プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

【新コース】メンバー業務のクロックサイクルを2倍速化して成果を生み出すマネジメント研修をリリース

2017年9月4日

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

優れたマネジャーに共通する、生産性向上マネジメントベストプラクティス
~250社以上のインタビュー・分析から得られたノウハウを3時間で習得~

企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)は法人向け公開型研修サービス「リクルートマネジメントスクール」の新コース「【生産性向上】チームの成果とメンバーの時短を両立するマネジメント」を11/9(木)からスタートします。

■背景・目的
「働き方改革」の流れにおいて、「生産性向上」の取組みへの関心はますます高まっている一方で、
「なかなか残業削減につながらない」「残業を無理やり減らしたら、その分業績に影響がでるのではないか」「仕事が追いつかない」といった悩む声も多く聞かれます。

弊社では、20年以上にわたるコンサルティング現場において、250社を超えるインタビューや分析を通じて得られたマネジメントノウハウをまとめ、チーム全体の成果創出とメンバーの残業削減を両立している“スマートチーム”作りのポイントを、3時間の研修プログラムとしてリリースいたしました。

■特長
1.世の中のマネジャーのベストプラクティスから学べる
優れた業績を安定的に生み出している組織マネジャーに共通して見られる、限られた時間を使って成果を出していくための業務マネジメントのコツ、ポイントについて学べます。

2.明日から使える実践的なノウハウとして学べる
担当講師は20年以上、組織・人のコンサルタントを行ってきたその道のプロです。
コンサルティングの現場で経験してきた内容をわかりやすいフレームに整理し、実践的なヒントと共に提供します。

3.3時間でコンパクトにエッセンスが学べる
ポイントを絞り、3時間のエッセンスにまとめて提供いたします。多忙なビジネスパーソンでも受講しやすいプログラムです。

■対象:主に部下を持つ管理職

■ご提供形態:公開型研修

■サービスの詳細はこちらをご覧ください
http://www.recruit-ms.co.jp/open-course/dtl/S00158/

–[リクルートマネジメントスクールについて]————

「リクルートマネジメントスクール」とは、階層別・スキル別に150種類以上のコースを全国主要都市で提供している公開型の研修サービスです。

□特長1:受講者満足度98%!常に進化し続ける研修プログラム
 受講者や人事・育成担当者の声をもとに、常にブラッシュアップし、満足度の高い研修を提供し続けています。

□特長2:働く一人ひとりのニーズに合った研修ラインナップ
 階層別・スキル別に150コース以上の豊富なラインナップをご用意。テーマに精通した講師のもと、質の高いプログラムを提供いたします。
 
□特長3:WEBシステムで研修計画や振り返りを管理
 研修の申込みや受講者管理、アンケートの回答まで全て専用のWEBシステムで管理することで、担当者や受講者の負担を最小限にします。

□開催地:東京・大阪・名古屋他、全国主要都市

※詳細はこちら
 http://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ