プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社フリーデン

「やまと豚」を生産しているフリーデンの大平牧場が、「JGAP認証農場」に認証されました。

2017年9月7日

株式会社フリーデン

家畜・畜産物の分野で日本初。
フリーデンの銘柄豚「やまと豚」を生産している大平牧場が、
農林水産省の推進する「JGAP認証農場」に認証されました。

養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する株式会社フリーデン(本社:神奈川県平塚市/代表取締役社長 森 延孝)では、東北と北関東で6ヵ所の肥育牧場と3ヵ所の種豚牧場を管理運営し「やまと豚」を生産しています。
その拠点の一つである株式会社大平牧場(群馬県吾妻郡東吾妻町/代表取締役 小林博人)が、本年8月21日、公益社団法人 中央畜産会よりJGAP認証農場として認証されました。

同認証機関は昨年8月より、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の策定した畜産物の調達基準を満たす「JGAP家畜・畜産物」の認証審査に取り組んできました。これまでJGAPでは青果物、穀物、茶などが認証されてきましたが、「家畜・畜産物」の分野では同牧場およびそこで生産される豚肉が「農場HACCP認証基準」+「JGAP家畜・畜産物」における日本で最初の認証となります。

フリーデンでは、これまでも全肥育牧場で、いち早く「農場HACCP認証」を取得し、入場から種付け、分娩、肥育、出荷まで全ての工程ごとに管理・改善し、極めて厳格な衛生管理体制を確立してきました。この体制を活かし、さらに総合的な生産管理基準を満たしたものと捉えることができます。

フリーデンとしては、「作る人と食べる人」、「農地や自然環境」、「農業経営」の間に矛盾がない形で持続可能な農業生産を確立していく、というJGAPの目的に賛同しこれを推進するとともに、消費者や食品事業者の皆様により安全で安心な豚肉のご提供ができるよう、これからも努めてまいります。

■JGAPとは?
JGAP(Japan Good Agricultural Practice)、通称ジェーギャップとは、農林水産省が推進している農業生産工程管理手法です。農産物の安全性向上や環境保全型農業を目指して欧州を中心に普及してきたGAPという手法を、日本の農業の実情に合わせて整備したものといえます。
JGAPの認証農場になるためには ①農産物の安全 ②環境への配慮 ③農業者の安全と福祉 ④農場経営と販売管理、それぞれに関する適切な農場の管理について120を超えるチェック項目をクリアし、その適合基準を満たさなくてはなりません。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ