プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品 Arcus Biosciences社とオプション契約を締結

2017年9月20日

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品 Arcus Biosciences社とオプション契約を締結
同社のパイプラインをアジア (中国除く) で独占的開発・
販売契約の優先権を取得ー新たな がん免疫療法の展開を目指す

大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は9月19日 (火) 付で、革新的ながん免疫療法の創薬・開発に注力している米国のArcus Biosciences社 (以下、「Arcus社」)とオプション契約を締結したことをお知らせいたします。

大鵬薬品はこのオプション契約を締結することにより、Arcus社のパイプラインを日本およびアジア各国 (中国除く) で開発および販売するライセンスを取得するための優先的な権利を得ることになり、その対価として総額3,500万米ドルを支払います。また、大鵬薬品が権利を行使した際には、臨床試験や承認申請、販売などの各段階目標達成時に化合物や抗体ごとに一時金を支払うとともに、発売後は純売上高に応じて販売ロイヤリティを支払う予定です。

大鵬薬品は、今後も患者さんや医療関係者へ革新的な新薬をお届けできるよう努めてまいります。

Arcus社について
Arcus社は、革新的ながん免疫療法の創薬・開発に注力している米国のバイオベンチャーです。Arcus社はFlexus Biosciences社の共同創立者であるTerry Rosen氏とJuan Jaen氏により2015年に設立されました。Flexus Biosciences社は2015年の2月に当時前臨床段階にあったIDO阻害剤 (現開発コード:BMS-986205) をブリストル・マイヤーズスクイブ社に売却しています。Arcus社は、治験実施申請可能段階にある3つの製品候補化合物 (A2A受容体、CD73、TIGIT) を含む、重要ながん免疫療法の経路をターゲットにした複数のプログラムの開発を進めています。Arcus社には、医薬化学、免疫学、生化学、薬理学、構造生物学の各分野において深い専門性を有する社員が70名以上在籍しています。今日までに、The Column Group、Foresite Capital社、GV社 (旧Google Ventures)、Invus社、Novartis社、Celgene社、Taiho Ventures社、スタンフォード大学、DROIA社などから総額1億2,000万米ドルの出資を得ています。同社は米国カリフォルニア州ヘイワードにあり、研究所と事務所を合わせて42,000平方フィート以上の敷地面積を有しています。その他の情報は同社のホームページ (www.arcusbio.com) をご参照ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ