プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日立工機株式会社

次世代型コードレス工具誕生!「マルチボルトシリーズ」発売

2017年8月22日

日立工機株式会社

次世代型コードレス工具誕生!
「マルチボルトシリーズ」 発売
最小・最軽量・高出力(1kWクラス)で電圧切替も自動対応

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O2-D65rhURc
新36Vリチウムイオン電池「マルチボルト(BSL 36A18形)」
製品情報、動画はhttp://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/multivolt/
でご覧いただけます(8月24日公開予定)

 日立工機株式会社は、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題、“ハンディかつパワフル”を実現する新製品「マルチボルトシリーズ」を、8月24日より全国の電動工具取扱店、ホームセンターなどで発売します。

 今般発売されるのは、「切る」「削る」「留める・締める」「開ける」に対応する製品の中からお客様ニーズの多い11機種(8月/5機種、9月/2機種、10月/4機種をそれぞれ発売予定)。「マルチボルトシリーズ」は、軽量コンパクトかつコードレス工具の常識を変えるAC100V電源に匹敵するパワーを実現した新製品です。パワフルな出力を業界最小・最軽量レベル※1 で可能にした新36Vリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池BSL 36A18形」(以下「マルチボルト」)を搭載しています。「マルチボルト」はさらに当社の従来製品である18V対応のコードレス工具と互換性※2 があり、当該電池を装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術(特許出願中)を導入しています。

※1  2017年7月現在当社調べ、国内電動工具メーカー36Vリチウムイオン電池において
※2  コードレスファン(UF 18DSDL形)を除く18V対応の当社コードレス工具すべてと互換性あり

【マルチボルトの特長】
① 高出力セルの採用で、1kWクラスのパワフルな出力を実現
② 当社18Vリチウムイオン蓄電池(BSL 1860形)と同じコンパクトサイズ(質量もほぼ同じ)で、36Vの威力を発揮
③ 当社18Vコードレス工具に使用可能(36V⇔18Vの自動切替)
④ 電池残量表示機能付
⑤ 18V~36Vスライド電池対応の当社充電器で充電可能
⑥ 業界唯一の電池保証付(購入から2年間または充電回数1,500回まで保証)

【仕様】
電圧(容量):36V(2.5Ah)/18V(5.0Ah)〔電池装着で自動切替〕
本体寸法    :全長116×高さ69×幅76(mm)
充電時間      :約25分(当社充電器UC 18YDL使用時)

【マルチボルトシリーズ販売機種】
8月24日に発売する第1弾は以下の5機種。9月以降順次機種を増やし年内に合計11機種を発売予定

1. 切る:コードレス丸のこ(C 3606DA形)
希望小売価格(税別):81,000円(電池、チップソー、急速充電器、ケース付)
ボディカラー:アグレッシブグリーン/ストロングブラック

■主な特長
①  AC100V製品と同等以上のクラス最速※3切断スピード
(当社18V製品比 約2倍※4)
②  高効率なブラシレスモーターによるクラス最大※3の粘り強さ
(高負荷時の粘り向上,当社18V製品比 約2倍※4)
③  低騒音化とモーター効率アップを両立するサイレントモード搭載
※3 2017年7月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(のこ刃外径165mmコードレス丸のこ)
※4 当社18V製品:コードレス丸のこC 18DBAL形との比較。数値は参考値で、材料や条件により異なります。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O7-ng72XRdu

2. 切る:コードレス卓上スライド丸のこ(C 3606DRA形)
希望小売価格(税別):124,500円(電池、チップソー、急速充電器付)
 
■主な特長
① AC100V製品並みの切断性能※5
高効率なブラシレスモーターと高出力「マルチボルト」により、モーター負荷が大きくても安定した回転で(回転数の変動が少なく)、きれいな切断面を実現
② 軽量※5・コンパクト
軽量(9.7kg)で持ち運びのしやすいコンパクトボディ。
スライドパイプが後方に飛び出さないスライド構造で狭い現場や壁際でもワイドな切断が可能
※5 当社AC100V製品:卓上スライド丸のこ(C 6RSHC形(10.2kg))との比較
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O9-unWhieuf

3.削る:コードレスディスクグラインダ/2種(G 3610DA形/G 3613DA形)
希望小売価格(税別):G 3610DA形 57,600円/G 3613DA形 60,600円(電池、急速充電器、ケース付)

■主な特長
① クラス最強※6の切断・研削性能
・切断スピードアップ:従来の18V製品では困難だった重負荷作業が効率よく行えるようになり、AC100V製品同等(当社製品G 10SH5形)の切断スピードを実現
・過負荷作業に強い :過負荷作業時でもトイシが止まりにくいモーターおよび制御技術を採用
② 優れた操作性
・クラス最細径※6:握りやすい軽量コンパクトボディにより、
取り回しが良く、効率の良い作業が可能
・無段変速   :用途に応じて回転数を3,000~10,000min-1の間で無段階に変速可能
・オートモード :負荷に応じて低速、高速に自動で切り替わり効率の良い作業が可能
③ 高い安全性
・ブレーキ付、キックバック軽減システム、ソフトスタート、再起動防止機能、防じん・防滴構造
※6 2017年7月現在。国内電動工具メーカーにおいて(当社調べ)(36Vブラシレスモーター搭載ディスクグラインダ)
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O5-94QLORQa 】【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O6-NP8w0CUS

4.留める・締める:コードレスインパクトドライバ(WH 36DA形)
希望小売価格(税別):68,600円(電池,急速充電器,ケース付)
ボディカラー:アグレッシブグリーン/ストロングブラック

■主な特長―業界最高性能※7を実現!
① 高速のねじ締めスピードで最後までスピードが落ちにくい
36Vに高電圧化することにより、ねじ締めスピードが約10%向上※8し、電池容量が少なくなっても締付けスピードが落ちにくい。
② 太く長いねじ締め作業ができる
36Vに高電圧化することにより、モーターの温度上昇を抑えられ、連続作業しても止まりにくい(当社18V製品比約2倍※9の連続作業)。
※7 2017年7月現在。国内電動工具メーカーにおいて。(当社調べ)(コードレスインパクトドライバ)
※8当社18V製品:コードレスインパクトドライバWH 18DDL2形との比較。条件:金物ビスφ7×120mmラワン材・下穴なし(70本締付平均)
※9当社18V製品:コードレスインパクトドライバWH 18DDL2形との比較。材料や作業条件により異なります。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708184753-O4-t29g1s7w

<製品Webサイトと動画について> ※8月24日公開予定
製品情報、動画はhttp://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/multivolt/でご覧いただけます。

日立コードレスインパクトドライバ WH36DA形
マルチボルト ロゴ 白地
日立コードレスディスクグラインダ G3610DA形
日立コードレスディスクグラインダ G3613DA形
日立コードレス卓上スライド丸のこ C3606DRA形
日立36Vリチウムイオン蓄電池 BSL36A18形(斜)
日立コードレス丸のこ C3606DA形
マルチボルト ロゴ 黒地
日立36Vリチウムイオン蓄電池 BSL36A18形(横)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ