プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

特定非営利活動法人海外留学生安全対策協議会

「たびレジ」で大学の危機管理強化を

2017年7月13日

JCSOS特定非営利活動法人 海外留学生安全対策協議会

全国で157校が加盟するJCSOS特定非営利活動法人海外留学生安全対策協議会は
「たびレジ連携インターフェイス」を使い、大学の留学生危機管理体制の強化を呼びかけています。

 JCSOS(NPO法人 海外留学生安全対策協議会/本部東京・渋谷区/理事長 池野健一)は、夏休みを前に、全国の留学・研修生を派遣する大学に外務省のたびレジ連携インターフェイスの活用を呼びかけています。従来、大学は学生の任意で外務省の「たびレジ」に登録するか、安否確認を行うことで留学生の安全対策を行ってきました。2017年3月31日付けの文部科学省「大学における海外留学に関する危機管理ガイドライン」では、大学は外務省の提供する「たびレジ」への学生の登録を徹底するよう促すとともに、大学が学生の情報を登録することができる「たびレジ連携インターフェイス」も提供されていると述べています。
 現在学校向けのたびレジ連携インターフェイスを提供しているのはJCSOSのみであり、このシステムを利用すると、JCSOS危機管理システム登録と同時にたびレジにも登録され、万が一の場合の危機管理をJCSOS事務局、学校、外務省が共同で進めることが可能になります。2015年度では大学における派遣留学生の23% がJCSOSの危機管理システムを利用しており、JCSOSは夏休みに向けてさらに多くの大学に利用を呼びかけています。

 23%とは  JASSO独立行政法人 日本学生支援機構の平成27年度「協定に基づく日本人学生留学状況調査」に拠ります。2015年、大学を通して54455名が留学しており、大学が関与せず把握している留学生数30001名を加えると、総数は84456名そのうち、19499名がJCSOSの危機管理システム利用者です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ