プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

「ザ・タワーズフロンティア札幌」概要決定

2017/09/28

大和ハウス工業株式会社 
住友不動産株式会社
株式会社大京

■札幌「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」高層ツインタワー分譲マンション
「ザ・タワーズフロンティア札幌」概要決定

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野直竹)、住友不動産株式会社(本社:東京都新宿区、社長:仁島浩順)、株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)は現在、3社共同(※1)で開発・販売する「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」地内の高層ツインタワー分譲マンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」を建設中ですが、その概要が決定し2017年11月下旬より販売を開始する予定ですので、お知らせします。
 なお、2017年9月30日より、「サッポロファクトリー」近隣に「ザ・タワーズフロンティア札幌」マンションギャラリーをオープン(※2)させ、お客さまのご案内を開始します。

 今回開発する「ザ・タワーズフロンティア札幌」は、JR「札幌駅」から1km圏内に位置しています。当マンションを含む「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」は34,000㎡超の敷地に、住宅、商業施設、医療、福祉施設、広場などを整備するほか、体育館やエネルギー供給施設などを集結させた大規模複合再開発事業です。
 また、当マンションは、21階建の高層ツインタワーを計画しており、「サッポロファクトリー」や中央体育館とも空中歩廊で直結させた利便性の高い物件です。
※1.大和ハウス工業株式会社・住友不動産株式会社・株式会社大京の3社による共同開発としては初めての案件です。
※2.予約制

●ポイント
1.「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」の大規模複合再開発
2.大型商業施設「サッポロファクトリー」と直結する生活利便性を備えた立地
3.総戸数275戸、21階建の高層ツインタワー分譲マンション

1.「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」の大規模複合再開発
 「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」は、敷地が住宅・商業複合地区「にぎわい・居住ゾーン」、公共公益地区「スポーツ・エネルギーゾーン」、医療・商業複合地区「医療・福祉ゾーン」の3つに区分された事業です。全体としてまとまりある建築物の形状・配置にするとともに、オープンスペースの確保など周辺の景観にも配慮した計画となっています。
 本物件は、当事業の「にぎわい・居住ゾーン」に、地上21階建、総戸数275戸の高層ツインタワー分譲マンションとして建設し、1階には商業施設が入居する予定です。

2.大型商業施設「サッポロファクトリー」に直結する生活利便性を備えた立地
 「ザ・タワーズフロンティア札幌」は、JR「札幌駅」から東に約1km、北海道庁の赤れんが庁舎から伸びる北3条通沿いに位置します。
 本物件は、季節や天候の影響を受けずに歩行できる空中歩廊で、「サッポロファクトリー」に直結する予定です(※3)。「サッポロファクトリー」(徒歩1分)内には、生活利便施設としてスーパーや飲食店をはじめ、服飾品の他、映画館やペットショップ、クリニックモールなど約160のショップがあります。また、本物件が位置する「創成川イースト地区」は、リノベーションした建物の中にカフェなどの商業施設が増加しており、中心街ならではのにぎわいを身近に感じることができます。
 また「永山記念公園」(徒歩2分)、「創成川公園」(徒歩10分)、「札幌市北3条広場『アカプラ』」(徒歩14分)など豊かな自然環境も隣接する中、本物件では地区計画による広場、緑道、緑地も整備予定です。
※3.空中歩廊からサッポロファクトリーに通じる出入り口については、サッポロファクトリーの営業時間に準じる予定です。

●主な公共機関・生活利便施設
<交通機関>
 地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」 徒歩10分(約740m)
 地下鉄東西線「バスセンター前駅」 徒歩8分(約600m)
 JR「札幌駅」 徒歩14分(約1,120m)
<生活利便施設>
 サッポロファクトリー 徒歩1分(約80m)
 JRタワースクエア 徒歩13分(約1,010m)
<公共施設>
 中央体育館 徒歩1分(約10m)
 永山記念公園 徒歩2分(約110m)
 創成川公園 徒歩10分(約790m)
 札幌市北3条広場「アカプラ」 徒歩14分(約1,070m)
<教育機関>
 カトリック聖園こどもの家 徒歩4分(約300m)
 札幌市立中央小学校 徒歩8分(約620m)
 札幌中央中学校 徒歩4分(約320m)

3.総戸数275戸、21階建の高層ツインタワー分譲マンション
 札幌市の人口は年々増加し、特に「創成川イースト地区」の人口増加率は札幌市内トップクラス(※4)となっています。
 そこでこのたび3社では、札幌市中央区では初(※5)の高層ツインタワーとなる21階建、総戸数275戸の分譲マンションを開発します。間取りは、幅広いお客さまにご満足いただけるよう、専有面積57.48㎡(2LDK)~116.90㎡(4LDK)の計40プランを用意しました。
 また、コンシェルジュサービスやゲストルームを用意したほか、24時間利用可能なゴミステーションを各階に設置、来客用駐車場を確保するなど共用施設も充実させました。
※4.国勢調査をもとに有限会社インフォメーションシステムキャビン調べ
※5.有限会社インフォメーションシステムキャビン調べ(2017年4月29日現在)

【建物の概要】
物件名称:「ザ・タワーズフロンティア札幌」
所在地:北海道札幌市中央区北3条東5丁目357、364
交通:地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」 徒歩10分、地下鉄東西線「バスセンター前駅」 徒歩8分。JR「札幌駅」 徒歩14分
敷地面積:7,667.98㎡
建築面積:2,348.32㎡
延床面積:31,089.92㎡
構造・階数:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 地上21階地下1階建
事業主:北4東6周辺地区第一種市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業株式会社、住友不動産株式会社、株式会社大京
設計・監理:フジタ・北海道日建設計設計共同体、株式会社フジタ札幌支店一級建築士事務所
施工:フジタ・岩田地崎建設・田中組 特定建設工事共同企業体
着工:2017年4月3日
竣工:2019年7月下旬予定
入居開始日:2019年10月下旬予定
総戸数:275戸 (一般分譲対象外住戸2戸含む)別途管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、集会室1戸、店舗1区画
専有面積:57.48㎡(2LDK)~116.90㎡(4LDK)
販売価格:2,000万円台~10,000万円台 ※1,000万円単位(予定)
お客さまお問い合わせ先:「ザ・タワーズフロンティア札幌」マンションギャラリー TEL:0120-046-276 ※見学は予約制(営業時間10:00~18:00火曜・水曜日定休日:祝日除く)

■大和ハウス工業について
 1955年4月5日、「建築の工業化」を企業理念に創業。以来、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、事業施設(物流施設、医療・介護施設等)、環境エネルギーなど幅広い領域で事業を展開しています。北海道内では、1982年から分譲マンションの供給を開始し、これまで119物件・9,044戸の実績があります。(JV物件含む、比率換算。)

■住友不動産について
 東京をはじめ全国の超高層マンション「シティタワーシリーズ」で積み上げてきた実績と先進のクオリティ。住友不動産のマンションは時を経ても色褪せない価値であるために、美しいだけでなく、強度と耐久性を持ち合わせ、さらに人と環境への優しい配慮を考えた住まい創りに取り組んでいます。

■大京について
 半世紀にわたり、全国主要都市において37万戸超の「ライオンズマンション」などを提供してきました。北海道内では、231物件・11,112戸の実績があります。(JV物件含む、比率換算。)
 現在は、マンション開発にとどまらず、建物の維持管理をはじめ、中古売買、賃貸管理、リフォーム、再開発・建て替え事業等を展開し、グループ一体のワンストップ・サービス体制でお客さまのライフサイクルをサポートする企業グループを形成しています。

【外観パース】
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ