プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヘラマンタイトン株式会社

ヘッドの高さを約50%抑えた、省スペース用結束バンド「ローヘッドタイ」長さ200mタイプ販売開始について

2017年8月24日

ヘラマンタイトン株式会社

ヘッドの高さを約50%抑えた、省スペース用結束バンド「ローヘッドタイ」長さ200mタイプ販売開始について

「インシュロック(R)*1」でおなじみの、結束バンドをはじめとする配線資材の総合メーカー、ヘラマンタイトン株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:塚本敏広)は、結束後のヘッド部の高さを約50%抑えた*2省スペース用結束バンド「ローヘッドタイ(R)*1」より、待望の“長さ200mmタイプ”を2017年9月1日より販売開始いたします。

─────────────────────────
【ローヘッドタイ】の特徴
─────────────────────────
1.ヘッド部の引っ掛かりを防ぎます
低く、丸みのある滑らかなヘッド部デザインのため、ヘッド部の出っ張りが邪魔になりません。筐体(シャーシ)への組み込み作業中の引っ掛かりを防止し、周辺の電線被覆を傷つけにくい、安全性に配慮した製品です。

2. ワイヤーハーネス径をコンパクトにまとめます
ヘッド部の高さが約50%も低く抑えられたことにより、複数のハーネス束をまとめる際にも、ヘッド部が干渉しにくく、ワイヤーハーネス全体の径のコンパクト化に貢献します。

3. 切り残しの出にくい独自のヘッド構造(特許出願中)
結束・切断後のタイ(バンド部)の切り残しが出にくい独自のヘッド構造を採用。また、タイの切り残しが上向きではなく、ヘッドの横方向からになるため、周辺の電線被覆や作業者を傷つけない、安全設計です。

4.長さ200mmで、各種アプリケーションへの対応が可能
従来のLPT80(長さ80mm)に比べ、倍以上の長さ200mmタイプがラインアップされたことにより、対応可能な最大結束径も16mmから50mmへと大幅アップ!様々なアプリケーションでお使いいただけます。

───────────
【用途】
───────────
照明機器、小型家電、自動販売機、OA機、調理機器など省スペース対策が必要な箇所の配線結束など
────────────────
【製品詳細(弊社Webサイト)】
────────────────
ローヘッドタイ
http://www.hellermanntyton.co.jp/product/cabletie/specialtie/lowheadtie.html

───────────
【製品仕様】
───────────
製品名・型番
ローヘッドタイ LPT200

材質
66ナイロン(UL94HB) 乳白色 常時使用温度範囲-40℃~+85℃
※現行のラインアップは標準グレードのみですが、耐熱・耐候・難燃など、その他グレードについては、
弊社各営業オフィスへお問い合わせください。

結束径
3.0~50.0φ(mm)

価格
オープン

*1:「インシュロック」「ローヘッドタイ」は、ヘラマンタイトン株式会社の登録商標です。
*2:当社比(弊社製結束バンド T50Rとローヘッドタイ LPT200で比較)。

■ヘラマンタイトンについて
HellermannTyton(ヘラマンタイトン)グループは、1938年に英国で設立されて以来70年以上にわたり、インシュロックをはじめとした、結束、固定、識別、絶縁、保護、管理、接続商品の製造・販売会社として世界各国で活躍してきました。現在グループの商品は電気・電子機器、自動車、通信を中心に世界中の様々な業界で使用されています。
日本法人は1970年に設立され、研究開発部門から金型製造、設計、物流、品質保証部門まで同一敷地内に配置した国内工場で、高品質な製品を生産し続け、お客様からのご支持を長年にわたりいただいております。

以上

ローヘッドタイと従来品の比較1
ローヘッドタイと従来品の比較2
ローヘッドタイと従来品の比較3
ローヘッドタイと従来品の比較4
ローヘッドタイの特長
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ