プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

BioJapan / 再生医療JAPAN

バイオテクノロジーに関する最新技術が集結!アジア最大級のバイオイベント開催

2017年9月15日

BioJapan / 再生医療JAPAN 事務局

バイオテクノロジーに関する最新技術が集結!アジア最大級のバイオイベントBioJapan / 再生医療JAPAN 2017開催

来る2017年10月11日(水)~13日(金)の3日間、パシフィコ横浜においてBioJapan 2017 / 再生医療JAPAN 2017を開催します。
次回19回目の開催となるBioJapanは、展示会・パートナリング・セミナーから構成されるアジア最大級のパートナリングイベントです。大手製薬企業を始め、国内外よりバイオ関連企業、研究機関・大学が一堂に会し、共同研究や事業提携先の探索を行います。昨年は29ヶ国・地域より886社・団体が参加、会期中は参加者間で7,228件の商談が行われました。
また、同時開催の再生医療の展示会「再生医療JAPAN」は今回が2回目の開催。再生医療業界への参入、ネットワーク構築を狙う企業・団体が多数参加します。

BioJapanにて新ゾーン始動!「デジタル」、「ヘルスケア」、「スマートセルインダストリー」
BioJapanは今年、大きなターニングポイントを迎えます。今回は近年のバイオ業界で期待が高まっている新技術との融合にフォーカス。BioJapan会場内にバイオテクノロジーの未来を切り拓く三つの新技術ゾーン「デジタル」、「ヘルスケア」、「スマートセルインダストリー」を設置します。医療・医薬から自己健康管理やアグリに至るまで、新しい分野にチャレンジする出展者にぜひご注目ください。

デジタルゾーン:AI 、IoT、ビッグデータ、創薬IT等
遠隔診療や介護分野だけでなく、創薬分野においても、スーパーコンピューターを利用したヒット化合物の探索や最適化など、デジタル技術の応用が期待されています。

ヘルスケアゾーン:自己健康管理、介護、機能性食品、未病など
健康の維持や増進は各国における社会的課題となっており、異業種間での連携も盛んに行われています。新規ビジネスやマーケットの拡大が最も期待される分野です。

スマートセルインダストリーゾーン:バイオ素材、バイオ燃料、医薬生産など
生物細胞の解析と機能デザインを行う技術が、難病の根本治療の実現への一歩に。また、新しい材料やエネルギー開発の契機となり、産業界に革命をもたらすことが期待されています。

エコシステムからCAR-T、再生医療、医療ビッグデータまで "今" 聞くべき、旬なトピックスを集めました!充実のセミナーを連日開催

各分野を最前線でけん引する講師陣によるセミナーを連日開催します。また、展示会場でも約200本の出展者プレゼンテーションを開催。会期三日間にわたり最新の研究動向発表、情報発信を行います。

【基調講演】10/11 (水) 10時-11時半 
・「デジタル技術とバイオの融合で拡がるイノベーションの可能性 ~Society 5.0の実現に向けて~」東原 敏昭(一般社団法人 電子情報技術産業協会 副会長)
・「BioScience and Technology development in Singapore, Policy and Outcome」David Lane(Chief Scientist, A*STAR; Director, p53 Lab)
・「製薬産業におけるイノベーションの将来像」畑中 好彦(日本製薬工業協会 会長)

厚生労働省主催「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット」初の同時開催!
今回、BioJapanと同会場にて、厚生労働省主催によるベンチャー育成支援の展示会「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット」を初開催することが決定しました。革新的な研究内容、製品を保有し、勢いのあるバイオベンチャーが約60企業・団体出展します。
優れたシーズの実用化を促進し、医薬品・医療機器分野のベンチャーを育てる好循環(ベンチャーのエコシステム)の確立を図ります。革新的医薬品、医療機器、再生医療等製品の開発と実用化の促進が期待されます。

【開催概要】
名称:BioJapan 2017 / 再生医療JAPAN 2017
会期:2017年10月11日(水)~13日(金)10:00~17:00
会場:パシフィコ横浜

オープンステージでは、再生医療市場の最前線について連日講演を開催
業界をリードする製薬企業やメーカー、大学等が多数出展
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ