プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーズ株式会社

秋冬キャンプに最適な素材と設計で快適!焚き火が似合うドームタープ兼テント「ファイヤーベース」発売。

2017/09/05

ビーズ株式会社

秋冬キャンプに最適な素材と設計で、広々快適!
焚き火が似合うドーム型タープ兼テント「ファイヤーベース」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」は2017年9月5日より、これからの秋冬キャンプに最適な、火の粉に強い素材を採用したドーム型タープ兼テント「ファイヤーベース」の一般発売を開始します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708305135-O15-K2Sj272W

<「ファイヤーベース」が秋冬キャンプに最適である3つの理由>
1.焚き火に強い
 「ファイヤーベース」は、本体生地にポリコットンのみを使用したドームで、秋冬のキャンプの焚き火のお供として活躍します。 ポリコットンはポリエステルとコットンの混紡素材で、ポリエステル100%素材に比べ、火の粉に強いのが特徴。 焚き火を近くでおこなって、火の粉が風で舞い飛んでも簡単に穴があいたりしないため、安心して暖を取ることができます。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708305135-O2-bfFPqa0e

2.グランピング風で広々快適なのに組立簡単
 前述のポリコットン素材は遮光性・吸湿性が高いというメリットもあります。 濃い日陰を作れる日除けとして、また簡易な雨風除けとしても機能し、どんな天候でも快適に過ごすことが可能。 最大天井高2.4mと、グランピングさながらの開放感がありながら、設営方法は簡単です。 「ファイヤーベース」は同じ長さの3本のポールを生地に差し込み、フックを留めてペグ打ちをおこなうだけで完了します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708305135-O8-4zTsQWRa

3.木枯らしにも対応するタープ兼テントの2WAY仕様
 サイドからの日差しや風にも強いドーム型の「ファイヤーベース」には、メッシュ付きの出入り口や窓、ベンチレーターなどを随所に配備しています。 初秋の日差しが強い日には出入り口や窓を開けて風通しをよくし、木枯らしが吹く寒い日や風が強い日には適宜各所を閉めて風よけとして使用できます。 スカートもついているため、寒い季節の暖気を外に逃しません。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708305135-O9-2lsS75D8

またテントとしても活用することができる、脱着簡単なフロアを標準付属。 テーブルやチェアを置きフロアレスのシェルターとして、あるいはワンルームのお座敷リビング兼寝室として使用可能です。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708305135-O5-uyHqf0E3

※ポリコットンは燃えない素材ではありません。 直接炎を当てることや、テント内での火気の使用はしないでください。 また火の粉のかかり方によってはテントに穴が空く場合がございます。

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】ファイヤーベース
【型番:カラー】T8-524-BG:ベージュ、T8-524-BK:ブラック
【サイズ】組立時外寸:(約)W3300×D5000×H2400mm
     収納時:(約)W700×D300×H280mm
【重量】(約)15.1kg
【収容可能人数】大人8名
【最低耐水圧】アウターテント:350mm、フロア:3000mm
【材質】アウターテント:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%、撥水加工)
    フロア:210Dポリエステル(PUコーティング)、ポール:アルミニウム
【付属品】ペグ、ロープ、フロア、専用キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:55,370円)
【ファイヤーベース設営動画】https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=XUaFHhllDm4
【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/t8_524/

タープにもテントにもなる「ファイヤーベース」で、快適な秋冬キャンプを楽しめます。
換気やテント内温度の調整に役立つサブウィンドウも搭載しています。
調理に使い、団欒の中心にもなる焚き火、「ファイヤーベース」があれば生地に穴があきにくいので安心。
テント生地の下から風や冷気が入り込むのを防ぐスカート付きです。
入り口部分は大きなメッシュ窓仕様、日差しの差し込み具合や気温に応じて開閉できます。
テント上部の2ヶ所のベンチレーターにより、テント内部の熱や湿気を排出します。
フロアを装着し、お座敷風のリビング兼寝室にしたアレンジ例。
テーブルやチェアを置いて、フロアレスのシェルターとしても使用できます。
簡単に取り付けすることができるフロアが標準付属、テントとしても使えます。
大型の出入り口4ヶ所やサブウィンドウを開放および閉鎖した場合の比較画像。
同じ長さのポールを3本スリーブに通してペグを打つだけ、迷わずに設営できます。
広々とした「ファイヤーベース」にラグやテーブルを持ち込んで、グランピング風にアレンジしました。
「ファイヤーベース」とともにタープを設営してクルマを停めても、8×8mのサイト内に収まります。
最大天井高2.4mなので、背の高い方でもテント内で窮屈に感じることはありません。
【製品の全容画像-1】T8-524-BG。
【製品の全容画像-2】T8-524-BK。
ポリエステル100%素材に比べ、火の粉に強いポリコットンを本体生地に採用しています。
「ファイヤーベース」は2色展開、こちらはドアや窓をクローズした状態です。
近くで焚き火を行い、火の粉が風で舞い飛んでも、生地に簡単に穴があいたりしません。
火の粉に強い素材を採用したドーム型タープ兼テント「ファイヤーベース」の一般発売を開始。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ