プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」 Vol.28

2017年9月18日

大分県豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」 Vol.28
大分県豊後高田市がメインロケ地となった
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が9月23日ロードショー

大分県豊後高田市がリリースする「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.28です。
豊後高田市の魅力満載情報を全力でお届けします。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【Contents】
  ■映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が9月23日ロードショー
  ■全力発展中な豊後高田市
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が9月23日ロードショー
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O1-9JDFT8UE

 今年2月に豊後高田市内各所で撮影が行われた映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(配給:株式会社KADOKAWA/松竹株式会社)が、いよいよ9月23日(土)から、全国の約340館で公開されます。
 現在、映画公式サイト等で公開されている予告編動画にも、豊後高田市内の風景が随所に登場しています。また、同じく公開されている主題歌「REBORN」のミュージックビデオ(セリver.)では、豊後高田市の夕陽の絶景スポット「真玉海岸」が舞台となり、劇中に登場するセリ(門脇麦)が歌い踊っています。

■映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」公式サイト
http://namiya-movie.jp/

①映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編
  https://youtu.be/h55vZl91dTM
【動画: https://youtu.be/h55vZl91dTM

②映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編(手紙編)
  https://youtu.be/WB5-s-mJKPw
【動画: https://youtu.be/WB5-s-mJKPw

③「REBORN」(セリver.)
  https://youtu.be/GMUiipgOPVY
【動画: https://youtu.be/GMUiipgOPVY

<市ホームページでロケ地を紹介>
 豊後高田市のホームページでは、山田涼介さんなどの出演者が訪れたロケ地を紹介しています。豊後高田市を代表する観光スポットの数々で撮影が行われており、ロケ地巡りと併せて観光も楽しめます。

 ■ナミヤ雑貨店の奇蹟 豊後高田市ロケ地一覧
 http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_03856.html

■ロケ地になった観光スポット
①豊後高田昭和の町
 昭和30年代の懐かしい商店街の街並みが、今なお残る「豊後高田昭和の町」。
各商店は、"一店一宝"として、その店の歴史を物語る昭和のお宝を展示し、また、"一店一品"として、そのお店自慢の昭和の商品を販売しています。
 懐かしい"ボンネットバス"も運行中です。
 https://www.showanomachi.com/special/syowa.html
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O2-9iU78955

②昭和ロマン蔵、レストラン旬彩南蔵
 明治から昭和にかけて大分県きっての豪商であった野村家の倉庫(昭和10年頃の建築)を改造し、"昭和の町"のランドマーク(中核施設)となった「昭和ロマン蔵」。ここはオート三輪車「ミゼット」をはじめとする自動車、木製の机やチョークで描く黒板のある教室、当時花形であった電化製品など、なつかしい昭和が満載で再現されている「昭和のテーマパーク」です。
 また、豊後高田市内で3か所目となるチームラボの常設展「チームラボギャラリー昭和の町」では、書いた絵が動き出す体験型のデジタルアート作品「お絵かき草地おどり」を展示。懐かしい中にも最新のテクノロジーを体験できます。
 https://www.showanomachi.com/②昭和ロマン蔵、レストラン旬彩南蔵
 明治から昭和にかけて大分県きっての豪商であった野村家の倉庫(昭和10年頃の建築)を改造し、"昭和の町"のランドマーク(中核施設)となった「昭和ロマン蔵」。ここはオート三輪車「ミゼット」をはじめとする自動車、木製の机やチョークで描く黒板のある教室、当時花形であった電化製品など、なつかしい昭和が満載で再現されている「昭和のテーマパーク」です。
 また、豊後高田市内で3か所目となるチームラボの常設展「チームラボギャラリー昭和の町」では、書いた絵が動き出す体験型のデジタルアート作品「お絵かき草地おどり」を展示。懐かしい中にも最新のテクノロジーを体験できます。
 https://www.showanomachi.com/special/roman.html
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O3-AzbFajvS
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O4-De23BF81

③真玉海岸
 「日本の夕陽百選」に選ばれた夕陽の絶景スポットです。
 干潮時刻と日没時刻が重なる日に現れる、水面に映し出される夕陽と干潟に現れる縞模様のコントラストは、幻想的でロマンティックと評判です。
  https://www.showanomachi.com/spots/detail/167
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O5-gHoyq360

④チームラボギャラリー真玉海岸
 最新テクノロジーを駆使したデジタルアート作品で注目を集める「チームラボ」。そのチームラボの作品「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる-Kunisaki Peninsula」を常設展示しています。
豊後高田市に咲く花々をモチーフに、自然と人間の関係性、季節の移ろいなどを五感で感じることができます。
 https://www.showanomachi.com/spots/detail/179
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O6-99cT5Uh5
 ※前述の「チームラボギャラリー昭和の町」のほか、豊後高田市役所高田庁舎エントランスにも、チームラボのデジタルアート「四季千年神田図‐田染荘」を常設しています。市内3か所の常設展巡りをお楽しみいただけます。
  https://www.showanomachi.com/spots/detail/222

⑤粟嶋公園・粟嶋社
 粟嶋公園は、縁結びを象徴するモニュメント「結(ゆい)」が目印。柔らかな曲線が交差する形は「愛が結ばれてゆく姿」を、また「∞」の形にも見えることから、「永遠の愛」を表しています。また、公園奥の海が見渡せる展望所には、ハート型南京錠「愛鍵」を掛けて愛を誓うモニュメント「縁(えにし)」があり、恋愛成就スポットして人気を集めています。
 隣接する粟嶋社は、女性の願いをひとつは叶えてくれる神社として知られ、縁結びの神様として良縁や恋愛成就を願う参拝者が多く訪れています。海に突き出た岩窟に社殿を構えたロケーションも全国でも珍しい神社です。
https://www.showanomachi.com/spots/detail/161
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O7-70aEnvui
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O8-RrJoD0h0

■全力発展中な豊後高田市
 豊後高田市は、平成27年3月31日に新市誕生10周年を迎え、新たなブランドコンセプトとして「全力発展中 豊後高田市」を掲げ、ブランドマークを制定しました。
 このブランドマークは、まちが全力で挑んでいく「熱気や情熱」を表現しています。
 豊後高田市は、市民一人ひとりが何事にも「全力」で取り組み、「夢をかたちに 未来に光り続けるまち」の実現に向けて全力で発展し続けます。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709185798-O9-7D11Vu0g

粟嶋社
全力発展中ブランドマーク
チームラボギャラリー昭和の町
真玉海岸の夕陽
チームラボギャラリー真玉海岸
粟嶋公園
ナミヤ雑貨店の奇蹟
豊後高田昭和の町
昭和ロマン蔵

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ