プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイドードリンコ株式会社

世界一のバリスタが認めたカフェラテ 「ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ 世界一のバリスタ監修」

2017年8月16日

ダイドードリンコ株式会社

世界一のバリスタ※1が認めたカフェラテ
「ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ
世界一のバリスタ監修」
~調和する“コーヒーのコク”と“ミルクのコク”~

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708164653-O1-373otKP5

※1 ワールドバリスタチャンピオンシップ 第14代チャンピオン ピート・リカータ氏

 ダイドードリンコ株式会社は、2017年秋冬の新商品として、「ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ 世界一のバリスタ監修」を8月28日(月)より発売いたします。

世界一のバリスタが認めたコクの逸品
□5ヵ国焙煎豆ブレンド+エスプレッソが実現するコーヒーのコク
□牛乳を使用したまろやかなミルクのコク
□世界一のバリスタと共に作り上げたコーヒーとミルクの調和

●開発背景
 現在、缶コーヒー市場においてラテタイプが徐々に伸長しており、特にニーズが高まる秋冬期においては、同カテゴリの活性化が重要であると当社では考えております。
 当社調査によると、「コーヒーとミルクのバランス」「ミルクの味(コク)が強い」を重視する消費者が多いことから※2、コーヒーとミルクのコクが特長の「ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ 世界一のバリスタ監修」を発売いたします。

※2【ラテタイプの缶コーヒー購入時に重視する点】
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201708164653-O2-Sl35p8i3

●商品特長
世界一のバリスタが認めたコクの逸品
1)5ヵ国焙煎豆ブレンド+エスプレッソが実現するコーヒーのコク
5ヵ国の深煎り豆をブレンドした香り豊かなコーヒーに、エスプレッソを加えることで、コーヒー本来のしっかりとしたコクを実現しています。

2)牛乳を使用したまろやかなミルクのコク
牛乳を使用し、口当たりがよいミルクのまろやかなコクを感じていただけます。
    
3)世界一のバリスタと共に作り上げたコーヒーとミルクの調和
世界一のバリスタ監修のもと、香料を一切使わずにコーヒーとミルクをバランス
よく組み合わせることで、“コーヒーのコク”と“ミルクのコク”が絶妙に調和した
味わいに仕上げました。

●開発担当者からのコメント
 カフェラテは、“コーヒーの深いコク”だけでも“ミルクのまろやかなコク”だけでも十分でありません。世界一のバリスタと一緒に丁寧に作り上げた、コクとコクとの絶妙な調和を是非味わってください。

商品概要
■商 品 名  ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ 世界一のバリスタ監修
■発 売 日  2017年8月28日(月)
■容量・希望小売価格 185g缶・115円(税抜き)
■販売チャネル  量販店、自動販売機および通信販売
(DyDo オンラインショップ https://drinco.jp/drink/)等

DyDoグループは、「こころとからだに、おいしいものを。」をスローガンに、高い品質にいつもサプライズを添えて、「オンリーDyDo」のおいしさと健康をお客様にお届けします。

ダイドーブレンド コクの逸品ブレンドラテ 世界一のバリスタ監修
ラテタイプの缶コーヒー購入時に重視する点
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ