プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アップルジャパン合同会社

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンが10月に発売!

2017年9月5日

Apple Japan, Inc.

Beats by Dr. Dre、ノイズキャンセリングヘッドフォンの画期的なサウンドを実現する最先端の「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」を発売

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709055314-O1-LzG96tX4

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン
希望小売価格:
Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン ¥34,800(税別)
カラー:マットブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ポーセリンローズ、シャドーグレー
※ポーセリンローズはApple Online Store、Apple Storeにて限定販売
※シャドーグレーはApple Online Store、Apple Store、ビックカメラ及びヨドバシカメラにて先行販売
発売日:2017年10月中旬に発売予定
販売店:Apple Online Store 、Apple Store、Beats正規取扱店

Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ 以下、Beats)は2017年9月5日(火)、新製品の「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」を発表しました。「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、優れた機能や性能を数多く搭載し、ノイズキャンセリングヘッドフォン市場に卓越したオーディオ体験を実現します。

ブランドの第1弾製品として2008年に発売されたオリジナルの「Beats Studio」は業界に旋風を巻き起こし、世界中でオーバーイヤーヘッドフォンはなくてはならないテクノロジー製品となりました。今回の新製品は、独自開発のピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC機能)テクノロジーを採用し、周囲のノイズを極力抑え、聴きたいサウンドだけに集中しながら、日々の活動を楽しむことができます。「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」はApple W1チップを搭載しており、近接ペアリング機能、Appleデバイス間のシームレスな切り替え、業界トップのClass 1 Bluetooth接続、優れたバッテリー寿命、Fast Fuel(急速充電)機能を提供します。

Beats by Dr. DreのプレジデントであるLuke Wood(ルーク・ウッド)は次のように述べています。「『Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン』は、これまで市場に送り込んだ製品を超える洗練されたテクノロジーと忠実なサウンド再生を実現しています。ブランドの創設当初から、家電の普及に伴い顕著になっていた、サウンドの劣化への対処に力を入れてきました。適切なビジョン、チーム、リソースの下、ついにStudio3 Wirelessで最高のサウンドをお届けするテクノロジーを見いだしました」

「Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、その定評あるデザインにより、世界一流のクリエイティブなデザイナーやアーティストによって制作のキャンバスとして選ばれています。これまでに、Alexander Wang(アレキサンダー ワン)、MCM、Snarkitectureをはじめ、つい最近ではBalmain(バルマン)もこのヘッドフォンにインスパイアされ、斬新なコラボレーションを生み出しました。

「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、これまでの洗練されたデザインを受け継ぎ、設計を改良した音響部品と製造プロセスのアップグレードによる、人間工学に基づく上質の快適性と最適なノイズ遮断性を備えています。また、まったく新しい特長を備えた「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、その音響設計のパフォーマンスを存分に発揮します。さらに、内蔵されたApple W1チップが、「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」の数々の最新機能を実現します。

iPhoneユーザーは、近接ペアリング機能によってワンステップで簡単にBluetoothに接続できるほか、同一のiCloudアカウントでログインしたAppleデバイス間で切り替えが可能で、iPhoneでの通話からMacBookでの映画鑑賞へ簡単に移行できます。※1

効率性に優れたApple W1チップによって、バッテリー寿命は旧型モデルのほぼ2倍になり、Pure ANC機能をオンにした状態で最高音質のワイヤレス再生を最長22時間にわたって楽しめます。イヤーカップでPure ANC機能を直接オフにすることにより、音質を維持したまま、省電力モードで最長40時間ノンストップのサウンド再生が可能で、バッテリー切れの心配もありません。また、Fast Fuel(急速充電)機能により、マイクロUSBケーブルを使用して10分充電すれば約3時間の再生が可能です。

Class 1 Bluetoothによる最適な接続性により、接続不具合が少なくなり、iOS/Android搭載デバイスから離れた場所でも使用可能です。多機能オンイヤーコントロールと内蔵マイクによって、ヘッドフォンを外したりデバイスを操作したりすることなく、通話、選曲、音量調節、Siri起動ができます。

「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン」は、極めてユニークなPure ANCテクノロジーを市場にもたらします。この画期的な新テクノロジーは、先進的なアルゴリズムを使用して音楽を楽しむ環境を継続的にモニタリングし、機内だけでなく騒々しいカフェや職場などの環境雑音も遮断します。また、フィット感を解析し、毛髪やメガネ、さまざまな耳の形、頭の動きなどによる音漏れを計算し、サウンドのバランスを調節します。さらに、Pure ANC機能が、再生している音楽を解析しながら音源にノイズキャンセリングを適用し、最適なサウンドの忠実性を調整します。Pure ANC機能は、毎秒最大5万回ものリアルタイムオーディオキャリブレーションを実行します。Apple W1チップのパワーと性能がそれらのすべての機能を自動的に実行し、22時間のバッテリー寿命を実現させます。※2

「Beats Studio3ワイヤレスヘッドフォン」には、マットブラック、ホワイト、ブルー、レッドのほか、特別エディションのポーセリンローズとシャドーグレーといった新カラーが加わり、いっそう洗練されたデザインとなっています。

※1. iCloudアカウント、macOS Sierra、iOS 10、watchOS 3以降のバージョンが必要です。
※2. バッテリー寿命は使用および設定によって異なります。

詳細は、https://www.beatsbydre.com/およびhttp://www.apple.com/jp/をご覧ください。

※製品・キャンペーン画像をご要望の方は下記からダウンロードしてください。
https://www.dropbox.com/sh/3heebcg7z1k2hwl/AAAahqmwcE6Huw1LGzaTL9HAa?dl=0

Beats by Dr. Dreについて
Beats by Dr. Dre (Beats)は、Dr.  DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆様にご提供できるよう努めてまいります。Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン Core Colors
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ