燃料消費量
ポルシェは、パナメーラ スポーツサルーンのフラッグシップモデルと同様に、スポーツツーリスモによってハイブリッドテクノロジーの高いポテンシャルを証明します。パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモに使用されているブーストプログラムは、ポルシェのスーパースポーツカーであるポルシェ918から受け継いだものです。V8ツインターボ(404kW/550PS)とエレクトリックモーター(100kW/136PS)は、1,400rpmから850N・mのシステム最大トルクを発生します。ハイブリッドモジュールに統合されたデカプラーは、エレクトリッククラッチアクチュエーターを介して電気機械的に作動します。その結果、短いレスポンスタイムと高い快適性を実現しています。高速でシフトする8速ポルシェ ドッペルクップルング(PDK)は、標準装備されるアダプティブ4WDシステムのポルシェ トラクション マネジメントシステム(PTM)にパワーを伝えます。E-パフォーマンスドライブによって0-100km/h加速タイムは3.4秒をマークし、さらに静止状態から200 km/hまでをわずか8.5秒で加速、最高速度は310km/hに達します。この高い水準にもかかわらず、プラグインハイブリッドモデルは非常に効率的で、新欧州ドライビングサイクルによる燃料消費量は3.0リッター/100km、電力消費量は17.6kWh/100kmです。パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモは、エレクトリックシステムのみの走行で最大49kmの航続距離を実現し、最高速度は140km/hに達します。容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーは、チャージャーと電源に応じて2.4-6時間で充電できます。

ユニークなデザイン、アダプティブ ルーフスポイラー、および4+1シートコンセプト
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモは、第2世代パナメーラの全てのイノベーションを提供します。ここには、デジタル化されたポルシェ アドバンストコックピット、あるいはアダプティブクルーズコントロールを含むオプションのリアアクスルステアリングなどの革新的なアシスタンスシステムが含まれます。さらに、このセグメントでは珍しい、走行条件と選択した車両設定に応じて3つの角度に切り替わるルーフスポイラーもこうしたイノベーションに加わります。このルーフスポイラーはリアアクスルに最大50kgのダウンフォースを加えます。走行速度が170km/h以下のときは、ポルシェアクティブ エアロダイナミクス(PAA)の中心コンポーネントであるダイナミックガイドエレメントが-7度の格納ポジションに維持され、ルーフラインに沿って後方に傾斜します。速度が170km/hを超えるとルーフスポイラーは自動的に+1度のパフォーマンスポジションにセットされ、走行安定性と横方向のダイナミクスを高めます。スポーツ/スポーツプラスモードを選択して90km/hを超えるとルーフスポイラーは自動的にパフォーマンスポジションに移動します。90km/h以上のときにパノラミックスライディングルーフを開くと、PAAのアクティブなアシスタンスによってルーフスポイラーが+26度の角度に調節され、乱気流を低減します。

コンセプトについても、このトップエンドモデルは、斬新なデザインから生じるあらゆるメリットをニュースポーツツーリスモモデルへ提供します。スポーツサルーンに比べて高くなったルーフラインによって後席の乗降が容易になり、ヘッドルームも増大しています。標準装備で電動となるワイドな開口部のテールゲートと、わずか628mmのローディングエッジがラゲッジコパートメントの使いやすさに寄与します。また、パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモは3席のリアシートを装備します。最高の乗員快適性を備えたスポーツ性能というモデルラインの要求に合わせて、リアシートには両サイドが分かれた2+1シート構成が採用されています。さらにオプションで独立した2席の電動リアシートをオーダーすることもできます。パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモの収納スペースは、リアシートの上端まで積み込むと425リッターにもなります。3つのリアシートのバックレストを全てまたは個別(40:20:40分割)にラゲッジコンパートメントから電動でロック解除して格納することもできます。このとき収納スペースは1,295リッターまで拡張されます。

セラミックブレーキを含む広範な標準装備
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモの広範な標準装備には、例えば、ポルシェ トルク ベクトリング プラス(PTV Plus)リアディファレンシャルロックを含むロール安定化システムのポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム・スポーツ(PDCCスポーツ)、高性能ブレーキシステムのポルシェ セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)、911ターボデザインの21インチ軽合金製ホイール、パワーステアリング プラス、スポーツクロノパッケージ、および補助エアコンが含まれます。最高出力324kW(440PS)以上を発生するパナメーラ 4Sスポーツツーリスモより上位のモデルと同様に、新しいトップエンドモデルもポルシェ アクティブ サスペンション マネジメントシステム(PASM)を組み込んだアダプティブ3チャンバーエアサスペンションを装備し、高水準のドライビングダイナミクスと走行快適性の間の領域を広げます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ