プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社朝日学生新聞社

朝小読者の小学生とその親に聞く、「子どもとゲーム」実態調査

2017年7月12日

朝小読者の小学生とその親に聞く、「子どもとゲーム」実態調査
夏休み前、小学生のお子さんを持つ親御さん必見!
家庭でゲームOKの子どもの方が勉強への集中力が高く、宿題も計画的で自主的
家庭でゲームを楽しむ子どもは、ゲームを勉強に役立てる傾向も

「朝日小学生新聞」(朝小)を発行する朝日学生新聞社(東京都中央区)では、朝小読者を対象に家庭で遊ぶゲームについてのアンケート調査を行い、小学1年生〜6年生の男女457人から有効回答を得ました。あわせて、その親にも子どものゲームに関する調査を行いました。その結果、家庭でゲームを楽しむ子どもはゲームを禁止されている子どもに比べて、勉強の集中力が高く、宿題も計画的かつ自主的に取り組む傾向が高いことがわかりました。主な調査結果は以下の通りです。

今どきの小学生、ゲームはだらだらやるのではなくルールを決めて楽しむ子が9割
■小学生の85.1%がゲーム好きで、ゲーム機を持つ子どもの91.9%がゲームに関する家庭内ルールがある。
主なルールは、「宿題や勉強を済ませてから遊ぶ」「ゲームをしていい時間が決まっている」「夜遅くにゲームをしてはいけない」など。
■1日のゲーム時間は平均50.6分。

ゲームOKの子どもは、ゲームを勉強に役立て、効率よく学ぶ傾向がある
■親も子も認める成績優秀な朝小読者。ゲームだけでなく勉強も好き(81.4%)。
勉強時間はゲーム禁止の子の方がやや長い(OK82.3分、NG89.0分)が、成績の良さは変わらない(OK94.4%、NG93.3%)。
■ゲームOKの子の55.0%はゲームが勉強に役立った経験あり。最も多かったのは「知識が身についた」(56.7%)で、
親がゲーム好きだと60.8%に上昇。親と一緒にゲームをする子は、成績のいい子が多い。

ゲームOKの子どもの方が勉強の集中力が高く、宿題も計画的かつ自主的に取り組む
■ゲームOKの子はゲームNGの子より勉強時の集中力が高い(OK81.0%、NG73.3%)。
■ゲームOKの子は宿題を計画的に(OK70.5%、NG60.0%)、自主的に(OK75.9%、NG46.7%)取り組む傾向がある。

ゲームOKの子どもは社会性が高く、コミュニケーション能力も高い
■ゲームOKの子はルールを守れる性格(OK88.7%、NG73.3%)、家族との会話時間も長い(OK90.5分、NG62.5分)。

調査概要
■実施時期 2017年6月15日(木)~6月22日(木) 
■調査手法 インターネット調査
■調査対象 全国の「朝日小学生新聞」読者の小学1年生〜6年生の男女457人、およびその親457人

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ