プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

上半期の好調な業績によって未来へと向かうポルシェ

上半期の好調な業績によって未来へと向かうポルシェ

従業員数が12%増えて29,000人を超える

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)の
2017年上半期における営業利益、売上高、販売台数、および従業員数は増加しています。上半期の営業利益は16%増の21億ユーロ、売上高は8%増の118億ユーロでした。営業利益率も前年下半期の16.8%から18.1%に増加し、販売台数は7%増の126,497台に達しました。従業員数は12%増の29,280人となりました。

「ポルシェの優先事項はお客様を喜ばせ、従業員のために持続可能な仕事を確保することにあります。力強い財務状況は未来のために確かな基盤を生み出します。ポルシェは、ニュー911 GTS、911 GT3、911ターボSエクスクルーシブ、および911 GT2 RSを含む現行ラインナップの純粋で情熱的なスポーツカーに期待しています。さらに、プラグインハイブリッドやE-モビリティなどの未来のテクノロジーにも同様に力を注ぎます」とポルシェAGの取締役会会長を務めるオリバー・ブルーメは述べています。

財務およびIT担当の取締役会副会長であるルッツ・メシュケは、長期の為替ヘッジ戦略と、さらに最適化された費用構造による効率的な組織が有益な成果をあげていることを強調しつつも、上半期の非常に好調な業績を今後維持することは難しさをともなうとも推測しています。「私達はミッションEが2010年代の終わりに発売された後、ようやくポルシェ初となる純粋なエレクトリックスポーツカーの開発とツッフェンハウゼン工場拡張のために投じた多額の投資に対する利益を享受ことになります」とメシュケは述べています。ポルシェはミッションEに10億ユーロの投資を行い、1,200を超える新しい職を創出します。さらに、ポルシェは未来のテクノロジーとプラグインハイブリッドドライブの開発に数億ユーロを投じます。「これは大変なチャレンジで、高水準の利益を維持しながら同時に多額の投資を管理することになります」とメシュケは続けます。

2017会計年度に関してブルーメとメシュケは、為替レートが安定している限り、年度末の業績が前年の高水準をやや上回ると予想しています。さらにポルシェは、営業利益率を最低でも15%の水準で継続させるという戦略的目標の達成もすることになります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ