プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アヴネット株式会社

アヴネット、ドラゴン・イノベーションを買収

2017年8月28日

アヴネット

アヴネット、ドラゴン・イノベーションを買収

プロトタイプから大量生産までのハードウェアパスを簡素化

アリゾナ州フェニックス 2017年8月22日 - 本日アヴネット(NYSE: AVT)は、ドラゴン・イノベーションの買収を発表しました。これによって、デザインからプロトタイプ、大量生産まで、グローバルディストリビュータとして顧客に提供するポートフォリオを拡大します。プロセスおよびハードウェアにおけるドラゴン・イノベーションの確固たる経験は、顧客が事業を拡大する中で製造コストとスケジュールを理解し、工場を見つけ、生産を管理するうえで役立ちます。

アヴネットのCEO、ビル アメリオは次のように述べています。「当社のコネクテッド・エコシステムにドラゴン・イノベーションが加わり、アヴネットはあらゆる規模の企業のニーズをさらに満たします。それによって各企業は、市場に出るまでの時間を加速させる効率的かつ費用効果のある形で、新たなハードウェア製品を発売できます。ドラゴン・イノベーションが持つハードウェア製造の専門知識によって、アヴネットのデザインおよびサプライチェーンの能力は電子部品を越えて最終品全体を包含するまでに増強されます。また製品開発の各段階を迅速に進める中で、ドラコン・イノベーションが顧客のニーズに合わせてソフトウェアとエキスパートへのアクセスを組み合わせてサービスを供給することで我々のデジタル戦略を補完する点も同じく重要です。」

ドラゴン・イノベーションの買収は、特に「モノのインターネット(IoT)」を進める各プロジェクトの製造工程の簡素化によって、新技術の製品を開発するうえでのアヴネットの役割をさらに高めます。アヴネットによる昨年のプレミア・ファーネル(同社のelement14コミュニティを含む)およびHackster.io両社の買収によって、2百万を超える顧客および75万以上の事業家、メイカー、エンジニアのコミュニティにまでアヴネットの影響範囲は広がりました。この5月、アヴネットはドラゴン・イノベーションとKickstarterとのコラボレーションによるハードウェア・スタジオを発表しました。これは自身のアイデアを供給、設計、構築し市場で実現するための専門知識、ツール、リソースをクリエーターたちに提供する取り組みです。

ドラゴン・イノベーションのCEO、スコット N ミラーは次のように述べています。「大規模生産の最も速く、最もシンプルで、最も安全な方法を顧客に提供することで、製造を簡単に感じるようにするのがドラゴン・イノベーションのビジョンです。我々は利用可能かつわかりやすいオンラインツールに組み込まれているテクノロジーと人間の専門技術を融合します。アヴネットの一員となり、我々は心躍る気分です。アヴネットは我々と価値観を同じにするマーケットリーダーであり、大いなるリソースや影響範囲を持っているので、我々の顧客がハードウェアを構築するうえでこれまで以上に助けになることができます。」
過去8年間において、ドラゴン・イノベーションは各企業が大規模に製品を製造する方法を再発明しています。クラウドベースのプラットフォームを通じて、またハードウェア製造エキスパートのチームと組んで、ドラゴン・イノベーションは初期製品の戦略・プランニングから工場選択・生産監督まで、製造工程全体を管理します。その近代的なSaaSプラットフォーム、プロダクトプランナーは参加する人々と相まって、「1から多数へ」の過程を大いに簡素化し、そのリスクを緩和します。ドラゴン・イノベーションは家電市場での堅実な経験をもって、工業市場におけるアヴネットの幅を補完します。同社はホームオートメーション、ウェアラブル、ロボット工学、自動車などの新興IoT垂直セグメントをはじめ、幅広い業種での事業経験を誇ります。

ドラゴン・イノベーションの詳細についてはビデオをご覧ください。アイディアから生産までの、メイカーに対するアヴネットの広範なリソースの詳細についてはここをクリックしてください。

ここに掲載される会社名および商号はすべて、関連各企業の商標または登録商標であるとともに、それぞれの所有者に帰属します。アヴネットは、自社の商標を除くその他いかなる商標の所有権益について免責されます。

アヴネットについて
アイディアから設計まで、試作から量産まで、アヴネットは製品ライフサイクルのあらゆるステージでお客様をサポートします。デザインチェーンとサプライチェーンの包括的なサービスポートフォリオによって、アヴネットはテクノロジーの革新者の心強い案内人となります。ほぼ一世紀に渡り、アヴネットは世界中の顧客とサプライヤーを支援して、テクノロジーによる変革の可能性を実現してきました。アヴネットに関する詳細はwww.avnet.comをご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ