プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エイブル株式会社

美しくて気品のあるミラーサイネージV1スタンドタイプ新発売のお知らせ

9/21

エイブル株式会社

美しくて気品のあるミラーサイネージV1スタンドタイプ新発売のお知らせ
ータッチセンサーを標準装備とし高輝度モニターを採用ー

エイブル株式会社(東京都練馬区、代表取締役:榎原明義)は、10月1日よりタッチセンサーを標準装備とし高輝度モニターを採用した美しくて気品のあるミラーサイネージV1スタンドタイプをを新発売します。

下記の展示会に出品しますので是非ご覧ください。
名称 江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017 
http://www.cgc-tokyo.or.jp/assistinfo/fair/index.html 
日時 平成29年9月28日(木) 10:00~17:00
会場 東京国際フォーラム ホールE ブース番号:G36

弊社のミラーサイネージは、美しさと安全性をとことん追求しました。
ミラー効果を持ちながら光と電波を透過する特性を持ち、TVモニター(映像)との融合ならびにタッチセンサーを始めとする各種センサー技術の組み込みを可能とした特殊ガラスを採用したものです。

ホテル、オフィス、店舗、マンションなどの店頭やエントランスを企画されている方々に朗報です。
高級感が漂う写真をご覧ください。

弊社は、2004年5月創業で調光ガラス、和紙合わせガラス、ミラーTV等特殊ガラス製品を数多く開発してきています。

・世界的にも例のない光学ミラー処理、更に超薄型硝子4㎜曲げ加工をしており、特殊化学強化処理、裏面飛散防止機能フイルムにより安全で強靭な構造となっています。

・外観デザイン:より自然で美しい曲面ミラー 横からでもコンテンツが確認できます
・什器外寸:金属製・黒塗装 W970×H2050×D350mm 本体+床置安定板(別途)
・ミラー本体外寸:W800×H1760×D150mm
・大型映像部に静電容量のタッチセンサーフィルム装備(マルチタイプ)
  コンテンツの目次等をタッチすることにより、コンテンツの選択が可能となります。
・Wifi環境が必要になります
・高輝度32インチモニター採用 明るさ 2000cd STB 
・配信設定:アニメーションパターン設定、スライド秒数設定
・スケジュール設定:開始、終了日時
・上部電光表示器(LED)
   注目度抜群の文字情報で企業メッセージやニュース配信可能
  (別途通信社との契約が必要です)
    緊急速報、企業メッセージ、通信社のニュース
・特製小型PC、TV会議用カメラ(ネット回線接続すればTV電話、TV会議が可能です)

オプション
・人感センサー
  人が近づくとミラーとなり、離れるとコンテンツ表示とすることができます。
・視線検出センサー
  見ている商品に応じてコンテンツを表示することができます。
・顔認識カメラ 
・音声翻訳、文字表示などアプリに応じて可能です
・スピーカー&マイク(bluetooth)対応が可能です
・小型TVを下部にマルチ画面表示も可能です

■国内販売は株式会社協同コムを予定

発売予定日:2017年10月1日

パートナー企業募集中です。

詳しくは、以下のURLをご覧ください。
https://www.mirado.jp/ミラーサイネージ/  https://goo.gl/exb3cG

表示器を実装したミラーサイネージV1スタンドタイプ
ミラーサイネージV1スタンドタイプ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ