プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

ニュー911 RSRが2つの表彰台を獲得 カスタマーチームはクラス優勝

ニュー911 RSRが2つの表彰台を獲得 カスタマーチームはクラス優勝

GT レース:FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦、ニュルブルクリンク/ドイツ

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のニューポルシェ911 RSRは、2017年のFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間レースのGTE-Proクラスで2位および3位を獲得いたしました。
ヴァイザッハのポルシェ モータースポーツが今シーズンのために新たに開発した510PSのポルシェ911 RSRは、ホームレースにおいて91号車のリヒャルト・リーツ(オーストリア)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)組は、52,000人の観衆が見守る中を2位で、92号車のステアリングを握るミカエル・クリステンセン(デンマーク)/ケヴィン・エストル(フランス)組が3位でゴールしました。GTE-Amクラスでは、デンプシー・プロトン・レーシングチームから911 RSRを駆るポルシェ ヤングプロフェッショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)が世界選手権で初優勝を飾りました。

ニュルブルクリンクのグランプリサーキットを黒い雲が覆う中、29台の出場車が6時間レースのスタートを切りました。普段は変わりやすいアイフェルの天候もレース中にはほとんど変化がなく、時折の雨もレースに影響を与えることはありませんでした。ポールポジションからのスタートにもかかわらず92号車のミカエル・クリステンセンはフロントを維持できず、ブレーキミスによって1周目で4番手に後退します。しかし、91号車を駆るチームメイトのフレデリック・マコヴィッキが2番手に浮上し、その後首位に立ちます。最初のピットストップの後は、92号車のケヴィン・エストルが首位に立ち、91号車のリヒャルト・リーツは3番手を走ります。異なるピットストップ戦略によって、レースを通して2台の911RSRがポジションを入れ替えながら9中盤までトップを守ります。ゴールまでわずか2時間半の時点でこの状況が変わり、フェラーリが首位に立ちます。911 RSRは一貫したラップタイムで2番手と3番手を堅実に維持し、そのままゴールしました。

GTE-Amクラスでは2015年モデルの911 RSRでデンプシー・プロトン・レーシングチームから出場したポルシェ カスタマーチームがシーズン初優勝を飾りました。77号車のステアリングを握るポルシェ ヤングプロフェッショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)とクリスティアン・リード(ドイツ)/マービン・ディエンスト(ドイツ)組は、シルバーストーンのシーズン開幕戦3位、スパで2位と着実に順位を上げて、今回は見事に勝利を獲得しました。

FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦は9月3日にメキシコシティ/メキシコで開催されます。

レース後のコメント
ポルシェ・モータースポーツ責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士:「今日はすばらしいレースでした。ファンにとっては喜ばしいことにGTクラスは非常に熱のこもった戦いになりました。GTE-Proクラスは、1周平均0.3秒未満の差の勝負となりました。2位と3位を獲得できて本当にうれしいです。ニュー911 RSRの初優勝も手の届く範囲になりました。カスタマーチームのデンプシー・プロトン・レーシングチームからGTE-AmクラスでWEC初優勝を飾ったポルシェ ヤングプロフェッショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)には特に感銘を受けました。919ハイブリッドの成功も考えると、ポルシェにとってはほぼ完璧なニュルブルクリンクとなりました」

リヒャルト・リーツ(911 RSR #91):「我々にとってすばらしいレースとなりました。戦略は完璧でした。古いタイヤでスタートし、ダブルスティントを新品タイヤで走ってゴールしました。基本的にこの戦略が功を奏しました。チームはすばらしい仕事をしてくれました。2位と3位は期待以上でした。シーズン序盤から大幅に進歩して本当にうれしいです」

フレデリック・マコヴィッキ(911 RSR #91):「表彰台に登れてうれしいです。タフなレースでした。ル・マンでもニュー911 RSRは好調で、ここでも一貫したラップタイムで走ることができました。最初のスティントで首位に立ちましたが、後半、特に終盤のスティントはフェラーリが少し速かったようです。それが今日の差でした。間もなくニュー911 RSRで初優勝を飾ることができると思います。できる限り早く達成するつもりですが、おそらくそれは次のメキシコになります」

ミカエル・クリステンセン(911 RSR #92):「チ-ムとポルシェにとって良い日になりました。もちろんポルシェの地元であるここニュルブルクリンクでは優勝を飾りたかったですが、今日はかないませんでした。新しいタイヤを装着した911 RSRの走りは抜群でした。ただダブルスティントでは最速ではありませんでした。これを解決して次のレースではさらに一歩前進したいと思います」

ケヴィン・エストル(911 RSR #92):「今シーズンのこれまでの3戦を越えて、すばらしいレースとなりました。ポールポジションからスタートしましたが、ニュー911 RSRの初優勝には至りませんでした。ダブルスティントではフェラーリが強力でした。他のライバルとは互角以上の熱い戦いができました。我々のステップアップはすばらしく、後の対策は小さなことだけです。初優勝は時間の問題です」

マッテオ・カイローリ(911 RSR #77、デンプシー・プロトン・レーシングチーム):「ポルシェのホームレースでWEC初優勝できて本当にうれしいです。最高です。GTカテゴリーにおける世界最高峰のレースで911 RSRのステアリングを握るチャンスを与えてくれたポルシェとデンプシー・プロトン・レーシングチームに感謝します。夢が今日実現しました。フェラーリに追走された終盤はこれまでで一番タフな経験となりました。わずか数秒差でした。チーム全員からの見事なサポートに感謝したいと思います」

レース結果
GTE-Proクラス
1. カラード/ピエール・グイディ(イタリア/イタリア)、フェラーリ488 GTE、179周
2. リーツ/マコヴィッキ(オーストリア/フランス)、ポルシェ911 RSR、179
3. クリステンセン/エストル(デンマーク/フランス)、ポルシェ911 RSR、179
4. ティーム/ソーレンセン(デンマーク/デンマーク)、アストンマーチン、178
5. プリオール/ティンクネル(英国/英国)、フォードGT、178
6. ミュッケ/プラ(ドイツ/フランス)、フォードGT、178
7. ターナー/アダム/セーハ (英国/英国/ブラジル)、アストンマーチン、178
8. リゴン/ヴィランダー(イタリア/スウェーデン)、フェラーリ488 GTE、173

GTE-Amクラス
1. リード/カイローリ/ディエンスト(ドイツ/イタリア/ドイツ)、ポルシェ911 RSR、174周
2. フロール/カステラッチ/モリーナ(スイス/イタリア/スペイン)、フェラーリ488 GTE、174
3. ダララナ/ラミー/ラウダ(カナダ/ポルトガル/オーストリア)、アストンマーチン、174
4. モック/澤/グリフィン(マレーシア/日本/アイルランド)、フェラーリ488 GTE、173
5. ウェインライト/バーカー/フォスター (英国/英国/英国)、ポルシェ911 RSR、173

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ