プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

グローバル電子株式会社

表面実装ヒューズ USN 1206の販売開始 [温度感受性が高い]

2017年9月26日

グローバル電子株式会社
SCHURTER AG
【共同発表】

SCHURTER 温度感受性の高い表面実装ヒューズ USN 1206の販売開始

周囲温度に応じて溶断特性がシフト

SCHURTER AG (シュルター : スイス ルツェルン SCHURTER Group CEO, Ralph Muellur │ http:// www.schurter.com )は、この度、「表面実装ヒューズ USN 1206」をリリースしました。SCHURTERの正規代理店であるグローバル電子株式会社(東京都新宿区 代表取締役会長 松田 樹一│http://www.gec-tokyo.co.jp )は、同シリーズの国内販売を開始いたします。【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709215954-O1-5MTZTZuK

近年、多くの機能を単一のモジュール内の限られたスペースに統合する傾向にあるため、パワーエレクトロニクスの実装密度が高まり、基板の堅牢性及び耐熱性の向上が重要になってきています。この多機能モジュールは過電流から保護されなければなりませんが、電力密度の増加は熱問題も伴うため、過熱によるリスクを避けるためのアプローチも必要です。

表面実装ヒューズ USN 1206はMOSFET等のパワー半導体用のSMD温度保護デバイスとして開発されています。同時に過電流に対する保護機能も備えています。周囲温度に応じて溶断特性がシフトするため、温度上昇に伴って一定の閾値で遮断することができます。【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709215954-O2-HgU88gM5

同製品は純粋な温度ヒューズでは無く、溶断するためには電流フローが必要なため、IEC 60068-2-58に従ってリフロー実装が可能です。ATEX/IECExによる防爆用途にも適しています。

USN 1206は、振動や機械的強度等の面で厳しい条件が求められる、高信頼性を必要とする製品に適した設計となっています。ヒューズの製造及び認証は、顧客の要求に基づいて、周囲温度に応じた溶断特性が求められます。そのため、温度に敏感なプロセスが発生する場合や、特定の性能が求められる場合など、パワー半導体を用いるほぼ全てのアプリケーションで使用することが可能です。

グローバル電子は、SCHURTERとの密接な協力体制のもと、お客様にお役に立てる製品とサポートをご提供してまいります。

■グローバル電子株式会社について
グローバル電子は、多岐に亘る最先端の電子部品を世界から調達し、かつ、自社でも、中国を含む工場で電子部品を製造し、顧客企業様に高い付加価値でのソリューションを提案・提供できる電子機器総合企業です。特にアナログ技術においては他社の追随を許さないレベルを目指します。
設立 1978年7月 本社所在地 東京都新宿区 http://www.gec-tokyo.co.jp

■SCHURTER (シュルター)について
SCHURTERはコネクタ電源入力モジュール、フィルター、ヒューズ、EMC、回路保護部品などのリーディングカンパニーです。SCHURTERは、部品部門、入力システム部門、電子製造サービス部門という三つの部門があり、クライアント専用の製品とサービスにより安心でクリーンな電力供給、より使いやすい設備に取り組んでいます。これらの特長をもって、メインマーケット(IT/通信、医療、航空、再生可能エネルギー)に高度な製品をご提供し続けています。品質、環境、安全管理システムにおける数多くの認証(ISO9001、ISO 14001、OHSAS 18001を含む)を取得。また、先進的なプロセス(シックス・シグマ)をもっており、クライアントのあらゆるニーズを満たすことができます。SCHURTERは一本化した品質管理システムで優れたサービスを提供しています。
設立 1933年 本社所在地 スイス ルツェルン http://www.schurter.com

国内お問い合わせ先
【製品のお問い合わせ】
グローバル電子株式会社 機構事業部
TEL 03-3260-1417
お問い合わせフォーム https://www.gec-tokyo.co.jp/ZZa

【プレスリリースに関するお問い合わせ(報道機関)】
グローバル電子株式会社 経営企画室 Marcom部
担当者 マレ ホルヘ/野本 花枝
TEL 03-3260-1412

USN 1602
Time-Current-Curves
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ