プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ホクト株式会社

ホクトプレミアム第二弾!『本しめじ』数量限定で発売開始!

2017年9月29日

ホクト株式会社

ホクトプレミアム第二弾!『本しめじ』
数量限定で発売開始!

 ホクト株式会社(本社:長野県、代表取締役社長:水野雅義、以下ホクト)は、ホクトプレミアムの新商品『本しめじ』を通信販売で発売いたします。
『香り松茸、味しめじ』のことわざにもある、きのこの中でも有数の強い旨味と香りを持つことで知られている希少な高級きのこ、『本しめじ』をきのこづくりのプロが一株、一株、丁寧に育てました。香りの高さや濃厚な味わい、きのこそのものが持つ迫力を、皆様にお届けいたします。

■本しめじとは
 「香り松茸、味しめじ」のことわざにもあるように、きのこの中でも有数の強い旨味と香りを持つことで知られている希少で高級なきのこです。ホクトの「本しめじ」は、溢れる旨味が豊富に含まれています。
旨味成分であるグア二ル酸・グルタミン酸を多く含み、その旨味が料理をより深みのあるものに仕上げてくれるのと共に、その旨味を上手に使っていただくことで減塩効果も期待できます。
味わいに舌鼓を打ち、皆さまの健康のお手伝いにも生かして頂ける、まさに松茸も焦る秀逸なきのこです。

【商品概要】
名称:本しめじ/内容量:200g/産地:長野県/価格:1,080円(送料別)
※一株 本しめじ(350g)は近日発売予定です。

【販売サイト】
<ホクトOnline Shop> http://www.hokto-onlineshop.jp/SHOP/honshimeji200.html

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709276208-O1-sPDDAU74

■生産者の想い
 「香り松茸、味しめじ」とも称されるほど、深い味わいと食感を併せ持つ「本しめじ」をぜひ皆さまにも味わっていただきたいという思いを込め、ホクトプレミアムシリーズ「本しめじ」の生産に携わっております。
「本しめじ」は雑菌にとても弱く、衛生管理には最新の注意が必要で、栽培時間や工程、手間も多くかかるため、栽培するのがとても難しいきのこです。
しかし、お客様にはホクトの「本しめじ」の醍醐味をぜひ体感していただきたいので、数量限定出荷ではありますが、作り手として納得のいく商品をお届けしたいと思っております。

■ホクトプレミアムとは
 “美味しさ”へのこだわりと、徹底した品質管理から生まれたのが「ホクトプレミアム」。これまでのきのことは一線を画す味わいと、料理の主役に慣れる存在感を持つ、新しいプレミアムなきのことしてご好評をいただいております。
現在ホクトプレミアム第1弾として『霜降りひらたけ』が発売中です。

■会社概要
 ホクト株式会社では、年間を通じて新鮮でおいしいきのこをみなさんにお届けできるように、全国19拠点、31センター(平成29年9月現在)にてきのこ生産を行っております。 高度な栽培技術と管理体制のもとで、エリンギ、マイタケ、ブナシメジ、ブナピー、霜降りひらたけ(※)の5品目の生産・販売を行っております。また、より良いきのこをみなさんにお届けするために、「きのこ総合研究所」では日々研究開発に取り組んでおります。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709276208-O2-3ZO5ZYh6
※ ブナピー、霜降りひらたけはホクト(株)の登録商標です。

ホクト(株)商品
本しめじ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ