プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ヴォーカーズ

地方の働きがい企業ランキング

2017年9月26日

株式会社ヴォーカーズ

Vorkers「働きがい研究所」調査レポートvol.41

< 社員クチコミでわかる会社のリアル >
地方の働きがい企業ランキング

東名阪以外に本社をおく地方企業にスポットを当て、
安心企業と挑戦企業でランキング!
https://vorkers.com/hatarakigai/vol_41

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」(https://www.vorkers.com/)を運営する株式会社ヴォーカーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井 慎二郎)は、「地方の働きがい企業ランキング」を発表しました。

政府は地方創生を掲げ、「まち・ひと・しごと創生本部」を設置。2017年は「ローカル・アベノミクスの一層の推進」として地域資源を活用した仕事づくりなど、地方の「平均所得の向上」を目指しています。また、東京一極集中の是正として地方への企業本社移転の促進や、政府関係機関の地方移転、中央省庁のサテライトオフィスの検討など、政府一体となって地方活性化に力を入れています。

今回の調査レポートでは、大手企業が集中する東名阪及びその周辺以外の地方に本社をおく企業にスポットを当て、長く勤める上で重要視される指標(「待遇の満足度」「人材の長期育成」「平均残業時間」「有休消化率」)の合計スコアによる「安心できる企業ランキング」と、若手の成長や社内の雰囲気を測る指標(「風通しの良さ」「20代成長環境」「チームワーク」「社員の士気」)の合計スコアによる「挑戦できる企業ランキング」を作成しました。働き方別にみる地方企業ランキングにはどのような特徴があるのか?Vorkersに投稿されたクチコミから見ていきます。

【サマリー】
・「安心できる企業ランキング」
 1位は第四銀行(新潟)、2位は九州電力(福岡)、3位は聖隷福祉事業団(静岡)

・「挑戦できる企業ランキング」
 1位はアイ・ケイ・ケイ(福岡)、2位は聖隷福祉事業団(静岡)、3位は平成建設(静岡)

・「安心できる企業ランキング」ではトップ20社中9社が地方銀行、3社が電力会社という結果に

・両方のランキングにランクインした企業は聖隷福祉事業団(静岡)と岩田屋三越(福岡)

※詳細はランキング画像、働きがい研究所サイトと併せてご確認ください。
https://www.vorkers.com/hatarakigai/vol_41
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709266094-O1-8xUf1aE2 】【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709266094-O2-29JsccM4


■地方の働きがい企業ランキング ~安心できる企業編~
1 株式会社第四銀行(新潟県)   15.00
2 九州電力株式会社(福岡県)   14.83
3 社会福祉法人聖隷福祉事業団(静岡県) 14.66
4 株式会社鹿児島銀行(鹿児島県) 14.60
5 中国電力株式会社(広島県)   14.57
6 株式会社北越銀行(新潟県)   14.48
7 株式会社アレフ(北海道)    14.44
8 北海道電力株式会社(北海道)  14.26
9 浜松ホトニクス株式会社(静岡県)14.11
9 日本トランスオーシャン航空株式会社(沖縄県) 14.11
11 株式会社北國銀行(石川県)  13.77
12 株式会社七十七銀行(宮城県) 13.75
13 TOTO株式会社(福岡県)    13.70
14 株式会社百五銀行(三重県)  13.67
15 株式会社岩田屋三越(福岡県) 13.65
16 マツダ株式会社(広島県)   13.61
17 株式会社足利銀行(茨城県)  13.59
17 株式会社キャタラー(静岡県) 13.59
19 株式会社八十二銀行(長野県) 13.57
20 株式会社東邦銀行(福島県)  13.56

■半数以上が地銀と電力会社!「地域貢献」と「安定」を求めて
安心できる企業ランキングでは、トップ20社中9社が地銀、3社が電力会社と、いわゆる「地域の安定企業」が多くランクインしました。クチコミを見ても、入社理由として地域への貢献や安定を挙げる声が多く、ワークライフバランスにおいても有休をしっかり取らせる社風の企業が多く見られました。とはいえ、決して「ぬるま湯」ではなく、ノルマ達成や定時退社のためにメリハリをもって業務に取り組み、休日も資格試験の勉強やイベントへの参加などプライベートと仕事を完全に切り分けられないという声も多く見られました。

「入社を決めた理由:地元に貢献しているイメージがあり、待遇も他と比べてよかったから。銀行の取り扱う業務が増えてきているため、お客様の役に立つ仕事も多い。逆に言えば常に自己啓発は必要。年々ノルマに対する意識が高くなっており、モチベーションがない人間にはツラいかもしれない。(営業、男性、第四銀行)」

「有給取得は上司からしっかり取得するよう管理されており、取得率は全体でほぼ100%に近い。残業もサービス残業は絶対にありえず、残業時間も削減方針のためワークライフバランスは良好と言えるが、かといって仕事の量は年々増える一方であり、効率良くこなさなければいけない。(営業、男性、第四銀行)」

「入社を決めた理由:地元に戻ってきて、地元企業で働きたいというのが一番の理由。鹿児島で働きたい、貢献したいという目的ではこの会社は適していると思う。福利厚生も県内ではトップクラスだと思う。時間管理には厳しいが、時間内の労働は激務であることは覚悟しておく。(総合職、男性、鹿児島銀行)」

「バランス調整しやすいと感じるが、受け身の姿勢では得られない。権利を行使するには、まず義務として自分の業務で成果をあげることが重要と感じる。(技術職、男性、北海道電力)」

「近年では定時退社を推進しており残業はほとんどなく、午後5:30~6:00頃には退社できる。その代わり、業務時間内に仕事を必ず終える必要がある。情報管理の都合上、仕事の持ち帰りもできないため、効率的に仕事を進める必要がある。(営業、男性、北國銀行)」

「どの銀行でもそうではあるが、資格等自ら学ばねばならないことが多く、プライベートを犠牲にしても勉学に時間を割くことが多かった。カレンダー通りに休みはもらえるものの、他の業界よりも自己啓発に努めねばならないだろう。(法人営業、男性、七十七銀行)」

「私の支店では遅くとも20時〜21時には全員退行しているため、平日の夜もプライベートの時間は結構取れます。しかし飲み会やボランティア、社内の球技大会などが数多くあるため、土日を会社の用事で潰されることも頻繁にあります。特に若手は強制参加となるため、最初の数年は大変だと思います。(営業、男性、八十二銀行)」

「金融庁の指導のため、残業は厳しく制限されているため、比較的早い時間に変えることは可能。しかし、仕事量が多すぎるため融資・渉外は昼休みを取ることが難しい状況。また、休日も組合活動・試験勉強・取引先のイベント参加などもあるため、休日もつぶれることが多く、ワークライフバランスはあまり良くないと思われる。(融資、男性、東邦銀行)」


■地方の働きがい企業ランキング ~挑戦できる企業編~
1 アイ・ケイ・ケイ株式会社(福岡県)  16.20
2 社会福祉法人聖隷福祉事業団(静岡県) 15.00
3 株式会社平成建設(静岡県)      14.78
4 株式会社ビーシー・イングス(広島県)  14.71
5 株式会社ジャパネットコミュニケーションズ(福岡県) 14.28
6 株式会社アールエフ(長野県)     14.22
7 株式会社サンエー(沖縄県)      14.15
8 株式会社四国銀行(高知県)      14.10
9 株式会社ほくやく・竹山ホールディングス(北海道) 14.01
10 日本電気硝子株式会社(滋賀県)   13.83
11 株式会社岩田屋三越(福岡県)    13.80
12 株式会社サンマーク(福岡県)    13.73
12 株式会社バウハウス丸栄(岐阜県)  13.73
14 三浦工業株式会社(愛媛県)     13.54
15 EIZO株式会社(石川県)        13.53
15 株式会社イズミ(広島県)      13.53
17 三谷商事株式会社(福井県)     13.44
18 株式会社穴吹工務店(香川県)    13.40
19 英進館株式会社(福岡県)      13.38
20 アイリスオーヤマ株式会社(宮城県) 13.37

■個性派企業がランクイン。若手から任され「挑戦」できる環境
挑戦できる企業ランキングには、様々な業界の企業がランクインしました。クチコミを見ていくと、若いうちから仕事を任されたりと、主体的に業務に取り組む姿勢を評価する風土を持つ企業が多くランクインしています。2位の聖隷福祉事業団は、静岡県に本社を置き、病院経営をはじめとした医療・保健・福祉・介護サービス事業を多角的に展開する社会福祉法人で、「安心できる企業ランキング」でも3位にランクインをしており、待遇面や人材育成が整った環境でチャレンジできる風土が伺えます。

「やる気、想いがあれば、少し背伸びしてでも役職・チャンスを与えてもらえるので、かなりキャリアアップはできました。(営業部、女性、アイ・ケイ・ケイ)」

「初期研修医であっても、自由裁量の範囲が広い。上級医の指導も充実しており、チャレンジングである。(初期臨床研修医、男性、聖隷福祉事業団)」

「人間関係はフラットで風通しも良い。そのためわからないことや気になったことも聞きやすく、さらなる成長意欲に繋がる。(大工、男性、平成建設)」

「教育制度は整ってるというより、自分で考え実行する力が新卒から求められる。整っていないとも言えるが、自らを高める意識のある人は一気に伸びる。(教室管理、男性、ビーシー・イングス)」

「自分でどうしたら物事が良くなるか?どうしたらうまく進める事ができるか?を考えて業務を進め、結果が出ない場合でもプロセスを評価してくれるため、自分で物事を良くするための成果とプロセスにこだわる仕事の進め方は今後のキャリア開発でも役立つと感じます。また、その成功を横展開したり、他の課題にチャレンジする事で更に成長できたと思います。(受注、男性、ジャパネットコミュニケーションズ)」

「若いうちに、なんにでもチャレンジさせてくれる環境はあると感じる。しかし、せざるをえない状況と言うのが本当のところ。早いうちに責任のある仕事を任されるので、キャリアアップには繋がると思う。(販売員、女性、サンエー)」

「キャリアアップ、スキルアップの為の試験が多数存在し、役職も細分化されている。性別、年齢、学歴関係なくキャリアアップの可能性はあると感じた。(販売、女性、岩田屋三越)」

「企業の代表取締役や執行役員クラスから職人さんまで本当に幅広い人と関われたことは財産だと感じる。物件担当として、一貫型で進捗出来る為、達成感は小さな物件でもあり、ひとつ終わるごとに成長を感じることが出来た。作図・営業・発注・現場監理・積算を経験出来たので幅広い知識はその後の企業でも役に立つと思う。(営業設計、男性、バウハウス丸栄)」

「実践の中で成長を期待される。しかし、資格手当など非常に充実しており、日々勉強と向き合うことを強く意識させられる。最近では留学組も多く、負けてはいられない、簿記にTOEICと、職場でもよく話題になる、そしてライバルを意識して成長するそんな環境がこの会社にはある。(営業、男性、三谷商事)」


■データの収集方法
「Vorkers」の会社評価レポートへの回答を通じてデータを収集しています。
会社評価レポートの回答条件は下記の通りです。
・社員として1年以上在籍した企業の情報であること
・500文字以上の自由記述項目と、8つの評価項目に回答いただくこと
・月間残業時間(実数)、有休消化率(実数)についても収集

■対象データ(集計期間:2015年1月~2017年8月)
Vorkersに投稿された、東名阪及び周辺(東京都、大阪府、愛知県、神奈川県、埼玉県、千葉県、兵庫県、京都府)以外に本社所在地がある企業840社の会社評価レポートを対象データとしています。残業時間と有休消化率はそれぞれ5点満点化し集計しています。

【Vorkers働きがい研究所について】
株式会社ヴォーカーズが、働きがいの向上のために、個人・企業・社会などの視点から働きがいについて調査・リサーチを行うためのプロジェクトです。2014年3月よりスタートしました。

【Vorkersについて】
「Vorkers」では、就職・転職の参考情報として、職場環境に対する社員・元社員の評価点やレポートを共有しています。企業の社員・元社員から情報を収集しているWEBサイトとしては、国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(430万件超)が蓄積されており、会員数は約175万人(2017年9月時点)となっています。経営者や人事部のフィルターにかかっていない「社員の生の声」を共有することで、企業の実情をオープンにし、就職・転職活動をサポートしたいと考えています。また、ジョブマーケットの透明性を高めることで、「社員を大切にする企業の方が大切にしない企業よりも評価され、誠実なCEOが誠実に会社を経営しやすい雇用環境となること」を目指しています。

〔Vorkersの由来〕
“Voice of Workers”(働く人たちの声)という意味と、“Workers”の“W”を“V”に置き換え、働く人の「自立」という意味が込められています。

【株式会社ヴォーカーズ 会社概要】
商   号:株式会社ヴォーカーズ
代 表 者:代表取締役 増井 慎二郎
本店所在地:東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル11F
設立年月日:2007年6月
事業内容:就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」(http://www.vorkers.com/)の企画運営
資本金:2000万円

【本件に関するお問合せ先】
担当:恵川、隈元  
Email:press@vorkers.com

地方の働きがい企業ランキング 挑戦できる企業編
地方の働きがい企業ランキング 安心できる企業編
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ